結婚式で余興をする際の挨拶の仕方などについて知りたい

結婚式で欠かせないものにひとつに余興があります。
しかし、挨拶もせずに、いきなり始めていきなり締めるのでは、見ている出席者の人たちもキョトンとしてしまいます。
始まりと締めの際にどんな挨拶をすれば良いのか、また気を付けたいNG行動などについてご紹介いたしますので、これから余興をするという方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式の衣装で新郎はどう選ぶべき?選ぶポイントを紹介

結婚式の衣装といえばやはり、ウエディングドレスですよね。では、新郎は何を着ればいいのでしょうか?...

入籍後の手続きで免許証を変更するときに準備するものについて

入籍後に免許証の手続きをするときにはどのようなものが必要なのでしょうか?免許の変更には、本籍が記載さ...

外国人の結婚式にもご祝儀はあるの?知って驚く海外の結婚式事情

日本の結婚式ではご祝儀という風習がありますが、外国人の結婚式にもご祝儀はあるのでしょうか。今回は...

仕草に心理が隠されている?男性がする行動からみる好意ある仕草

男性がする仕草にはどのような心理が隠されているのでしょうか?女性の場合は、そんなに興味のない相手でも...

メガネを外す心理について気になる男性心理を状況別に紹介

人がメガネを外す心理にはどんなことが隠れているのか気になりませんか?いつもメガネをかけている人が...

結婚式の祝辞のお礼は品物?それとも現金?お車代について

結婚式に祝辞や乾杯の音頭、スピーチをお願いした場合はお礼はどうしたら良いのでしょうか。現金で渡すのが...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

披露宴や二次会で着るドレスは、花嫁にどんなものがおすすめか

披露宴の時に着るドレスを選ぶのは、花嫁にとって楽しみなことのひとつですよね。しかし、多くの場合、...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

赤口の結婚式は安い?仏滅との違いや結婚式の費用を抑える方法

赤口に結婚式をすると安い費用で行うことができる?仏滅の結婚式は割引があるというのはメジャーですが、赤...

結婚後の生活費は、折半よりも良い方法があります

結婚する前は、それぞれが働いた分だけ個々に管理をする、いわゆる折半が基本だというカップルは珍しくあり...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?これから...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

スポンサーリンク

結婚式の余興での挨拶をする際の大まかなポイント

友達の結婚式で余興をお願いされた場合、そんなに経験することでもないですし、どのようにやったらいいのか悩みますよね。

やることは思いついても、どのようにその時間を進行したらいいのか、どのような挨拶をしたらいいのか、時間はどのくらい必要なのかなどいろいろな疑問があると思います。
そこで、余興の進行についてをご紹介していきます。

結婚式での余興の挨拶

余興をお願いされた場合、どのくらいの時間やって欲しいかなど時間についても言われることがあると思います。一般的には余興の時間は長すぎも短すぎもしない5~10分くらいの場合が多いです。

出ていって挨拶なしにいきなり余興をやって何もなしに終わってしまうと、なんだったのか分からなくなってしまいます。なので、余興の限られた時間の中で、始まるときと終わるときに挨拶が必要になります。

挨拶で時間をとると余興をやる時間が短くなりますし、場がしらけてしまうことがあるので、30秒くらいの短いものにしましょう。

結婚式の余興の挨拶で注意したいマナーなど

結婚式で挨拶をすることはそんなにたくさんあることではないので、どんな内容にしたらいいのか、言ってはいけないことなどはあるのか気になりますよね。

結婚式の余興で挨拶するときは、内容にも気をつけなくてはいけません。

特に気をつけるべき言葉が、「別れる」です。結婚する二人に別れるは失礼ですよね。

挨拶を考えるときは使ってはいけない言葉が入っていないかを確認しましょう。

ある程度考えておいてその場で思ったことを挨拶するというのも素敵ですが、そう簡単には使わないと思っていても、意外と普通の言葉の中に別れなどの言葉は出てくるものです。頭の中にしっかり叩き込み絶対に口にしないようにしてくださいね。

また、余興の進行をする中で、新郎と新婦を別々の場所に移動させたいときなどに使ってしまうこともあるので、挨拶以外にも進行するときの言葉についても今一度確認しておきましょうね。

結婚式の余興で挨拶をする時は、こんなことにも気をつけよう

人前で話すような仕事でもしていない限り、人前で立って挨拶をする機会はなかなかないので、挨拶をするときにとても緊張しますよね。

緊張してしまい前を向けず下を向いて小声になり何を言っているのかわからないなんてことにならないように、挨拶をする練習もしっかり行っておきましょう。

結婚式の余興の挨拶のときはここも注意

緊張すると姿勢が悪くなる

恥ずかしい思いが強くなり下を向き猫背になってしまう人が多くいます。その姿勢で話すほうが恥ずかしいです。自信を持って背筋をピンと伸ばして話すように心掛けましょう。

声が小さくなる

声が小さいと何を言っているのかわからないので残念な余興になってしまいます。はっきりゆっくり会場のみんなに聞こえるように話すようにしましょう。また、緊張すると早く話してしまうこともあるので話すスピードにも気をつけるようにしてくださいね。

挨拶はとても重要なものです。心配な場合は何度も家で練習するなどして、完璧に行えるようにしておきましょう。

結婚式は親族も来ます。余興は面白さだけを優先しないで

余興は面白いものを重視して考えがちですが、面白さだけを考えていると会場みんなが楽しめないことがあります。

よくあるのが、服を脱いでしまう男性や下ネタ系の余興。楽しめる方もいる一方で嫌な気持ちになる人もいます。特に女性は楽しめないことが多いのでこのような余興はやめるようにしましょう。

また、結婚式にあっていないような歌を選んだり、一部の人にしかわからないようなネタを使った余興などは会場の中の空気が悪くなってしまいます。

結婚式には新郎新婦の親族が来ているので年配の方も多くいます。どんな世代でも楽しめるものを考えるようにしましょう。

余興で演奏やダンスをするなら、入念な練習と打ち合わせをしよう

余興で演奏やダンスを友人たちとすることにした場合どんなことに気をつければいいのか悩むこともあると思います。

演奏やダンスの余興をするのであれば、グダグダになってしまわないか気をつけるということだと思います。

演奏が始まってみんなの音があっていなければ、ただの雑音を5分間聞かされることになるだけだし、盛り上がりません。

また、ダンスもみんなグダグダで何をしているのかわからないようなものであったら、見ている人もつまらなく感じてしまいます。

仕事をしていると練習するのも難しいと思いますが、自分のできる限り練習を行うようにしましょう。

プロではないので、完璧にやりこなすのは無理かもしれませんが、演奏やダンスを選んだのであれば、個人で練習するのはもちろんのことみんなで集まって入念に練習を行うようにしましょう。

個人練習だけしてきて当日その場で合わすようなことだけはしないようにしてくださいね。

余興を頼まれた場合、どうしていいのかとても悩むと思いますが、大切なことは友人の一生に一度の結婚式だということです。どんなことをしたら友人が幸せな気持ちになってくれるのか、余興が成功するのかを考えベストを尽くすようにしましょう。

余興を成功させて、楽しくその場が盛り上がり幸せいっぱいな結婚式にしてあげてくださいね。