幼馴染と結婚すると離婚しにくい?離婚しやすい夫婦について

幼馴染と結婚した場合は離婚しやすいのでしょうか?実は、幼馴染との結婚は離婚しにくいと言われています。離婚しにくい理由にはどのようなものがあるのでしょう。

結婚生活で問題となりやすいのが、嫁姑問題ですが幼馴染の場合はお姑さんがお嫁さんの味方になってくれるというのも大きいかもしれませんね。もちろん、逆もあるでしょう。
しかし、幼馴染だからこそ合わないということもあるでしょう。結婚生活が上手くいくコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。友...

年賀状で結婚報告をするのはOK?旧姓の記入方法もご紹介

年末が近づくと年賀状の用意をしなくてはいけませんよね。結婚をしたばかりの家庭だと、結婚報告を年賀状と...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。結婚...

子連れ女性の再婚・男性の気持ちと子供の気持ちを理解して再婚を

一度離婚を経験したシングルマザーの中には、お付き合いをしている男性にプロポーズをされ、子連れでの再婚...

結婚式の準備で疲れたと感じる女性へ。準備疲れを解消する方法

結婚式の準備を始めると、思っていた以上に決めることがたくさんありすぎて、結婚式の準備に疲れたと感じる...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

幼馴染から結婚式のスピーチを頼まれたときの内容について

幼馴染の結婚式でスピーチを頼まれたときにはどのようなことを話したらいいのでしょうか?大勢の前...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

年下彼氏との結婚を親が反対!認めてもらうためにできること

年下彼氏との結婚を親に反対されてしまったら悲しいですよね。反対されても彼と結婚をしたいなら、親に...

白無垢に洋髪+生花スタイルが大人気!生花選びのポイント

和装の結婚式では花嫁さんは白無垢を着ますが、最近は白無垢に洋髪+生花を合わせた、日本の伝統を取り入れ...

両親へ結婚の挨拶をする場合の順番と当日やってはいけないこと

彼氏からプロポーズされたら、次はお互いの両親へ結婚の挨拶をするという流れになるでしょう。そこ...

プロポーズの花束をキレイに保存しておく方法

プロポーズでもらったキレイな花束。一生の記念にキレイなまま長く楽しむことはできるのでしょうか?最...

スポンサーリンク

幼馴染との結婚は離婚しやすい?しにくい?価値観が合っていると離婚しにくい

幼馴染と結婚した場合、離婚率は低い傾向にあるようです。

それにはさまざまな要因がある事が考えられます。

まず、幼馴染ということで年齢が近いことが考えられます。
年齢が近い方が話が合ったり価値観の近いことが多いようです。

また、住んでいる場所が近いと育った環境も同じで似たような価値観を持つ場合が多いです。
地域性が似ているだけで親近感がもてて話も自然と弾みますよね。

また、幼馴染の場合はお互いの親の事を知っていたり、親同士が知り合いの場合が多いです。
親もそれぞれが知っている人なので結婚相手に対する安心感を感じることができるでしょう。

そのため、嫁姑問題などもあまりなく良好な関係を結べる場合が多いです。

結婚するということは自分たちだけでなくお互いの家族が新しい家族となりますので、トラブルもやはり起こってしまいます。

幼馴染同士だとそういった問題もあまり大きくならないのも離婚率が低い要因となっているのかもしれません。

結婚と離婚…幼馴染だからこその上手くいかない理由

幼馴染と結婚した場合、離婚率が低い傾向にある事をお伝えしました。

しかし、幼馴染だからこそ結婚生活を送る上で衝突することもあります。

先ほどお伝えしたように幼馴染だとお互いの家族同士が知り合いだったり、住んでいる地域も同じである場合が多いです。

この事が要因で仲良くいく夫婦もいますが、反対にもめごとも起こる場合があります。

例えば、実家に帰る場合は自分だけの実家に帰るわけにはいかずにどちらの家にも顔を出す必要も出できます。

また、実家同士が近いと万が一夫婦間や家族間でもめ事が大きくなった場合により気まずい思いをしなくてはならなくなるでしょう。

これはお互いの家族だけでなく、友達にも同じことが言えるでしょう。

幼馴染ということは自然と共通の友達が多くなります。

共通の友達が多いと友達を通して相手の聞きたくない情報なども耳に入ることもあるでしょう。

また、友達に夫の相談をする場合は気を付けるようにしましょう。
相談した友達も夫の友達である場合は、相談したことや愚痴なども相手に筒抜けになってしまうこともあるでしょう。

愚痴を言う場合は夫と関わることのない友達の方が安全です。

幼馴染との結婚で離婚とならないようにするには

幼馴染と結婚する場合、ついついお互いを知りすぎている為トラブルになることがあります。

昔から親しい中だとついつい遠慮がなくなってしまってはいませんか。

いくら幼馴染だといってもしっかりお互いの距離感は大切にする必要があります。

ついつい親しいと自分のわがままを言ってしまって相手と衝突することがあるでしょう。
やはりもともとは他人ですから、お互いがお互いの考えを尊重して接することが大切です。

親しき仲に礼儀ありということで、相手のあまり良くない過去の事もなるべくは触れないようにしましょう。

幼馴染ということはもちろん相手の過去についてもいろいろ知っていると思います。
相手の事を良く知っているので無神経なことをポロっと言ってしまいがちですが相手の気持ちを考えてから発言するようにしましょう。

知っていても相手の嫌だと感じる過去については知らないふりをすることも大切です。

離婚しにくい夫婦とは?結婚生活のポイント

幼馴染と結婚した場合でも、そうでない場合でも結婚生活は夫婦の仲が良いに越したことはないですよね。
良い夫婦仲を保つためには、しっかり相手の気持ちを大切にすることが大事です。

幼馴染の場合、お互い遠慮がなくなってしまい言いたいことを全て言ったり相手の事をないがしろにしてしまう場合があります。

いくら昔から仲が良かったとしても言っていいことと悪いことはしっかり判断してください。

「親しき中にも礼儀あり」という気持ちは常に持っておきましょう。

結婚生活が続くとつい相手の行動が気になってしまう場合がでてきます。
こういった場合でも自分の考えをただ押し付けるのではなくしっかり話し合って相手の気持ちを尊重することも大切です。
自分が時には折れることも必要な場面もあります。

一方で、自分の思っていることはしっかり相手に伝えていきましょう。
伝え方も相手の事をしっかり考えて言葉を選ぶことが大切です。

幼馴染との結婚はデメリットよりもメリットのほうが多い

上記では幼馴染と結婚することで考えられるメリットやデメリットをお伝えしていきました。

これらを踏まえても、やはり幼馴染と結婚することの方がメリットが多いのです。

幼馴染は、年齢も近く、育った環境も同じで、それぞれの家族の事を知っていることは結婚においてかなり大きなメリットになります。

このことは、夫婦の価値観が似る要因にもなり結婚してから考え方の違いによる大きなもめ事が起きづらくなります。

また、共通の話題もたくさんありますので毎日話すことにも困らず楽しい結婚生活が送れるでしょう。

年齢も近く親しい仲だと、お互いが対等な関係を築けてよりよい夫婦関係になるでしょう。