結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。
高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェディングケーキなど、至るところで装花が取り入れられますが、式場によって装花の金額は違いますし、同じ金額なのに見た目が全然違うこともあります。
上を見たらきりがありませんが、できれば節約したいのが本音。
そこで、結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したい...

余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるよう...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?親に反対された結婚は幸せになれるの...

結婚式の席札を自分で手作り!おしゃれなのに簡単に作れる方法

結婚式を自分らしいものにしたい!そんな二人の考えから、ウェルカムボードや席札を手作りする方が増えてい...

年の差結婚は不安?不安要素と出来る対策と年の差婚のメリット

年上の彼と付き合っていてその彼と結婚を考えているという時に不安になってしまうことがあるでしょう。...

バツイチ男性で子ありの場合の心理や付き合い方と結婚の注意点

バツイチの男性で子ありの彼と付き合うには、普通の未婚男性と付き合う場合とはやはり違いがあります。...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

結婚のご祝儀を親から子へ!気になる相場や渡すタイミングを紹介

子供への結婚のご祝儀について、親が子供に渡すご祝儀は一般的にどのくらいなのでしょうか?普通のゲストは...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

両親へ結婚の挨拶をする場合の順番と当日やってはいけないこと

彼氏からプロポーズされたら、次はお互いの両親へ結婚の挨拶をするという流れになるでしょう。そこ...

職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?結婚指輪をする...

遠距離カップルの結婚の決め手と結婚を決意した彼氏の気持ち

遠距離恋愛中というカップルの方、お付き合いはどのくらいしていますか?中には今の彼との結婚を考えて...

スポンサーリンク

結婚式場で使われる装花が高価な理由

装花はなぜ高い?

結婚式で使用する花に傷ものや枯れそうな花があるのを見たことがありますか。
見たことないと答える人がほとんどでしょう。

そうです。
結婚式に使用する花はそのような花は使いません。

仕入れた花に傷ものがあった、会場に花を設置する際に花びらが落ちてしまった、そんな場合は綺麗な花に買えなければいけないのです。
そのため、花屋は多く花を仕入れなければいけません。

なので必然的に結婚式の装花代は思う以上に高くなってしまうのです。

結婚式で使われる装花の相場

  • 新郎新婦のテーブル 5~10万円
  • 招待客のテーブル 5千~1万円

その他、ブーケ、ウェディングケーキの周りなど多くの場面で使用します。

季節の花など使う花にによってもボリュ-ム感や値段が変わりますのであくまでも相場です。
安くて豪華に見えることもありますし、高いのにボリューム感に欠けてしまうなどということもあります。

結婚式の装花をできるだけ節約したい

節約したいと考える人も多いです。
装花の高い理由と相場を知った上で検討すると良いでしょう。
後から思ったよりボリュームがない、質素に見えると言った場合には時すでに遅しです。

花の準備は仕入れから入るので前日または当日の会場下見の時に不満をいだいても仕方がありません。
節約したら、それだけの質となってしまうことも忘れないでください。

結婚式会場の装花を見栄え良くしようとすると予算オーバーの原因に

結婚式は一生に一度です。
それぞれ、このようにやりたいという理想があるでしょう。

会場に使う花は会場の見栄えや雰囲気にも影響する

豪華であればそだけ新郎新婦を引き立ててくれるのです。

見栄えを良くしようとすると予算オーバーの原因になります。

結婚式の予算は人それぞれです。
希望通りに全てをするだけ、値段も上がってしまいます。上をみればキリがないのが結婚式です。

予算内で結婚式をすることはとても賢い方法

予算オーバーになったら削れるところがあるとすると、多くの場合が装花なのではないでしょうか
節約するならなるべく見栄えに変化をつけたくないないものです。

ゲストに節約が気づかれないよう工夫することが大切です。

結婚式会場の装花をゲストに気付かれずに節約するには

結婚式で「節約されているな」とより多く感じるポイントを聞き取るアンケートがあります。
トップ3にランクインしたのは、引き出物、料理、装花でした。装花を節約すればそれに気付く人が多いということですね。

私達は素人です。
花を豪華に見せるコツや豪華に見える花などのことはあまり詳しくわかりません。
ですが、見た目でなんとなく節約したんだな、質素だな、ボリュームがないな、ということはわかります。

さりげなく装花を節約する方法

装花を節約する際は結婚式の準備の段階でプランナーさんやそこの式場と契約をしている花屋さんに相談をすることをオススメします。

プロではないと誤魔化せない技術は沢山あります。
自己判断ではなく、相談しながら装花をどうするか決めていきましょう。

節約をバレずに豪華に見せることができたら、こっちのものですよね。

結婚式会場の装花を節約しながら豪華に見せる工夫

装花を節約しても豪華に見せる方法

ブーケ

お色直しでブーケを変える人もいますが、同じブーケを使って造花を足したり、リボンなどで持ち手を工夫することで印象が変わって見えます。

装花の配置

メインテーブルの真ん中にまとめて装花を飾るか、装花をばらして配置するか、それによっても使う数や見栄えが変わってきます。

装花の色と種類

使う花の種類や色によってもかなり印象が変わります。
花の数が多ければ多いだけ豪華に見える花があったり、少量でも豪華に見える花もあります。

お花の節約の仕方、豪華に見せる方法もプロなら知っているはずです。
プロの手をかりながら、節約したけど後悔のない結婚式にしましょう。

結婚式会場の装花を選ぶポイント、テーマカラーの決め方

結婚式会場に飾る装花のカラーやポイントも結婚式の準備段階で自分達で決めます。

ある程度の見本がいくつかありますが、装花もこだわりたいと言う人は納得の行くものがないでしょう。

私の時は、ありがちな3つのタイプの写真を見せられて、参考になるものがあればそのまま同じようにしますといった感じでした。
私達は全くセンスがアリませんでしたし、結婚式にもこだわりがなかったの写真の中から、そして金額も三段階くらいわかれている相場の真ん中にしたと記憶しています。

もし、私達にこだわりがあれば、一番低い相場でも豪華に見せることができたのではないかと今になって思います。

結婚式は一生に一度ですので、私みたいにこだわりがすくない人は少ないのではないかと思います。

式場のテーマを自分で決める場合は決め方のポイントを抑えておくと決まりやすいです。

  • 2人の思い出の花、好きな花をメインにする
  • カラーが持つ意味を知っておく(赤→愛・情熱 緑→平和・癒し など)
  • 選んだカラードレスに合わせる
ポイントを抑えながら、決めていくとどんな風にしようかとアイディアも浮かびやすいと思います。