余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるようなムービーにしたいものです。
ここでは見た人が感動するようなムービーを作るテクニックや、上手なムービー作りの準備や撮り方などについてご紹介しますので、これからムービーづくりをするかたは、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

結婚式にお呼ばれした時にコーデで気をつけたいこと

結婚式にお呼ばれした時は、ドレスや靴などのコーデを考えますよね。 その時にうっかりNGマナーをして...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

テーブルコーディネートのコツ!結婚式を節約して素敵に演出

結婚式の費用を節約しようと考えたとき、テーブルコーディネートの部分でも何か節約することはできないか、...

余興ムービーのアイデア【結婚式】おもしろ・感動のアイデア集

結婚式の余興はどんなムービーにしようか、ムービーのアイデアを一生懸命に考えている人もいるのではないで...

顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。 顔合わせのイベ...

従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるので...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

結婚式にネイルをする時、花嫁ならどんなネイルにする

結婚式は花嫁が一番輝く日ですから、ネイルも特別なものにしたいですよね。 思い切ってネイルサロンにお...

プロポーズで貰ったバラを保存する方法について知りたい

プロポーズの時に贈られて一番うれしい花といえばバラですよね。 貰った後でお部屋に飾って楽しむのも良...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか? 親に反対された結婚は幸せになれるの...

両家顔合わせの場所決めとは?遠距離のときはココがおすすめ

遠距離の結婚相手との両家顔合わせは場所をどこにするべきなのでしょうか? 両親が働いていたり、体...

友人スピーチの手紙を渡す時のベストなタイミングと書き方のコツ

とても仲の良い友人の喜ばしい結婚。結婚式で友人スピーチを頼まれることになった場合、嬉しい反面緊張もし...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。 ...

スポンサーリンク

余興で見た人が感動するムービーを作るには

余興の感動ムービーの作り方

素人がムービー制作をすると全体的に淡白な感じになってしまいがちです。
内容が浅いというか、見ている人を感情移入させられるかどうかでいうと、させられないままムービーを終了させてしまうのです。これではせっかくの友人の結婚式が台無しです。どうせなら感動させられるムービーにしたいですね。

感動のムービーにするには起承転結が大切です。

「起承転結」
簡単に説明すると、ストーリーをわかりやすくすることです。

起:最初に伝えておくべき物事を伝える
承:本題へ入る前の前おき
転:本題の展開を述べる、上手くできていると起と繋がる
結:どのように結末を終えたのかを伝える

良い結婚式は、幸せの涙の場面がいくつかあることでもあります。
このムービーのコツを掴むことで、結婚式の参加者達の心もワシ掴みすることができるでしょう。

余興で感動させるムービーを作るポイント

余興で感動ムービーを作るには共感してもらえる内容が必要

相手に共感してもらえるような内容にしましょう。
共感できなければ視聴者の涙を誘うことすらできず、むしろ白けた余興になってしまいます。

新郎新婦についての知識

新郎新婦について知識がなければ感動ムービーは作れません。
新郎新婦の出会い、恋愛中の物語、結婚までどうやってこぎつけたか、など知識を豊富につけておく必要があります。
分かりかねる部分は失礼にない範囲で本人や周りから聞き出しましょう。

想像を超える結果

結果がわかりきっているムービーは「やっぱりな」「そうだよね」そんな一言で片付けられてしまいそうです。
素人が一生懸命作ったのにその努力は報われず終わってしまう結果となりそうですね。
誰もが想像を超える結果を最後に用意しておくと、新郎新婦や視聴者の涙を誘うことができるでしょう。

感動ムービー制作は容易なものではありません。
この記事を読んだからと言って、すぐに理想の感動ムービーを作ることはできないでしょう。
ある程度の知識をつけて、様々なムービーを見て研究してみましょう。

そうすることで、理想のムービーに近づけて制作をすることができると思います。

余興のムービーで感動させるためにすると良いこと、ダメなこと

余興の感動ムービー制作は演出を作りすぎないこと

余興の感動ムービーを作りたい!
そう意気込んでしまう人にありがちなことがあります。それは演出を作りすぎてしまうこと。
制作している方が必死で良かれと思ってやっていることは、見てる側からしても必ずしもそうだとは限らないのです。むしろ、白けてしまう結末に…そんなことも少なくありません。

見てる側がムービーの演出の意図は理解できているはずです。
しかし表現や演出に1度違和感を覚えてしまうと、その印象は最後まで消えることはありません。

泣かせるまであと1歩のところが難しいのです。

見てる側が自然に感情移入できるような、自然な演出にしたいですね。

結婚式のムービーを作る上で気をつけたいこと

余興の感動ムービーを制作する注意点

  • 起承転結を意識する
  • 演出を作りすぎて違和感を感じさせない
  • 悲観的な内容を取り入れない
  • DVDの持ち込みルールを確認し、そのルールのもとに制作をする(せっかく作ったムービーが式場で再生できないことや、画像が切れてしまったりなどドラブルになりかねない)
  • 実際にムービーをたくさん見て、そのような流れになっているか、どんなストーリーが好ましいか研究する
私の結婚式の時にも友人が感動ムービーを制作してくました。
それまで余興をなににするか聞かされていませんでしたので、裏ではムービー作りに切磋琢磨してくれてたと思うと、その気持ちがとても嬉しく涙した記憶があります。
またメッセージに、小学校の先生や長年していた習い事の先生などからもメッセージを頂き、なかなか会うことのできない方とこのような機会で接点はできて感動しました。
余興の感動ムービーを失敗しないよう注意点に気をつけながら作っていきましょう。

友人や家族からメッセージムービーをもらう時の注意点

メッセージムービーをもらう時の注意点

  • 画像の向きや時間を統一する
    その方が編集しやすいし、見る側も違和感なく見れる
  • 意外な方からのメッセージ
    意外な方からのメッセージは会場が盛り上がる傾向にある
  • メッセージの前後3秒を開けてもらう
    編集しやすいため
    カウントが多ければカットすることができるが、短い場合には取り直しをしなければならない
  • 悲観的な内容はNG
    悲観的な内容は避けましょう。
    もし取り入れるならばその後にフォローを入れたりカバーできるような流れを作りましょう。
結婚式の余興感動ムービーやメッセージムービーは流行り廃りのない定番です。
定番とわかっていながらも感動し、制作してくれたその気持ちが嬉しくなるのが余興ムービーです。新郎新婦や出席している皆さんを感動の渦に巻き込んで、やってやった感を味わえるのも制作側の醍醐味ですよね。
色々なムービーを見て研究し、試行錯誤しながらより良いムービーを制作してみましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666