結婚式でのボレロは黒にしたい!ボレロの選び方やマナーを紹介

結婚式ではワンピースの上にボレロなどの羽織を羽織る女性が多いです。黒いボレロを持っているなら、これから招待された結婚式でも活用することができます。

そこで、結婚式で黒いボレロを活躍させるためのおすすめや正しいマナー、注意点などお伝えしていきましょう。

これで、お手持ちの黒いボレロを結婚式で着こなすこともでき、さらに結婚式で知っておきたいマナーもわかるので、お呼ばれのときの服装選びに悩まなくなるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フラッシュモブを結婚式でしたい!簡単そうで実は難しい

結婚式でフラッシュモブをしてみたいけれど簡単には出来なそうですよね。成功させるにはどのようなことが必...

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。30代で交際している彼氏と結婚について...

プレゼントに彼女がもらって嬉しいアイテム【10代女子に人気】

10代の彼女へのプレゼントに、どんなものを贈ろうかお悩みの方はいませんか?誕生日やクリスマスなどの記...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか?...

大学生の彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント!失敗しない選び方

クリスマスはカップルにとって大切なイベントです。彼氏へのクリスマスプレゼントを選ぶ時には、どんな物が...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

余興ムービーのアイデア【結婚式】おもしろ・感動のアイデア集

結婚式の余興はどんなムービーにしようか、ムービーのアイデアを一生懸命に考えている人もいるのではないで...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。このとき、誰にエス...

外国人の結婚式での、服装のルールはどのようなものか

日本人の結婚式に参加しようと思った時に、自分の好きなデザインや色の服を好き勝手に着るわけにはいきませ...

年の差があるカップルの結婚は最高なのかそれとも否か

結婚をするカップルの多くは、同い年か、年の差があってもせいぜい2歳差や3歳差程度です。とはいえ、...

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。...

結婚はタイミングと縁がポイント!幸せになるためにできること

結婚はタイミングとよく言いますが、それと同時に良いご縁に恵まれるタイミングこそが、それに繋がるのでは...

結婚式の装花を節約しながらも華やかで素敵な式にする方法を紹介

結婚式の装花を節約したいけど、寂しい結婚式にならないかと不安なあなた。結婚式をできるだけ節約する...

スポンサーリンク

結婚式で明るいカラードレスを着るなら黒のボレロがおすすめ

黒のボレロは結婚式お呼ばれにもぴったりなアイテムです。

黒のボレロの着こなし方

明るいカラードレスに合わせるのがおすすめ

ピンク、ライトグリーン、ベージュなどの明るいカラーのドレスには黒のボレロがぴったり。華やかながら、大人っぽく正装感があります。

「年齢的に明るいカラードレスはちょっと…」

「ピンクやベージュのドレスは白っぽく見えてマナー違反になってしまうのでは?」

という場合も、黒のボレロを羽織れば大丈夫です。

コサージュをつけて華やかに

黒のボレロはシンプルなアイテムなので、お祝いの場にはコサージュをつけたり、フリルやリボンなど装飾がついているものを選んで華やかに着こなしましょう。

ボレロの形もさまざま

黒のボレロと一口に言っても、ジャケット風ボレロ、ドレープボレロ、スリット入りボレロなどさまざま。

ジャケット風ボレロは上品なきちんと感が出せて、ドレープボレロはエアリーな襟のウェーブが女性らしい華やかさを演出します。

なりたい雰囲気やドレスに合わせて、お気に入りの形のものを選びましょう。

結婚式で黒いボレロは活躍!肌の露出を控えるのもマナー

肌の露出を抑えるのにもボレロは最適です。

肌の露出を抑える

ノースリーブや胸元の出るドレスは昼間の結婚式にはふさわしくないので、ボレロを羽織って露出を抑えましょう。

透け感の強いものだと肌が透けて見えてしまうので、昼間の結婚式の場合は肌を隠せる素材がベストです。

肌寒い季節にもボレロはぴったりです。

体型隠しにもぴったり

ボレロは二の腕隠しにもなります。二の腕が気になる方は袖がひらひらとしたフレアなものや、バルーン袖のもの、肘下まで袖の長さがあるものがおすすめ。

大人っぽく落ち着いた雰囲気も出せます。

黒ボレロは引き締め効果抜群なので、華奢に細く見せることができます。

結婚式で黒いワンピースを着るときは明るいカラーのボレロを合わせましょう

結婚式に黒のボレロを合わせるときに注意したいのが、「全身黒」はNGです。

全身黒はNG

黒のドレスに黒のボレロを合わせると全身真っ黒になってしまい、喪服を連想させてしまうのでお祝いの場である結婚式には不向きです。黒は選びやすい色なので、友人同士でかぶってしまい撮影写真が黒っぽくなってしまったというケースも…。そうならないように配慮することが必要です。

黒のドレスには明るいカラーのボレロを

ドレスが黒の場合は、ボレロはベージュやライトグレーなど明るい色のものを合わせるのがおすすめです。バランスも良くなります。

小物、アクセサリーで華やかに

全身黒になってしまった時は、小物やアクセサリーを工夫しましょう。パールのネックレスや、明るい色のパーティーバッグ、明るい色のパンプス、コサージュや髪飾りを合わせて華やかさをプラスすれば結婚式もOKです。

結婚式で羽織るボレロを選ぶときは素材に注意すること

結婚式に羽織るボレロは素材感も大事です。

ニットや綿素材はNG

ニットや綿素材のボレロはカジュアルな印象になってしまいますので、結婚式にはNGです。

見た目にはわかりにくいから…と思っても、華やかに着飾るゲストが多い中で意外と目立ってしまうもの。サテンやシャンタンなど、光沢感のある生地が華やかでおすすめです。

シフォンやレースなども柔らかい雰囲気が出せて夏場にもぴったりです。

派手な柄、模様はNG

柄や模様が入ったボレロも、カジュアル感が強いです。花柄などエレガントな柄のものもありますが、結婚式では主張しすぎてしまいますので避けましょう。

ラメやスパンコールは要注意

ラメやスパンコールがあしらわれたボレロは、結婚式が行われる時間帯によっては要注意です。ギラギラした豪華な衣装は昼間の結婚式には不向きです。夜の結婚式でしたらOKなのでばっちり着飾りましょう。

季節感に合わせた素材を選ぶ

春夏はシフォン素材のボレロ、秋冬はベロア素材のボレロなど季節感に合わせた素材を選ぶとより素敵です。

正装する場合はストッキング選びのマナーにも気をつけましょう

結婚式は足元も重要です。実は見落としがちなマナーを改めてチェックしておきましょう。

生足はNG

フォーマルの場に生足はNG。暑い夏場であっても、ストッキングの着用は必須です。

ストッキングは肌色を

基本的にストッキングは肌色、ベージュのものを履きましょう。着圧タイプは足が綺麗に引き締まっておすすめです。またラメ入りでほのかに光沢感のあるベージュのストッキングや、ストーンが入ったデザインのものもありますが、派手なものでなければそちらもOK。足元が華やかになります。文字や絵柄が入っているものは、結婚式にはNGです。

黒タイツ、黒ストッキングはNG

ボレロが黒だとタイツやストッキングも黒の方が合いそうと思ってしまいますが、お葬式を連想させるため、結婚式に履くのはやめておきましょう。

また網タイツも場にそぐわないためタブーです。ラメ糸を使用したものや、レース調、ドレッシーなデザインを施した模様入りの黒ストッキングもありますが、こちらも結婚式参列には不向き。友人同士のカジュアルな結婚パーティーや二次会の場合はOKです。

真冬でストッキングだけだと辛い場合は、会場までの移動は厚めのタイツを履いて、会場に着いたら肌色ストッキングに替えるというのも一つの手です。

カラーストッキングもNG

カラーストッキングもカジュアルなアイテムなので、結婚式には避けたほうが良いです。花柄、ドット、ボーダーなどの柄入りも不向きですので気をつけてください。