結婚式の祝辞のお礼は品物?それとも現金?お車代について

結婚式に祝辞や乾杯の音頭、スピーチをお願いした場合はお礼はどうしたら良いのでしょうか。現金で渡すのが良いのか、それとも品物でも問題はないのか、気になるところですよね。

そこで結婚式に祝辞を頼んだ場合のお礼について、お車代とは?など、新郎新婦の疑問についてお答えします。

結婚式には地域性の違いもありますので、わからない場合はプランナーの方に聞いてみるのもおすすめの方法です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。もちろん子連れの方でも幸...

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

派手なサプライズは嫌、プロポーズを断るかも?女性の本音

派手なサプライズでプロポーズをされた時はとりあえずOKするけど、後でプロポーズを断る…そういった女性...

結婚式のオープニングに自作でムービーを作るコツと注意点

結婚式のオープニングで自作のオリジナルムービーを流したいという人もいるでしょう。せっかくの結婚式...

男が結婚指輪を外す理由!不倫している旦那への対処法を紹介

男が結婚指輪を外すときは一体どんなことが理由として考えられるのでしょうか。自分の夫が結婚指輪をせずに...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

結婚の報告を職場に伝える時のルール!タイミングと伝える順序

結婚が決まると、職場にも報告が必要です。伝えるには、どれくらい前までに伝えれば良いのか、またまず一番...

年の差結婚の老後のアドバイスと結婚前に知っておいてほしいこと

付き合っている彼氏が一回り以上年上という方もいます。結婚を考えているカップルも多いと思いますが、年の...

台風で結婚式の二次会を欠席する場合の連絡や対応のマナーとは

台風により急遽結婚式の二次会に参加できなくなってしまったとき、どのような断り方がスマートなのでしょう...

結婚式や二次会での髪型のマナーと簡単おすすめヘアアレンジ

結婚式や二次会にゲストとして参列するときの髪型は、結婚式らしく華やかにするなら美容室に行ってプロにお...

遠距離カップルの結婚の決め手と結婚を決意した彼氏の気持ち

遠距離恋愛中というカップルの方、お付き合いはどのくらいしていますか?中には今の彼との結婚を考えて...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

一人暮らしが寂しいから結婚したいはアリ?彼氏と結婚する方法

一人暮らしをしている女性の中には、自分一人の生活を寂しいと感じ、お付き合いしている彼氏と結婚したいと...

スポンサーリンク

祝辞を頂いた主賓の方へのお礼は品物?お車代についてもご紹介

結婚式では、友人からのスピーチや主賓の方からの祝辞などをいただきますよね。そんな時、

「お礼は必要なのかな?」

「必要ならどんなものを渡したらいいのだろう?」

と考えてしまいますよね。

これから、お礼を渡す必要があるのか、またどんなものを渡すのがいいのか紹介していきますね。

そもそも主賓とはどのような方を指すのか知っていますか?

主賓とは結婚式のゲストの中でも一番各が高い方を示します。

会社に勤めている場合は職場の上司だったり、そうでない場合は学生時代の恩師にお願いしたりすることが多いですね。

主賓の方には、結婚式の参加もあり祝辞をいただくので、きちんとお礼をするのがマナーです。

その方法として、結婚式に参列してくれたゲストに来てくれたお礼として渡すものとしてお車代というものがあります。
そのお車代を主賓の方に祝辞のお礼として多めに渡すということもできます。

しかし、お車代とは別に用意したほうがより、感謝の気持ちが伝わりやすいのではないのかなと思います。
その際に現金を包む際は最低1万円以上は包むようにしましょう。決まりはありませんが、主賓との関係などによって決めるといいですね。

また、お車代を渡す際は、新郎新婦本人からではなく、新郎新婦の親から渡すようにしましょう。

祝辞のお礼を品物で渡す場合について

お礼をお車代と別で渡すことをおすすめしましたが、そのお礼は現金を包む以外にもいくつかあります。

人からお礼として現金をもらうのに恐縮したり抵抗感を持ってしまう方も少なからずいるでしょう。
渡すほうとしても、現金だとダイレクトに気持ちが伝わってしまうので避けたいという方もいるかもしれません。

そんな時は、好みのプレゼントでもいいですし、ギフトカードやカタログギフトにするのもおすすめです。

または、現金とお礼の品という組み合わせでもいいですよね。

引き出物の質や数を増やす方法もありますが、これだとお車代の額を多めに渡したときと同じように相手には伝わりにくいかもしれません。
ですので、引き出物とは別にお礼の品を用意するのがいいですね。

引き出物にカタログギフトが入っていることも多いので、その場合はギフトカードなどのほうがいいでしょう。

また、お車代とは違い、主賓の方への祝辞のお礼は新郎新婦本人から直接渡しましょう。渡すタイミングがなかったり、引き出物と一緒に入れておくといった場合はお礼の手紙を添えて渡すようにしましょうね。

当日主賓の方に挨拶ができなかったりお礼ができなかったときは後日、伺うなどしてきちんとお礼の挨拶をすることも忘れないようにしましょう。

祝辞を頂いた以外の方にもお礼が必要な方々

祝辞をいただく主賓の方以外でも、結婚式ではたくさんの方にお世話になることがあります。

結婚式の受付や友人代表のスピーチ、余興、二次会の幹事など色々あると思います。
その際にはやはりきちんとお礼をしたいですよね。そんなときにどんなものをお礼として渡すのがいいのかみていきますね。

金額の相場として、乾杯やスピーチなど目上の人であれば1万円程度を用意

また、受付や余興など頼んだ人が同僚や友人などであれば5千円程度のものを用意するようにしましょう。
ですが、二次会の幹事などは事前の準備など時間もかかりとても労力がかかりますよね。そういった場合はお礼を少し多めに用意するといいですね。
もちろん、二次会の会費は新郎新婦で負担するのがいいでしょう。

主賓のときと同様にこれらの場合も現金でも品物でもかまいません。
相手に渡しやすいもの、また相手に喜ばれるものを用意しましょうね。

祝辞などをしてくれるゲストへ品物を含めたお礼の準備

結婚式はたくさんの方にお世話になりますよね。
そんな方たちにきちんと感謝の気持ちを持ってお礼をするのは大切です。
当日になって用意し忘れていたものがあるとならないように、事前にきちんとお礼を用意するようにしましょう。

まず、誰に用意するのかわかりやすくメモすること

また、現金でお礼を用意する際は新札をあらかじめ銀行などにいって準備しておくとスムーズです。
慶事では新札をつかうのが良いとされているので多めに用意しておくといいですよ。

お金を包む祝儀袋やぽち袋も用意

ぽち袋も新札も少し多めに用意しておくと、予定していた人数より多かった場合などに役に立ちますよ。

ご祝儀袋には表書きと名前をかいて用意しておき、相手の名前を書いた袋に個別に入れたり、付箋に記しておくと、用意し忘れや渡し間違いがなくなっていいですね。

また、品物で用意するときにも誰に渡すものかきちんとわかるように、品物の中身と渡す相手の名前を同じく付箋などに記しておくようにしましょうね。

お車代などは両家の親に渡してもらうことになるので、事前に親との打ち合わせもしっかりして誰にどれを渡すのか、受付などの係りを誰にお願いしているのかなど、連携がとれるようにしておくといいですよ。

親しい友人に祝辞やスピーチをお願いした場合のお礼について

もし、スピーチや祝辞などを親しい友人にお願いした場合にはお礼の幅も広がります。

親しい友人なので結婚式が終わって後日一緒に話をしながら食事をご馳走するというようなこともいいですよね。
または、近場で日帰り温泉なんかもいいですね。
温泉につかり疲れを取って、おいしいものを食べながら、のんびりと思い出話もできそうですよね。

また、親しいからこそ相手の好みも知っていますよね。
好きなものやあなたのおすすめしたいものをプレゼントしたり、テーマパークなどに一緒に遊びに行くのも楽しめそうです。
新婚旅行のお土産も行く前に希望を聞くなどしておいてもいいですね。

このように、渡す相手によってお礼の幅も広がるので参考にしてみてくださいね。
お礼の気持ちが大切なので、結婚式によってお世話になった方にはきちんとお礼をするようにしましょうね。