結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。
そのため、出された料理があまりにもしょぼいと、口にはあえて出さなくてもやはりがっかりしてしまうようです。
では、どんな料理だとしょぼいと感じてしまうのでしょうか。
結婚式の料理の選び方、ポイントは?
結婚式の二次会で出す料理にも注意が必要です。
ゲストはご祝儀を包んでいる以上、どうしても料理の目も厳しくなってしまうのは事実。予算とのバランスを考えて、ゲストが満足するような料理をぜひ選んでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

プラチナの結婚指輪の重さは?思い指輪と軽い指輪の違い

結婚指輪は愛の証!結婚式で指輪交換をした後、外さずに付け続ける方もいらっしゃいます。また毎日外さずに...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

結婚式をしたくない女性の本音!相手の気持ちも考慮して決断を

結婚が決まった女性の中には、結婚式をしたくないと考えている人もいるのではないでしょうか。パー...

プレゼントに彼女がもらって嬉しいアイテム【10代女子に人気】

10代の彼女へのプレゼントに、どんなものを贈ろうかお悩みの方はいませんか?誕生日やクリスマスなどの記...

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

花嫁におすすめのヘアスタイル「ボブ」のアレンジ方法をご紹介

「花嫁のヘアスタイルはロングじゃないといろいろアレンジできない」と現在のボブから髪の毛を伸ばそうとす...

ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよ...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

結婚式でのご祝儀の渡し方の基本的なマナーやタイミングを紹介

結婚式のご祝儀の渡し方についてよくわからないという人もいるのではないでしょうか?初めて招待された結婚...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

スポンサーリンク

結婚式の料理があまりにもしょぼいと、ケチってるとゲストは感じ結婚式自体の印象が悪くなることも

お祝いの気持ちで結婚式に来ていても、結婚式には他の事も楽しみにしているゲストは多いです。

結婚式は友達の再会の場になりますし、日常では食べられない豪華な料理や高級食材が食べられる場でもあります。

料理はゲストが結婚式で楽しみにしている事のひとつ

結婚式はレストランやホテルで行われることも多く、そういう式場では特に料理への期待も高まります。

そのため、ゲストへのもてなしとして料理に拘る新郎新婦も多く、結婚式=高級食材を使った料理が出るというイメージが出来ています。

会場など全体的な雰囲気も関係しますが、料理は品数や使われている食材で値段が想像しやすい部分なので、料理がしょぼいと感じられるとケチったと思われやすいです。

結婚式はお金がかかるので、少しでもご祝儀との採算が合うようにしたい気持ちは分かります。しかし、料理は視覚だけでなく香りや味覚でも印象に残りやすいので、料理のランクを下げると明らかにしょぼくなってしまうなら、考え直した方が良いかもしれません。

もちろん、しょぼい料理だとしても全く関係ないと気にしないゲストもいます。

ゲストの中には出された料理の写真を撮る人も多いと思いますが、それだけ料理を楽しみにしているという事です。

しょぼいなと感じてしまうのはどんな料理なのか

結婚式の料理にはいくつかのランクから選べるようになっていることが多いですが、しょぼいと感じるかどうかは、品数、味、盛り付けなど総合的に評価されるため、単純に料理のランクで決まるわけではありません。

料理に高級食材がどれくらい含まれているかどうかは大切なポイント

例えば、フォアグラ、キャビア、ロブスター、有名産地の和牛など、いかにも高級食材がメニュー名にいくつもあれば、ランク関係なく豪華に見えますが、高級食材がほとんど含まれていないとしょぼい印象になります。

品数や盛り付けの綺麗さも印象を左右

式場によっては個人個人で出て来ず、大皿で提供するケースもありますが、どうしても高級感が損なわれてしょぼい印象になるため、個々で綺麗な盛り付けをした料理を提供する式場の方が印象は良くなります。

料理自体が美味しいかどうかは重要です。試食が出来る式場が多いので、実際に自分の下で味を確かめましょう。

美味しい料理を提供するには、温かい料理を温かい状態で、冷たい料理は冷たい状態で食べられるかどうかも大切です。人数が多いと作り置きをする式場も多いため、せっかくの料理が台無しになってしまうこともあります。

結婚式の料理の選び方とポイント

結婚式に来てくれたゲストには楽しんでもらいたいし、しょぼいって思われたくないなら高めのランクを選ぶのがお勧めです。

でも、そうすると予算が厳しい…という時は次の方法がおすすめです。

「無くても良い」という料理を省くことで予算を下げる

また、食材の一部を高級食材ではなく、安価な食材に置き換えするのもお勧めです。安価な食材にするときには、日本人好みの万人受けする食材にすると美味しさはキープ出来ます。

それでもやっぱり料理の予算が厳しいという時

品数と美味しさをキープするようにして、内容でオリジナリティを出しましょう。

誰もが知っている高級食材の数を減らせば予算は下がりますが、しょぼい印象になってしまいます。それをオリジナリティでカバーするのです。

例えば、新郎新婦の出身地の食材を使って、それを演出の一つのように司会者やシェフから説明してもらうと、ゲスト同士の会話のネタにもなりますし食材の値段が気になりません。

料理の提供の仕方を工夫する

ステーキの枚数等、切り分けて皿に出されるとしょぼくみえる恐れがあるなら、ビュッフェのようにライブパフォーマンスにすると、豪華に見えます。ただし、そうすることで余計に料金が高くなる場合もあるので、注意が必要です。

ドリンクの種類

少なすぎたり、融通が利かなすぎるとゲストの満足度が下がってしまいます。親戚や友達の飲み物の好みは分かると思いますので、好みのドリンクがメニューに入るようにドリンク選びも慎重に行いましょう。

結婚式二次会の料理も注意!しょぼいと思わせないためのポイント

結婚式では披露宴の他に、0次回や1.5次会、二次会などがあります。

披露宴の料理にばかり気を取られて、気を抜くと明らかにケチった印象になってしまうので注意が必要です。もしも、披露宴の料理でもうお腹いっぱいだと思うからという気遣いが含まれていたとしても、ゲストにとってはしょぼい印象になってしまいます。

結婚式の二次会

披露宴から二次会に参加する人と二次会から参加する人がいます。披露宴から参加している人にコース料理を出すと食べきれない人が続出する可能性がありますので、ビュッフェ形式がお勧めです。

コース料理よりも自由に動き回れるため、カジュアルで和気あいあいと楽しみやすい雰囲気になるでしょう。

ビュッフェ形式の場合は、高級食材を使わなくても彩や盛り付けを華やかにすることで、明るく豪華な雰囲気が出しやすいです。

二次会の参加者が、披露宴に出ている人が多いのか少ないのか、披露宴からどれくらい時間が経っているのか等によって、料理のボリュームは調整しましょう。

二次会の料理は、彩や華やかさのほかに、手に取りやすさも重視すると良いでしょう。デザートも小さくて色々な種類があると結婚式らしい華やかさが出ますし、甘いも物が好きな人に喜ばれます。

また、二次会では食事よりも会話メインになる事が多いので、飲み物の種類は多めに用意するのがお勧めです。

料理がしょぼいのもだめだが、逆にボリュームがありすぎるのも不評

結婚式の料理でしょぼいと思われたくない一心で品数を多くしすぎるのも、ゲストには不評です。

「品数が少なくて足りないとしょぼく思われるから多くしよう」というのは少し安易です。

美味しい料理だと最後まで美味しく食べたいですが、品数が多いと食べきれません。楽しみにしている料理が出てくる前にお腹いっぱいになってしまう事を残念に思うゲストも多いです。

それに、残すのは申し訳ないという気持ちをゲストに抱かせてしまいます。

また、結婚式で着るワンピースやドレスは体のシルエットが出やすい物も多く、お腹いっぱい食べてお腹が目立つのを気にする女性もいます。

もっと食べたいけど、これ以上食べられない。残すのは申し訳ないけど…とゲストを葛藤させることになります。

沢山提供するだけがおもてなしではなく、美味しく食べきれる量にするのもおもてなしです。