披露宴や二次会で着るドレスは、花嫁にどんなものがおすすめか

披露宴の時に着るドレスを選ぶのは、花嫁にとって楽しみなことのひとつですよね。
しかし、多くの場合、着るドレスは1着だけではなく、「最初に着る純白ドレス」、「お色直しで着るカラードレス」、「二次会で着るドレス」と、3種類ほど着るパターンがほとんどです。
そういった場合、それぞれどんなドレスを選ぶと良いのか、またレンタルを利用する時の注意点などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男友達と女友達で旅行!彼氏持ち女子の男女4人の旅行はアリか

彼氏がいるのに男友達に旅行に誘われたら、旅行に行ってもいいのか悩んでしまうものです。男女4人で女性も...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

二次会コーデ【秋のお呼ばれ】気をつけたいポイントとおすすめ

結婚式にお呼ばれしたときは二次会のコーデにも悩みます。秋の結婚式の二次会なら、どんな装いをしたらいい...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

結婚の祝儀・親からの祝儀相場や渡し方・結婚資金の援助について

子供の結婚が決まり、結婚式に向けて色々な準備をしているご家庭もありますよね。親として子供にどんなこと...

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

プレゼントに彼女がもらって嬉しいアイテム【10代女子に人気】

10代の彼女へのプレゼントに、どんなものを贈ろうかお悩みの方はいませんか?誕生日やクリスマスなどの記...

結婚式にぴったりなネイルにしたい!お呼ばれネイルのおすすめは

結婚式の出席することになったら、メイクや髪型だけではなく、ネイルもばっちりにしたいですよね。しか...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

幼馴染と結婚すると離婚しにくい?離婚しやすい夫婦について

幼馴染と結婚した場合は離婚しやすいのでしょうか?実は、幼馴染との結婚は離婚しにくいと言われています。...

プロポーズで貰ったバラを保存する方法について知りたい

プロポーズの時に贈られて一番うれしい花といえばバラですよね。貰った後でお部屋に飾って楽しむのも良...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

ブーケは造花でも生花みたい!人気の理由やメリットと選び方

結婚式のブーケを造花にするか生花にするか悩んでいるあなた。最近の造花は生花と見分けがつかないくら...

スポンサーリンク

花嫁が結婚式の披露宴で着るドレスにはこんな種類があります

結婚式を挙げたりドレスを着るのが夢だったという女性も多いと思いますが、実際に花嫁になってドレスを選んでみると色々な種類があることに気付くと思います。

大切な一日に着る1着なので、自分に似合うお気に入りの一枚を選びたいですよね。
まずは、披露宴に向いている定番のドレスの種類をご紹介します。

ウェディングドレスの形

Aライン

多くの日本人の体型に合ってスタイルを良く見せやすいので、ウェディングドレスの中で1番多いシルエットです。デザインによってボリューム感は変わりますが、可愛らしいデザインからシンプルなデザインまで様々です。

プリンセスライン

童話や中世のお姫様のドレスのように、ボリュームのあるスカートでウエストが細く見えやすいシルエットです。比較的フリルやリボンなどを使った可愛いデザインが多いドレスです。

マーメイドライン

スカートの形が人魚を彷彿とするシルエットで、腰から膝にかけて体に添うようなラインを出して、膝下から広がる形です。大人っぽい印象でメリハリのある体型やスレンダー体型の人に似あいやすいドレスです。

エンパイアライン

胸の下からスカートが始まるスカートでボリュームを出さないガーリーな印象の形です。ウエスト部分は締めないのでマタニティウエディングやカジュアルなパーティーに向いています。

ウェディングドレスを選ぶときにぶつかりやすい問題

「似合うドレス」と「着たいドレス」が違うケースです。この問題は結構多く、どちらを選ぶかギリギリまで悩む花嫁も多いです。

プリンセスとマーメイド程の差がないのであれば、着たいドレスの形でウエストラインの切り替え位置やボリューム感、ドレスの生地や装飾の量などが違う物を試してみてください。少しの差で印象が変わることがあります。

花嫁が披露宴のお色直しの時に着るドレスの種類は

披露宴ではお色直しをする人も多いですが、お色直しではせっかくなので最初に着たドレスと違う印象にしたいですよね。

お色直し後に着るドレスはカラードレスが一般的ですが、カラードレスの形は白いウェディングドレスの形と相違ありません。いろいろな形や色、デザインがあります。

ただ、カラードレスに抵抗を感じている人も多く、意外と「カラードレスはいいや…」と人気がありません。

カラードレスは可愛い系ならピンクなど淡いパステル系、大人っぽくしたければネイビーやワインレッドなど濃厚系と両極端な印象を持っている人が多いので、カラードレスを敬遠する人の多くはイメージ先行で毛嫌いしている傾向があります。

実際、パステルカラーでかわいらしさ全開のデザインから濃厚な大人っぽいデザインもあります。

でも、くすみカラーなど綺麗な色だけど落ち着いて見える色やデザインも多いです。単色ではなく多色でカラーが目立ちにくい物もあります。

可愛い色でプリンセスライン等を選ぶと可愛い姫系になりますが、ボリュームを抑えたデザインやシンプルなデザインなら大人っぽさや落ち着きを感じることが出来ます。

お色直しでカラードレスを着るのに抵抗がある人やお色直しをしたいけど予算は抑えたい人にお勧めなのは挙式のドレスに小物を追加して雰囲気を変える方法です。

白いドレスにカラーリボンのようなサッシュベルトを付けるだけでも印象が変わりますし、カラードレスを用意するよりも費用を抑えられます。

披露宴の二次会に参加する花嫁は、どんなドレスが良いの

披露宴の後に二次会を行う場合は二次会で着る衣装も考えなければいけません。
二次会の場所によってどんな衣装がベストか考えてみましょう。

二次会の場所がホテルの場合は、ある程度ドレスアップした方が良い

カジュアルな場所なら服装もカジュアルで構いません。

ウェディングドレスはレンタル料が高いので、費用の問題から二次会用の為だけにちゃんとドレスをレンタルする人は少なめです。

二次会でもドレスを着る場合は、挙式や披露宴で使ったドレスを使いまわすことが多く、格安のドレスを買う人もいます。

ボリュームのあるドレスの場合は、介添が必要になる事もある

自分一人では気楽に動き回りづらいので、二次会の介添をしてくれる人を探しましょう。

カジュアルな二次会なら、平服で構いませんが、主役であることが分かりやすいように白い服や白っぽいワンピースで花嫁感を残した服を着るのがお勧めです。

白い服を着ていた方が雰囲気が出やすく、二次会から参加した人に雰囲気を味わってもらいやすくなります。

披露宴のドレスはレンタルが主流、その時に注意すべきことは

ウェディングドレスは主にレンタルと既成のドレスを購入する方法、自作やオーダーメイドで手作りする方法があります。何度も着る物ではなく、高価な物なのでレンタルを選ぶ人が多いです。

レンタルする場合は、式場と提携のショップで借りる方法と提携ではないショップから借りる方法があります。

ただし、提携外のショップで借りる場合は持ち込み料がかかったり、お金と手間が余計にかかる事も多いため、どうしてもという場合でなければ、提携のショップ内で選ぶ方がスムーズです。

レンタルドレスは遠慮なく試着する

料金との兼ね合いもありますが、納得いくお気に入りの一枚を選びましょう。

レンタルの場合は、式の日や前撮りをする日に選んだドレスが借りられる事が重要です。試着出来ても式の日はすでに予約が入っている場合もあります。そのため、出来るだけ早めに押さえておく必要があります。

挙式前の最終フィッティング以降は体型を維持すること

挙式や披露宴を行う場合は、エステに行ったりダイエットをして磨きをかける花嫁が多いですが、痩せすぎには注意しましょう。

ドレスを決めてから本番までは日数があるので、体型の変化が心配な場合は、後ろが編み上げなど多少のサイズに幅があっても対応出来るデザインを選ぶのがお勧めです。

ドレスの下にはブライダルインナーを着るのが基本

ブライダルインナーは自分で用意します。ドレスのデザインによってはインナーが見えてしまう事があるので、試着の時に身に着けてドレスから見えないかチェックしましょう。

最後に、式場への持って行き方や返却期限の確認も忘れないようにしましょう。提携の場合は特にすることはありませんが、自分で用意する場合は全部自分で手配しなければいけない場合もあります。

ウェディングドレスを作ったり買いたい人はここに注意

提携のレンタルショップやホテル内のドレスショップ以外でドレスを用意したい人もいると思います。憧れのドレスブランドがある人もいるでしょう。

持ち込みの場合は持ち込み料がかかりますが、持ち込み出来ることが多いです。

ただ、式場によっては持ち込み不可の場合もあります。どうしても持ち込みをしたい場合や気にいるドレスがあるか心配な場合は式場の契約をする前に持ち込み可能か、持ち込み料はいくらか必ず確認しましょう。

持ち込みが可能でも持ち込み料が高額な場合は、高額なドレスに更にプラスアルファの金額がドレス代にかかるため、予算が厳しくなることもあります。あとから持ち込み禁止だと分かった場合は、式場を変えれば良いだけではなくキャンセル料がかかる事もあります。

提携のドレスを借りる場合は、前撮りや本番までドレスの手配やケアはショップが行ってくれます。

オーダーメイドの場合は、自分で調整や手配を行う必要がありますし、目立つ部分に汚れが付いていたりシワになっている場合は自分で直さなければなりません。プランナーさんとマメに確認し合って、本番で漏れがないようにしましょう。