髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。
家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけではなく、子供も一緒に出席することもよくあります。
その時に子供に着せる服以外にも、髪型について悩むのではないでしょうか。
子供ならではの可愛さが活かせるような髪型にすることで、結婚式に出席する子供も楽しくさせてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤口の結婚式は安い?仏滅との違いや結婚式の費用を抑える方法

赤口に結婚式をすると安い費用で行うことができる?仏滅の結婚式は割引があるというのはメジャーですが、赤...

カラードレス【青】ブーケの相性の良い選び方やポイントを紹介

結婚式で青いカラードレスを着るときときは青いドレスに合わせるブーケ選びにも悩みます。 大切な結婚式...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。 結婚...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。 ...

30歳から婚活を始める女性に知ってほしいポイント

今まで結婚に興味がなかったという人が、30歳になってようやく婚活を始めようとするのは、珍しいことでは...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。 もしも、好意を持っている男性がいるなら...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

遠距離恋愛で結婚するときの住む場所を決めるポイント

遠距離恋愛を長い期間続けてきて、もうすぐ結婚!しかし、住む場所で意見の食い違いが…。 結婚をし...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか? ...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

シングルマザーは再婚のタイミングを間違えないことが大切です

シングルマザーにとって、好きな人ができてその人と再婚するとなると子供へどう話すべきか悩む人も多いので...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

外国人の結婚式での、服装のルールはどのようなものか

日本人の結婚式に参加しようと思った時に、自分の好きなデザインや色の服を好き勝手に着るわけにはいきませ...

新婚なのに寂しい実家が恋しいと感じる方へ。寂しさの乗り越え方

新婚で楽しいはずの毎日が、実家のことを考えると寂しい気持ちになってしまう…。そんな方はいませんか? ...

スポンサーリンク

結婚式に出席する子供の髪型などにもマナーはあるのか

大人が結婚式にお呼ばれしたときには、しっかり着飾って場の雰囲気に合うように髪も服にも気を配ると思います。ですが、子供も一緒に出席する場合、子供はどんな格好をさせればいいのか迷いますよね。

例え子供でも、普段着で寝癖のついたような髪で出席するのはNGとされています。

子供は制服を着て出席するといい

幼稚園や学校に通っている年齢で、制服があれば、その制服で出席することが可能です。

制服が汚れていないか確認して、キレイな状態で着るようにしましょう。また、足元はローファーなどのかっちりしたものにしてくださいね。

制服がない場合

男の子はスーツ、女の子はワンピースを用意し出席するようにしてください。

大人と同じで子供の場合でも白のワンピースはNGなので気をつけてくださいね。もちろん、このときにも足元はかっちりした靴を履くようにしてください。

そして、髪もだらしなくならないようにまとめたりして、清潔感のある髪型にするようにしましょう。

結婚式にぴったりな子供の髪型は、カチューシャやリボンで簡単に

結婚式に子供と一緒に出席するときは自分だけではなく子供の髪型も結婚式に合うようにアレンジしなくてはいけません。
ですが、子供の髪をアレンジするのは難しく感じる人も多いと思います。そんな方におすすめなのが、カチューシャなどのアイテムを使ったアレンジをすることです。

結婚式の簡単アレンジ

カチューシャを使ったアレンジ

コテを使って子供の髪を巻きます。そこに、リボンなどアクセントのついたカチューシャをつけるだけでとても華やかな雰囲気になりますよ。
とても簡単にできますし、髪が短い女の子にもおすすめのヘアアレンジです。

ウィッグを付けてゴージャスにアレンジ

シュシュのように使うことができるウィッグがあるので、お団子にした髪につけるだけでとても華やかにすることができますよ。

ウィッグを付けて更に、リボンやお花などのついたカチューシャなどをつければ可愛くアレンジすることができます。簡単にセットできるのでアレンジするのが苦手な方はぜひ試してみてくださいね。

結婚式に出席する子供の髪型は、女の子らしい三つ編みもおすすめ

ヘアアレンジをするのが苦手な方でも三つ編みくらいならできると思います。

子供だから似合う三つ編み

サイドの髪を三つ編みしてアレンジ

  1. サイドの髪だけをとって、毛先までキレイに三つ編みをしていきます。
  2. 両サイド三つ編みをすることができたら、毛先を持って、持ち上げ反対側の耳の後ろに持っていきます。
  3. 耳の後ろでピンで止め、更に後ろの髪の下を通して反対側の三つ編みと一緒にしてゴムで止めます。
  4. 後ろ髪をキレイに整えたら出来上がりです。

三つ編みがカチューシャのようになり可愛くアレンジすることができますよ。

2つ結びの三編みアレンジ

サイドで2つに結んでリボンなどの飾りを付けてアレンジする方も多いと思います。それだけでも十分可愛いですが、さらに三つ編みを付け加えることで華やかにすることができます。

  1. サイドで結んだ髪をキレイに三つ編みをします。
  2. 三つ編みができたら、反対側の結び目に毛先を持っていきカチューシャのようにし、毛先を飾りの下や、三つ編みの下に隠せば完成です。

少し手を加えるだけで、ただの2つ結びではなくなるのでアレンジに困った場合おすすめです。

結婚式で自分の子供がフラワーガールをすることになったら

子供が結婚式に出席するとき、フラワーガールをお願いされることもあると思います。バージンロードに花などをまいて歩くので、なにか気をつけることがありそうですよね。どんなマナーがあるのでしょうか。

フラワーガールは、子供も新婦と同じように白のドレスを着てもOK

フラワーガールはバージンロードを清める役目をするので、新婦のように清潔感のある華やかな雰囲気にする必要があるのです。

お願いされた場合、衣装を用意してくれることもあると思いますが、基本的には自分で用意します。

どんな色にしてほしいなど、花嫁の希望もあると思うので、どんな感じにしてほしいのか要望を聞くこともおすすめです。

フラワーガールはとても可愛らしく結婚式場にいる人みんなが笑顔になる演出なので、失敗しないようにしっかり準備しましょうね。

男の子が結婚式に出席する時のおすすめの髪型は

男の子の場合、髪も短いことが多いですし、ヘアアレンジを気にしていないという方もいると思いますが、男の子の場合もボサボサ頭で結婚式に参加するのはNGです。

男の子のヘアアレンジはワックスを付けて軽く整えるだけでもできるので参加する場合はセットしていくようにしましょう。

男の子のヘアアレンジ

ワックスを付け毛束感を出していきます。特に前髪がボサボサだと印象が悪くなるので、前髪の毛束感に気をつけるようにしてくださいね。

毛束をサイドに流れるように向けセットしていき、最後にスプレーで固めれば出来上がりです。

子供の髪の毛は大人よりも少ないことが多いので、ワックスをつけるときはつけすぎないように気をつけるようにしてくださいね。

また、男の子の場合はお父さんと同じ髪型にするのもおしゃれですよ。小さいお父さんのようになるのでとても可愛らしく感じるものです。髪型に困ったときはお父さんの真似をさせてみましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666