結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。

結婚が決まってすぐに報告した方がいいのか、入籍後のタイミングでも問題はないのかなど、実際に報告するタイミングについて悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

ここでは、結婚が決まったときの会社への結婚報告のタイミングについてお伝えします。結婚報告を行う順番などについてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

結婚はとてもプライベートなことです。周囲の状況やタイミングを考えて、結婚の報告をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか? ...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

友人スピーチの手紙の文例と感動するスピーチのポイント

仲の良い友人の結婚式に頼まれた友人スピーチ。結婚式の一場面として感動や喜びを伝えましょう! そこで...

入籍後に氏名を変更するものとは?まずは免許証からがスムーズ

入籍をして氏名を変更するときには、何から行うといいのでしょうか。できるだけスムーズに氏名変更をするに...

年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したい...

結婚式当日の雨にショックを受けないために今から入念な準備を!

屋外で結婚式を行う場合、当日ショックを受けてしまうのが雨です。 開放的な空間で自然を感じながら行う...

顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。 顔合わせのイベ...

結婚のめんどくさいを減らそう!親に挨拶に行くときの準備

結婚の挨拶がめんどくさい…親に挨拶や顔合わせをしたほうがいい理由とは? いざ結婚となると、相手...

ウェディングを挙げる時、髪型がショートの人はどうすれば良いの

ウェディングは多くの女性の憧れですが、その時の髪型はアップにしていたり、ロングヘアを垂らしているもの...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

遠距離恋愛の彼と結婚!仕事辞めたくないときの考え方と対処法

遠距離恋愛で愛を育んできた彼にプロポーズをされて結婚をすることになったとき、この先の人生を二人で生き...

入籍が決まった時に知っておくべき会社で必要な手続きについて

入籍を控えていると、なんだか気分も浮足立ってしまいますね。 ところで、会社への報告はもうお済みです...

旦那が子供っぽいから離婚したい!旦那を上手に育てる方法

旦那の子供っぽい性格に毎日イライラして、離婚を考えてしまう奥様もいるのではないでしょうか。 特...

スポンサーリンク

会社への結婚報告はいつ?入籍や結婚報告をする時期について

ついにあなたも結婚する事になりました。その結婚報告、会社勤めをしている方なら、いつ会社に結婚報告をするべきなのか、悩みますよね?入籍して奥さんやあなた自身の名字が変わった後の方が適切なのか、それともその後の方がよりマナーに適っているのか、疑問に思います。

結婚報告は入籍をする3-4ヶ月前が有力、でも入籍後でも問題はない

結婚式に会社の方も招待するのであれば、入籍する3-4ヶ月前が適切だと思います。結婚式の日取りも決まっているはずですから、自然と「結婚する事になりました」と話題にあがるはずです。

ですので、あなたが職場の方を結婚式に将来するつもりであれば、挙式や入籍の3-4ヶ月前が適切な時期になります。でも、ただ単純に結婚して、名字が変更されただけであれば、入籍した直後でも大丈夫です。それ程焦る必要もありません。

結婚したので、新しい名字はOOになりますと一言、上司の方に報告すれば、全く問題は無いと思います。

会社への結婚報告をいつするか決めたらまずは上司に報告を

今付き合っている方と入籍する事になった。準備も整え、市役所にも必要書類を提出し、受理をされました。晴れて、入籍も済まし、結婚報告をする事になります。

どんな仕事をしていても、あなたが結婚をしたのであれば、その報告はすべきです。順番としては、会社の中でも地位が高い、上司にまず報告し、全員がいる場、例えば朝礼などで、「OOさんが結婚しました」と報告してもらう形を取りましょう。

上司から会社全員に結婚報告をしてもらえば、会社全体から祝福されます。ですが、逆に同僚だけに報告するとなると、上司からも少し怒られるかもしれません。「どうしてそんな重要な事を上司にまず報告しなかったのですか」と一言言われるかもしれません。そうならない為にも、まずは上司に報告です。

退職の手続きの時も、2週間前くらいには上司に報告するべきです。結婚報告も一緒です。まずは上司に名字が変わった事、結婚した事を報告し、全員の前で結婚報告をしてもらいましょう。

会社の上司への結婚報告はいつ時間があるか予めアポイントメントを取ること

女性にとっても、男性にとっても、とうとう「結婚」をするとなると心が騒ぎます。会社の上司にもウキウキの気分で結婚報告をする事になりますよね?

でも、その時に少し注意して欲しい事があります。

上司に結婚報告をすることになりますが、上司も忙しく、あなたが都合が良い時間にうまく時間をとれないかもしれません。会社によってルールも違うとは思いますが、メールで「少しお時間頂けませんか?」など忙しい上司のスケジュールを割いて貰いましょう。

あまり結婚報告を人前でする方もいないと思います。職場とは別の部屋で「実はO月O日に入籍しました」と上司に落ち着いた空気の中で結婚報告ができる時間を作ってもらいましょう。

会社としても嬉しい報告

あなたの上司も喜んで時間を割いてくれると思います。今ならLINEでも対応する会社も中にはあります。会社のメールやLINEで時間を割いてもらい、上司と結婚報告について話す時間を作りましょう。

会社への結婚報告をするときのルール!今後の状況や自分の立場を踏まえて結婚報告を

これから結婚する方は、会社に結婚報告する際、結婚を機に退職するのか、そのまま勤務するのか、会社とも話す事になります。

そのまま勤務するにしろ、名字の変更は必要です。また、結婚を機にして退職をするのか、もしくは、雇用形態をこれから変えるのか、会社とも話し合いの場を持つことになります。

あなた自身、何をどうするのか、決断しなくてはいけません。仮に職場恋愛の末の結婚なら、旦那さん、奥さんと同じ課にはいれなくなり、別の課にどちらかが移動になることもあります。その辺は結婚報告をする際に、会社ともよく話し合い、指示に従って下さい。

派遣の場合も、保険の名前が変更になるなど、手続きが必要になります。担当の方と相談して下さい。結婚後、同じ職場で継続して働くのか、旦那さんともよく話し合って決めましょう。退職するのも良し、パートなど、勤務時間を短縮するのもどちらでも良いと思います。

結婚式に招待する場合・招待しない場合の上司への結婚報告について

結婚報告を会社の上司に言う際、少し注意して欲しい事があります。それは、上司への報告の仕方も、結婚式に招待する場合と、招待しない場合で言い方に差が出ます。

結婚式に上司を招待する場合

この場合の結婚報告はストレートに会社の上司に報告して、全く問題ありません。結婚報告をし、結婚式の日付も上司の報告します。そして、「お時間があれば、是非お越し下さい」と招待するだけです。会話の流れもスムーズだと思うので、それ程困らないと思います。

会社の人は結婚式に呼ばない場合

結婚報告はするけれど、結婚式には会社の上司を呼ばない場合は、言葉遣いに注意が必要です。「入籍はするのですが、式については親戚のみで行う予定です」など、結婚式が小さい事、あまり人を呼ばない事を強調すべきです。

その言葉が無いと、「どうして結婚式に呼んでくれないの?」と不思議に思われます。そうならない様に、一言、「身内のみで行います」と付け加えましょう。

結婚報告をいつ会社にすべきなのか、上記の記事で説明しました。結婚後の事も含めて、会社とはよく話し合いましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666