結婚指輪と婚約指輪は違うブランドでもOK?重ね付けのコツ

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドだとダメなのでしょうか?確かに同じブランドの方が重ね付けをした時に統一感が出るでしょう。

しかし結婚指輪は自分の気に入ったブランドのものを付けたい。気に入ったデザインがある場合、無理をして同じブランドに統一する必要はあるのでしょうか。

そこで結婚指輪と婚約指輪のブランドを統一したほうた良い点、また指輪を選ぶ時の注意点や重ね付けのコツなどもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

旦那が子供っぽいから離婚したい!旦那を上手に育てる方法

旦那の子供っぽい性格に毎日イライラして、離婚を考えてしまう奥様もいるのではないでしょうか。特...

娘の結婚に反対!親が結婚に反対する理由と親を説得する方法

好きな人と結婚をしたいと思っても、親が結婚に反対をして結婚することができないという女性もいるのではな...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。何事も下準...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

年下彼氏との結婚を親が反対!認めてもらうためにできること

年下彼氏との結婚を親に反対されてしまったら悲しいですよね。反対されても彼と結婚をしたいなら、親に...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

結婚式の衣装で新郎はどう選ぶべき?選ぶポイントを紹介

結婚式の衣装といえばやはり、ウエディングドレスですよね。では、新郎は何を着ればいいのでしょうか?...

おしゃれで目を引くガーランドの作り方!顔合わせの写真に大活躍

両家の顔合わせの席も思い出の1つとして、写真を残される方が増えています。そして写真映えをする小道具を...

男が結婚指輪を外す理由!不倫している旦那への対処法を紹介

男が結婚指輪を外すときは一体どんなことが理由として考えられるのでしょうか。自分の夫が結婚指輪をせずに...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。仮にお礼を渡す場合、そ...

いとこの結婚式に着物で出席する場合、どんな着物にすべきか

いとこが結婚式を挙げるとなった時に少し困るのが、着ていくものです。友人であればドレスで決まりです...

結婚式は花でテーブルを華やかに!ポイントや節約術を紹介

結婚式では花によってテーブルを豪華に飾る演出が欠かせません。結婚式を華やかに彩るテーブル装花の演...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

スポンサーリンク

結婚指輪と婚約指輪を違うブランドで選ぶ理由

結婚指輪と婚約指輪を選ぶ時にブランドにこだわる必要はないと思います。同じブランドであれば重ね付けをした時に合うように作られているものはあるでしょう。もしそのセットで気に入れば勿論それでよいと思いますが、そのセット、どちらか一方でも気に入らないのであればブランドにこだわらずに他の指輪を探すと良いでしょう。

私は始めに「商品ありき」だと考えています。ブランドにこだわらずに可能な限り色々な指輪を見て、そのデザインが気に入り品質も良いようであればそれが購入するべき指輪だと思います。バーゲンなどで「○○のブランドなのにこんなに安くなっている!ちょっとデザインは好みじゃないけれど購入しよう」というのは始めに「ブランドありき」になっていて商品自体は二の次になっているように思います。

有名ブランドでもあまり素敵とは思えないデザインのものもあります。

ブランドにとらわれずに好きな指輪を選ぶ方がずっと気に入って使えるのではないかと思います。

ただ、ブランド品は往々にして品質も良いものです。アフターサービスが整っている場合も多いので、好きなブランドがある場合はまずはそこで見て、気に入ったのがあればそれに決める。無ければ他を見るで良いのでないでしょうか。

結婚指輪と婚約指輪を違うブランドすると気になる点について

同じブランドでないと重ね付けをした時に合わないのでは…と気にする人も居ます。確かに同じブランドであれば重ね付けした時に会うように設計された指輪が手に入ります。そこで気に入ったものがあれば勿論それが一番良いでしょうが、気に入ったものが無かったり、気に入った指輪がそれぞれ別のブランドであった場合はブランドを統一する事にこだわる必要はないでしょう。

結婚指輪の重ね付けに決まりはありません

自分が気に入った指輪を購入しておくと後々後悔しないでしょう。特別気に入ったデザインが無い場合は同じブランドで、単品でも重ね付けしても完璧にデザインされている指輪を購入すると間違いないでしょう。

結婚指輪と婚約指輪が違うブランドでも重ね付けが上手くいくコツ

重ね付けする場合、どういった組み合わせが合うのか考えてみましょう。

違うブランドの場合

同じ形の指輪を選ぶ

指輪の形を2本同じにすると重ねて付けたときに違和感がありません。ラインが真っ直ぐなもの同士、V字型同士、波型同士であれば2本の間に隙間が出来ずに一体化して見えます。

形がうまく組み合わせられる指輪を選ぶ

結婚指輪がV字で婚約指輪が大きめの石の付いた真っ直ぐな指輪にすると、V字のくぼみに石がはまり一体感が生まれます。

色を合わせる

金同士、プラチナ同士と同じ色の指輪を選ぶと統一感が生まれます。

色を変える

2本をあえて金とプラチナで別々にします。コンビの指輪のようになり、コーディネートの幅が広がります。ペンダントやネックレス、腕時計が金でもプラチナでも合うようになります。

石を合わせる

結婚指輪にも石の入ったものを選ぶ場合は、婚約指輪と同じ石を選ぶと一体感が生まれます。

とにかく実際に付けてみる事です。自分の指に合うデザインや太さは付けてみてはじめて分かるものです。

結婚指輪や婚約指輪を選ぶポイント

結婚指輪や婚約指輪はデザインも重要ですが、お店のアフターケアも大切です。万が一石が取れてしまったり、サイズが変わったときなどにどのように対応してもらえるのかを確認しておきましょう。
日常のお手入れ方法や取り扱いについても充分に聞いておきましょう。また、収納する箱はなるべく出し入れしやすいものを選ぶと良いでしょう。ガラス製でリボンで結ぶ収納箱などは素敵ですが、実用性に欠けます。
外しておく時には収納箱に入れないと、後にどこへ置いたのか忘れてしまったり紛失の原因になります。外したときはさっと収納箱を開けてしまえるように、開け閉めが簡単で取り扱いの簡単な箱が望ましいでしょう。

結婚指輪は自分が納得できるものを選びましょう

結婚指輪と婚約指輪にルールはありません。自分が気に入ったものを選ぶのが一番でしょう。

婚約指輪はダイヤが一般的ですが、私は優しいピンク色が気に入ったのでピンクサファイアの指輪を選びました。結婚指輪は指輪を付ける事に抵抗のある旦那さんでも付け易いシンプルなものにしました。結婚が決まり指輪を選ぶときはとてもわくわくして嬉しいものです。
しかし、窮屈なものを身につけるのが嫌いな私は結局指輪をしていません。旦那さんも同様で、箱にしまいっ放しです。今どこにしまってあるのかもすぐに思い出せません。
今となっては「指輪買わなくても良かったんじゃないかしら」と思ってしまいます。結婚式で必要だったので購入する必要はあったのですが、安いので良かったように思います。当時旦那さんは「もっと安いのでいいんじゃない」という雰囲気でしたが私は張り切って「大事なものなんだからそんなんじゃだめよ」と自分の意見を通して購入しました。
今では旦那さんの意見に私も賛同できます。

結婚式やそれにまつわる用品の購入はとても嬉しくて張り切ってしまうものです。しかし、結婚した後にあるのは生活です。結婚式のあれこれを決めている時にはたいした金額に思えずに「一生に一度だけの事だし!お祝い事だし!」と決めてしまいますが、生活が始まって落ち着いてみると「あんなに費用かけなければ良かった」「あのお金があれば○○が買えたのに」という意見を多く耳にします。

結婚はこれから始まる生活がメインです。そのための費用を大切に取っておく事はとても大切な事であると思います。