髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。
家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけではなく、子供も一緒に出席することもよくあります。
その時に子供に着せる服以外にも、髪型について悩むのではないでしょうか。
子供ならではの可愛さが活かせるような髪型にすることで、結婚式に出席する子供も楽しくさせてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

派手なサプライズは嫌、プロポーズを断るかも?女性の本音

派手なサプライズでプロポーズをされた時はとりあえずOKするけど、後でプロポーズを断る…そういった女性...

結婚式のパーティードレスの色は、どんなものが良いのか

結婚式に出席する時に準備するものの第一位とも言うべきアイテムのひとつがパーティードレスですよね。 ...

台風で結婚式の二次会を欠席する場合の連絡や対応のマナーとは

台風により急遽結婚式の二次会に参加できなくなってしまったとき、どのような断り方がスマートなのでしょう...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか? 彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

彼氏の浮気【同棲中】見極めるポイントとあなたにできること

同棲中の彼氏が浮気をしているかもしれない。そんな疑いがあるなら、まずは本当に浮気しているのかを知るこ...

結婚祝いのメッセージカードの簡単可愛い手作りアイデア

結婚祝いのメッセージカードを手作りしたいと思っても、不器用だからと諦めている方はいませんか? そこ...

冬に結婚式に行くことになったら、コートの下にはこれを着よう

結婚式への出席が決まった時に真っ先に悩むのが、「どんなドレスにするか」だと思いますが、それが冬の結婚...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

結婚式の衣装で新郎はどう選ぶべき?選ぶポイントを紹介

結婚式の衣装といえばやはり、ウエディングドレスですよね。では、新郎は何を着ればいいのでしょうか? ...

男友達と女友達で旅行!彼氏持ち女子の男女4人の旅行はアリか

彼氏がいるのに男友達に旅行に誘われたら、旅行に行ってもいいのか悩んでしまうものです。男女4人で女性も...

余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるよう...

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

ドタキャンの埋め合わせの仕方で脈のアリナシがわかる

ちょっと気になっている男友達を思い切ってデートに誘ってみたものの、直前でドタキャンなんてよくあります...

スポンサーリンク

結婚式に出席する子供の髪型などにもマナーはあるのか

大人が結婚式にお呼ばれしたときには、しっかり着飾って場の雰囲気に合うように髪も服にも気を配ると思います。ですが、子供も一緒に出席する場合、子供はどんな格好をさせればいいのか迷いますよね。

例え子供でも、普段着で寝癖のついたような髪で出席するのはNGとされています。

子供は制服を着て出席するといい

幼稚園や学校に通っている年齢で、制服があれば、その制服で出席することが可能です。

制服が汚れていないか確認して、キレイな状態で着るようにしましょう。また、足元はローファーなどのかっちりしたものにしてくださいね。

制服がない場合

男の子はスーツ、女の子はワンピースを用意し出席するようにしてください。

大人と同じで子供の場合でも白のワンピースはNGなので気をつけてくださいね。もちろん、このときにも足元はかっちりした靴を履くようにしてください。

そして、髪もだらしなくならないようにまとめたりして、清潔感のある髪型にするようにしましょう。

結婚式にぴったりな子供の髪型は、カチューシャやリボンで簡単に

結婚式に子供と一緒に出席するときは自分だけではなく子供の髪型も結婚式に合うようにアレンジしなくてはいけません。
ですが、子供の髪をアレンジするのは難しく感じる人も多いと思います。そんな方におすすめなのが、カチューシャなどのアイテムを使ったアレンジをすることです。

結婚式の簡単アレンジ

カチューシャを使ったアレンジ

コテを使って子供の髪を巻きます。そこに、リボンなどアクセントのついたカチューシャをつけるだけでとても華やかな雰囲気になりますよ。
とても簡単にできますし、髪が短い女の子にもおすすめのヘアアレンジです。

ウィッグを付けてゴージャスにアレンジ

シュシュのように使うことができるウィッグがあるので、お団子にした髪につけるだけでとても華やかにすることができますよ。

ウィッグを付けて更に、リボンやお花などのついたカチューシャなどをつければ可愛くアレンジすることができます。簡単にセットできるのでアレンジするのが苦手な方はぜひ試してみてくださいね。

結婚式に出席する子供の髪型は、女の子らしい三つ編みもおすすめ

ヘアアレンジをするのが苦手な方でも三つ編みくらいならできると思います。

子供だから似合う三つ編み

サイドの髪を三つ編みしてアレンジ

  1. サイドの髪だけをとって、毛先までキレイに三つ編みをしていきます。
  2. 両サイド三つ編みをすることができたら、毛先を持って、持ち上げ反対側の耳の後ろに持っていきます。
  3. 耳の後ろでピンで止め、更に後ろの髪の下を通して反対側の三つ編みと一緒にしてゴムで止めます。
  4. 後ろ髪をキレイに整えたら出来上がりです。

三つ編みがカチューシャのようになり可愛くアレンジすることができますよ。

2つ結びの三編みアレンジ

サイドで2つに結んでリボンなどの飾りを付けてアレンジする方も多いと思います。それだけでも十分可愛いですが、さらに三つ編みを付け加えることで華やかにすることができます。

  1. サイドで結んだ髪をキレイに三つ編みをします。
  2. 三つ編みができたら、反対側の結び目に毛先を持っていきカチューシャのようにし、毛先を飾りの下や、三つ編みの下に隠せば完成です。

少し手を加えるだけで、ただの2つ結びではなくなるのでアレンジに困った場合おすすめです。

結婚式で自分の子供がフラワーガールをすることになったら

子供が結婚式に出席するとき、フラワーガールをお願いされることもあると思います。バージンロードに花などをまいて歩くので、なにか気をつけることがありそうですよね。どんなマナーがあるのでしょうか。

フラワーガールは、子供も新婦と同じように白のドレスを着てもOK

フラワーガールはバージンロードを清める役目をするので、新婦のように清潔感のある華やかな雰囲気にする必要があるのです。

お願いされた場合、衣装を用意してくれることもあると思いますが、基本的には自分で用意します。

どんな色にしてほしいなど、花嫁の希望もあると思うので、どんな感じにしてほしいのか要望を聞くこともおすすめです。

フラワーガールはとても可愛らしく結婚式場にいる人みんなが笑顔になる演出なので、失敗しないようにしっかり準備しましょうね。

男の子が結婚式に出席する時のおすすめの髪型は

男の子の場合、髪も短いことが多いですし、ヘアアレンジを気にしていないという方もいると思いますが、男の子の場合もボサボサ頭で結婚式に参加するのはNGです。

男の子のヘアアレンジはワックスを付けて軽く整えるだけでもできるので参加する場合はセットしていくようにしましょう。

男の子のヘアアレンジ

ワックスを付け毛束感を出していきます。特に前髪がボサボサだと印象が悪くなるので、前髪の毛束感に気をつけるようにしてくださいね。

毛束をサイドに流れるように向けセットしていき、最後にスプレーで固めれば出来上がりです。

子供の髪の毛は大人よりも少ないことが多いので、ワックスをつけるときはつけすぎないように気をつけるようにしてくださいね。

また、男の子の場合はお父さんと同じ髪型にするのもおしゃれですよ。小さいお父さんのようになるのでとても可愛らしく感じるものです。髪型に困ったときはお父さんの真似をさせてみましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666