ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。
何事も下準備が大切!茎や葉の処理をしっかり行いましょう。
次は花選び。素敵に見えて扱いやすい花を選ぶこともポイントです。
後は花を束ねていくだけですが、まず手始めにミニブーケを作ってみてはいかがでしょうか。
コツを掴んだら、ちょっと難易度が高いブーケにも挑戦してみては?
素敵なブーケを作りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。30代で交際している彼氏と結婚について...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

テーブルコーディネートのコツ!結婚式を節約して素敵に演出

結婚式の費用を節約しようと考えたとき、テーブルコーディネートの部分でも何か節約することはできないか、...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

プラチナの結婚指輪の重さは?思い指輪と軽い指輪の違い

結婚指輪は愛の証!結婚式で指輪交換をした後、外さずに付け続ける方もいらっしゃいます。また毎日外さずに...

顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。顔合わせのイベ...

プロフィールムービーを自作するコツとおしゃれに見せる工夫

プロフィールムービーは機材さえあれば自作することができますが、どうせ作るなら、おしゃれなプロフィール...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。このとき、誰にエス...

婚姻届の提出先は?土日に婚姻届を受理してもらいたいときの方法

二人の記念日に入籍をしたいとき、その日は土日だった場合は婚姻届の提出先はどこになるのか気になる人もい...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

結婚式にお呼ばれした時におすすめなドレスの色をご紹介

結婚式にお呼ばれした時に、ドレスを決めると思いますが、その時にデザインと共に色選びが重要になってきま...

スポンサーリンク

ブーケの作り方のコツ、まずは下準備が大事

「結婚式で使うブーケを自分で作りたい」と思った時にまず一番に大切なことがあります。
それは下準備です。
下準備といっても何をやるのか初めてだと想像もつきませんよね。
大きく分けて2つあり、それほど難しくはないのできれいなブーケを作るためと思って面倒だと思わずにやってみましょう。

【用意するもの】

  • ブーケにする切り花
  • 切れ味の良いハサミ
  • 軍手(トゲなどが気になる人は用意してください)
  • 花をつける花瓶
  1. 葉の処理
    切り花には、茎の部分に葉がたくさんついていることがほとんどです。
    こうしたときは、ブーケにする時に邪魔になるので取り除きます。
    ブーケにした時に見える花の近くの葉を取り除く必要はありません。
    茎の真ん中から下の方にかけてハサミを使って切ったり、手で取れるものはとってもOKです。
    この時に、手の怪我には気をつけてくださいね。
  2. 水揚げ
    まず、切り花に水分を与えるために、茎の根元から2~3センチ程をハサミで切ります。このとき、まっすぐに切り落とすよりも斜めにハサミを入れて切ると、より茎を潰すことなく切ることができますよ。

これらの作業が終わったら、花瓶に水を入れて花を入れてくださいね。
そうすることで花が元気になりますよ。

ブーケの作り方で迷う、花選びのコツをご紹介

結婚式で使うブーケですが、選ぶ花の色やイメージ、大きさでブーケの印象がガラリと変わります。
自分で作ることの良い点として、費用を抑えることができることや結婚式のテイストやドレスのデザインなど自分の好みのものが作れるということがあるでしょう。

花の選び方のコツとして、ブーケの顔となるメインの花を一番最初に決めてしまいましょう。

その後に、メインの花を引き立てるような花を選び、葉ものや野草などグリーンが主体のものも一緒にブーケにしましょう。
そうすると、バランスの良いブーケを作ることができます。
また、選ぶときにはそれぞれの花や葉のイメージを統一するようにするとまとまりもあり素敵なものが出来上がるので意識してみましょう。

ブーケは茎の部分をまとめて作るので、茎が丈夫な花を選ぶとより、作りやすいでしょう。
また、造花とは違い生花は長持ちしないので、結婚式の前日に作ることになるでしょう。上手くできるか不安な方は、造花でブーケを作る練習をしておくと失敗も少なくなり安心ですね。

初心者におすすめ、簡単にできる小さなミニブーケの作り方と花を束ねるコツ

大きなブーケでは束ねるのが難しくても、サイズを小さくしたブーケであれば初めてでも簡単に作ることができますよ。
漠然と花をまとめて束ねるということはわかっても、実際は手順やコツがありますよ。

ブーケの束ね方のコツ

まず左手にメインとなる花を持ちます。
この時に力が入って茎をガッチリ握ってしまいそうになりますが、軽くまとめる程度の力になるように気をつけましょう。
そこに1本ずつ花を足していくのですが、まっすぐに束ねていくのではなく、茎が軽くクロスして花が斜めに沿うように足していきましょう。
すべての花をこのように入れていきましょう。
束になったら、茎の長さが揃うようにハサミで切ります。

その後、紐や、ブーケ用のテープなどで崩れないようにしっかりと束ねましょう。

基本的な束ね方ですが、左手の使い方や、花の足し方が難しく感じることもあるので練習しておくのをおすすめしますよ。

ウェディングのブーケを作るなら、手作りしやすいクラッチブーケがおすすめ

結婚式に欠かせないブーケですが、その種類はたくさんあるのを知っていますか。
結婚式に使われることの多いラウンドブーケや、ふわりとしていてボリュームのあるオーバルブーケ、輪っか状のリースブーケなどがあります。

中でも、「クラッチブーケ」は手作りが初めての人や、ものづくりが得意ではない方でも比較的簡単に作ることができるのでおすすめです。
ほかのブーケとは違い、先程の基本的な束ね方でブーケを作り、茎の部分に好みのリボンやレースなどでまとめるとそれだけでおしゃれなブーケの完成です。

クラッチブーケは茎の長さがしっかりと残されているので、とても持ちやすいです。
長さがしっかりある分、ブーケの状態でもしっかりと茎部分が見えるのでナチュラルな印象が強くなるでしょう。
また、シンプルに束ねた状態であるので花の種類によって可愛らしくもかっこよくも見せることができるので、こだわりたい人にはいいですね。

ブーケ作りに慣れたら試してみたい、丸いフォルムが可愛いラウンドブーケの作り方とコツ

先程も書きましたが、ラウンドブーケは結婚式で使われることが多いブーケの形です。
このブーケはラウンドという名の通り、丸みのある可愛らしい印象です。

ですが、クラッチブーケとは違い、作り方に少しコツがいるので慣れている方や手先の器用な方はラウンドブーケ作りにチャレンジしてみてください。

【用意するもの】

  • 好みの花
  • 葉やグリーンの草花
  • 紐やテープなど出来上がったブーケを束ねるもの
  • ハサミ
  • 好みのリボン

【手順】

  1. 葉や茎の処理など下準備をしましょう。
  2. ブーケのメインになる花を選びます。
  3. メインの花を左手に軽く持ち、ブーケのイメージの順番に花を左手に足していきます。
    このとき、先程紹介した基本の束ね方を参考に足していきましょう。
  4. 出来上がりの状態を確認しながら花を足していきましょう。
    入れる順番によっては、イメージと離れてしまうので確認は大切です。
  5. すべての花や葉を入れ終わったら、微調整をして茎の部分をゴムや紐、テープなどでまとめます。
  6. 最後に茎をハサミで切って揃えましょう。リボンで結んで完成です。
ラウンドブーケを作るコツがいくつかあります。
花は、丸みのある種類を選ぶようにしましょう。そうするとラウンドブーケがより可愛らしくできます。
また、ブーケを束ねていくときには茎がらせん状になるよう意識してください。
ここはラウンドブーケを作る時に重要なのでしっかりと行うといいでしょう。