ブーケは造花でも生花みたい!人気の理由やメリットと選び方

結婚式のブーケを造花にするか生花にするか悩んでいるあなた。
最近の造花は生花と見分けがつかないくらいクオリティーが良いのを知っていますか?

そこで、結婚式のブーケを造花にする人気の理由やメリットなどお伝えしていきましょう。

これで、最近は生花のブーケよりも造花のブーケにする人が増えている理由がわかります。あとから後悔しないためにも、しっかりと検討して自分好みのブーケを選びましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年下彼氏と結婚したい!交際期間は?年下彼氏と結婚する方法

お付き合いをしている年下彼氏と結婚したいと考えている女性もいますよね。どのくらいの交際期間があれば彼...

婚姻届を提出できる曜日を確認!土日に受理してもらう方法を解説

「自分の誕生日に婚姻届を提出して受理してもらいたいと思っても土日だった!」このような場合、婚...

結婚式の和装と洋装、どちらにするか迷った時の衣装の選び方

結婚式の衣装で悩むのが、まず和装と洋装どちらにしようか、またお色直しはどの衣装にしようかということで...

仕草に心理が隠されている?男性がする行動からみる好意ある仕草

男性がする仕草にはどのような心理が隠されているのでしょうか?女性の場合は、そんなに興味のない相手でも...

結婚に反対!親が娘の結婚に反対する理由と親を説得する方法

好きな男性と結婚したいと親に報告した時、結婚に反対されてしまうと、とても悲しい気持ちを抱えることにな...

ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよ...

彼氏の収入が低いことで結婚をためらう時にチェックするべきこと

彼氏との結婚を考えた時に、彼氏の収入がどれくらいあるのか、というのは重要なポイントです。安定した結婚...

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。もし、他の人よりもシンプル...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したい...

結婚式の集合写真の焼き増しは高額!節約方法と写真の必要性

結婚式で集合写真を撮ることがありますが、悩んでしまうのが写真の焼き増しです。式場によもよりますが...

結婚式にネイルをする時、花嫁ならどんなネイルにする

結婚式は花嫁が一番輝く日ですから、ネイルも特別なものにしたいですよね。思い切ってネイルサロンにお...

遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居に...

妊娠中は便秘解消して体重をしっかり管理することが大切です

「妊娠中は便秘になりやすい。」と一度は聞いたことがあるでしょう。しかし、なぜ便秘になってしま...

プロフィールムービーを自作するコツとおしゃれに見せる工夫

プロフィールムービーは機材さえあれば自作することができますが、どうせ作るなら、おしゃれなプロフィール...

スポンサーリンク

近頃の結婚式はブーケを造花にするか生花にするか悩む人が多い

結婚式での花嫁さんを想像するとウエディングドレス、そしてブーケを思い浮かべませんか?

結婚式でブーケといえば生花で作られた花嫁さんがもつ花束ですよね。

ブーケトスでも使われるものですが、最近では生花だけでなく造花のブーケも使われているそうです。

最近では結婚式や披露宴でも新郎新婦のオリジナリティーにあふれたものが増えていますよね。
また、ウエディングドレスやカラードレスの種類も増えて選択肢も広がっています。

ブーケも生花と造花どちらを使用するかの選択も自分で決めることができる

ブーケに関しても選択肢が増えるのはありがたいですが、生花と造花でそれぞれメリットデメリットがあるので悩む人が多いというのも事実です。

実は生花のブーケよりも造花のブーケが人気急増の理由とは

先ほど生花と造花で悩む人が多いと書きましたが、以前は生花が主流だったブーケの花を造花にする人が増えているそうです。

その理由として、造花のメリットがいくつか挙げられます。

生花と違い枯れないので、思い出として残しておける

生花はもちろん生き物なので、時間の経過とともに枯れてしまいますよね。結婚式は大切な思い出になるのでできるだけきれいに思いでは残しておきたいという人には、造花を選ぶのはぴったりです。

生花を結婚式後に残して置けるように加工してくれるサービスもありますが、別料金になることが多いので費用を抑えたいという方は最初から造花を使うのがいいですよ。

結婚式の季節に関係なく、好きな花をブーケに使用できる

花は季節によってはないものがありますよね。

「二人の思い出の花をブーケに使いたい」

「好きな花を選びたい」

と思った時に生花であれば季節が違えばできません。
ですが、造花であればどんな花でも選ぶことができるのでおすすめです。そうすることで、より一層結婚式が素敵なものになりそうですよね。

造花は軽い

生花のブーケは萎れてしまわないように、水分を含ませています。ですので、当然ある程度の重さになってしまいますよね。
その点造花のブーケは花自体も軽く、水分を持たせることもないので挙式の間ブーケを持っている花嫁さんでもそれほど苦痛を感じることはないでしょう。

生花より費用を抑えることができる

造花にも種類があり、より生花に近づけてあるものもありますが、基本的には生花よりは安価です。
ブーケにあまりこだわりのない人や、ほかのところにこだわるために費用をまわしたいなどというときには造花を選ぶ人も多いのではないかと思います。

事前に出来上がりを確認できる

生花であれば当日の確認になることが多いですが、造花であれば事前に作っておくこともできるので修正の時間もあるので、自分のイメージに近づけやすくなります。

実際に私も思い出を残しておきたくて造花を選びましたが、これらのような理由で造花を選ぶ方が増えているそうです。

海外ウエディングをするならブーケは生花よりも造花がオススメ

造花のブーケのメリットをいくつか紹介しましたが、海外ウエディングを予定している方はより、造花のブーケをおすすめします。

海外で挙式をするとなると、鮮度の問題から日本から生花のブーケを持っていくことは難しいですよね。
どうしても生花を使いたいときには行った先で作ることになるのですが、どんな花があるのか、自分のイメージに近づけるのかなど不安が多くなるでしょう。

ですが、造花のブーケにすればそのような心配もなくなりますし、軽いので持ち運びも楽になるのでいいですよね。

ブーケを飛行機で持ち運ぶときは壊れたりしないように箱などに入れて、手荷物で機内に持ち込むようにしましょう。

また、繰り返し使えるので海外ウエディングから帰国後にやることの多い結婚パーティーなどでもう一度使うこともできるのもおすすめする理由の一つです。

ウエディングブーケを造花で手作りすれば費用の節約にもなる

造花のメリットである安価という点をさらに活かそうと考えたときに、自分でブーケを作ってみるのはどうでしょうか。

手作りブーケは費用を抑えることができる

また、自分のイメージに近いブーケを作ることもできるので作ることが得意な方はチャレンジしてみるのがおすすめですよ。

造花は種類が豊富

いろいろあるので、自分のこだわりたいポイントで種類を決めていくと良いですね。

造花は一番安価で耐久性もある

シルクフラワーは高価ではありますが耐久性もあり見た目も美しいのが特徴です。

プリザーブドフラワーは元は生花なので造花ほど耐久性はないので丁寧に扱う必要があります。
思い出としていつまでも残しておくことをあまり重要としない方はプリザーブドフラワーを使っても良いでしょう。

手先が不器用な人や、あまり作ることが得意ではない人は特に時間に余裕を持って作成に取り掛かると安心ですね。
自分で作ることで、費用も節約でき、自分好みのブーケに近づくことができますよ。

ブーケの花選びは慎重に検討して自分好みの花束を手に入れましょう

ブーケを選ぶときにどんな花をどんな色を選ぶかで印象が変わりますよね。
自分の好きな花があればそれをメインに使ってもいいですし、感謝の気持ちをこめて親の好きな花を選んでもいいですよね。

自分が選んだドレスとの相性も考えてブーケを選ぶ

スレンダーラインやAライン、プリンセスラインなどドレスの形は色々あります。
ドレスの持つ印象、結婚式会場や披露宴会場の雰囲気に合った花の種類や色、ブーケの形にもこだわるとより一層素敵ですよ。

もちろん生花と造花では同じ花でも多少見た目は変わります。
ですので、花を選ぶときには実物を見て色合いなどを確かめることで自分の好みのブーケに近づけるでしょう。

また、ブーケを作るときに何を一番に優先するのかを決めてから、花を選ぶようにするといいですよ。自分好みのブーケを作って素敵な結婚式にしてくださいね。