結婚式の衣装で新郎はどう選ぶべき?選ぶポイントを紹介

結婚式の衣装といえばやはり、ウエディングドレスですよね。では、新郎は何を着ればいいのでしょうか?

花嫁のドレスにばかり注目しがちですが、主役なのは新郎も同じです。そして、花嫁ほどとはならなくとも衣装代はかかります。

なかなか着ることのないこの衣装、好きなものを選んでください!とは言ってもどんなものにしたらいいのかよくわかりませんよね。花嫁のドレスに合わせてこんな衣装を選びましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人の結婚式での、服装のルールはどのようなものか

日本人の結婚式に参加しようと思った時に、自分の好きなデザインや色の服を好き勝手に着るわけにはいきませ...

結婚式のドタキャンの理由について伝え方や気をつけたいマナー

出席予定だった結婚式を急遽ドタキャンしたいときは、理由について悩んでしまいます。結婚式にどうしても行...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

新郎のグローブは100均でも買える!結婚式の衣装節約術を解説

結婚式は何かとお金がかかるものです。結婚式の費用をなるべく節約して、なおかつ素敵な結婚式を挙げたいと...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

遠距離のまま結婚する場合に必要な手続きについて徹底解説

遠距離恋愛からいよいよ結婚するとなると、どんな手続きが必要になるか調べ始める人も多いでしょう。...

造花ブーケは安いがメリットもたくさん!造花ブーケの選び方

ウェディングブーケを生花ではなく造花にする人が増えていますが、その理由は価格が安いこと。でも安い...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

披露宴や二次会で着るドレスは、花嫁にどんなものがおすすめか

披露宴の時に着るドレスを選ぶのは、花嫁にとって楽しみなことのひとつですよね。しかし、多くの場合、...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

シングルマザーの再婚に失敗しない相手選び!幸せな再婚をしよう

シングルマザーとして子供を育ている人の中には、将来再婚をして新しい家庭を築きたいと考えている人もいる...

入籍後の手続きで免許証を変更するときに準備するものについて

入籍後に免許証の手続きをするときにはどのようなものが必要なのでしょうか?免許の変更には、本籍が記載さ...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

スポンサーリンク

結婚式の新郎の衣装とは?タキシードを着る人が多い

男性の正装は4種類

モーニング・フロックコート・燕尾服・タキシードが男性の正装なのですが、4種類全部どのような形のものか知らない人も多いのが事実です。

特にフロックコートは伝統的な昼の正装なのにもかかわらず、着用率も少なく知名度も4種類の中では一番低いといわれています。

モーニングや燕尾服は父親が着るイメージが強いこともあり、新郎の結婚式の衣装で人気があるのはタキシードとなっています。

タキシードはもともと夜の準礼装

時代の移り変わりに伴い昼も夜も正礼装として着る人が増えてきました。

フロックコートよりもカジュアルな印象

格式ばらない結婚式を選ぶ人が増えてきている現代の傾向としては当然なのかもしれませんね。

現在ではデザインが豊富で着やすいためにタキシードを選ぶ人がとても多くなっているのです。

結婚式の新郎の衣装はどう選ぶ?花嫁のドレスに合った色にしましょう

タキシードの色選びも結婚式の上ではとても重要です。色の選び方で新郎新婦が並んだときの印象が全く違うからです。

荘厳な会場や新婦さんのドレスに合わせるのであれば、タキシードも白にして統一感を出すのもいいでしょう。また、同じようなシチュエーションでシルバーやゴールドもおすすめです。

新婦の白を際立たせつつ華やかな印象になるように

格式ばった形や、新婦さんのドレスがシンプルなものなら黒の秋シードがおすすめですよ。定番カラーなので合わせやすく、場に馴染みます。

カジュアルウエディングでおすすめなのが、グレーやブルーのタキシードです。派手になりすぎないのであまり目立ちたくないという人には特におすすめですし、カジュアルウエディングなら会場も新婦さんのドレスもカジュアルなので、二人で並んでも馴染みます。

グレーだとぼやけて見えるのが嫌だと言う人にはブラウン系の色もおすすめです。ブラウンの場合は馴染みすぎてしまう可能性もあるので、少し光沢のある生地だと尚良ですね。

ネクタイ?蝶ネクタイ?新郎の衣装にタキシードを着る場合

新郎のネクタイは3種類

  • 普通のネクタイ
    色でも色物でもOKですが、黒は不祝儀となってしまうのでNGという点だけ気をつけましょう。
  • 蝶ネクタイ
    特に色のルールやマナーはありません。
  • アスコットタイ
    日常で着用する機会がとても少ないので、名称を聞いてもピンと来ない人もいるかもしれませんね。

アスコットタイとは、全体的に太いタイで結び目から広がってふんわりとした印象になるタイのことで、その見た目から蝉ネクタイとも言われています。

襟元を開けて首に直接巻く人も、ボタンを閉めて襟の下で結ぶ人もいますが、れっきとした正装です。ボリュームもあってエレガントな印象になります。

タキシードに合わせるタイは基本的に自由

新婦さんのドレスや会場の雰囲気に合わせて選んでかまいません。

ただし黒いタイをつけたいのであれば普通のネクタイはNG

黒いネクタイはお葬式を連想させるため結婚式では使えません。

お店に行くと種類が豊富でかなり悩んでしまうので、どんなタイがいいか自分ではよく分からない、迷ってしまって絞れないという人は、お店の人に聞いてみるといいですよ。

着る予定のドレスの画像を見せると店員さんもイメージしやすくなるので、より具体的なアドバイスをもらえます。

結婚式の新郎の衣装費用とは

一度しか着ないからレンタルで済ませたいけど、式場でレンタルしたらいくらくらいかかるのかとても気になるところですよね。

タキシードのレンタル料はおよそ10~15万円程度

実は購入しても同じくらいなので大差はありません。

また新郎には他にもシャツ胸ポケットに差すブートニアと、手にはめるグローブ、ネクタイ、靴の料金がかかります。

ブートニア

式場によって新婦さんのブーケとセットになっていることもありますが、そうでない場合の金額は5,000円弱と考えていいでしょう。

グローブもタキシードとセット料金になっていることが多いのですが、有料の場合は2,000円弱かかります。

式場からレンタルする場合は5,000~7,000円ほどかかります。ぴったりのものがあれば持ち込むことも出来る場合もあうので、衣装合わせのときに式場のスタッフさんに確認しましょう。

タキシードの中に着るシャツ

レンタルだとクリーニング料金も発生するため2万円以上する場合もあります。購入するのであれば5,000~15,000円で済ませられるので、一度しか着なくても購入したほうがお得です。

ネクタイ

どんなタイプのものでも価格に大きな違いはありません。上質のものであれば1万円以上しますし、安価なものを選べば6,000円~9,000円ほどで用意できます。

簡単に計算すると総額13万円~19万円ほどかかる

新婦さんのドレスのレンタル代が20~35万円ほどなのでとても安く感じられますが、大きな出費には違いありませんね。

新郎は結婚式でお色直しをしないのもあり

披露宴では少なくとも1度はお色直しをするカップルが多いのですが、最近では新郎がお色直しをしない傾向が強くなってきています。

理由としては、タキシードのレンタル料をカットして、その分新婦さんの衣装代に充てたいと考える新郎さんが多いということと、ただ単に節約したいという人も多いことが挙げられます。

ただし一度退場して何の変化もないまま再び入場というのも味気ないことから、新郎は小物だけ変えて入場するパターンが増えてきました。

変えやすいアイテムとしては、ネクタイ、ブートニア、ベストですね。

特にネクタイは、普通のネクタイから蝶ネクタイに変えたりと、変える場所は小さいのに雰囲気が違ったものになるのでプチお色直しとして人気があります。

ベストを新婦さんのお色直し後のドレスのカラーと統一する人も多いですよ。お色直し後はジャケットを羽織らず少しカジュアルな雰囲気で入場する新郎さんもいます。

胸ポケットのブートニアをチーフに変えるというアレンジもありますし、披露宴会場やドレスに合わせて色々楽しんでみましょう。

新郎の衣装だけでも決めることや用意するものが多いので、結婚式の準備は途中どこかで妥協する人もとても多いです。

もちろん手を抜けるところはどんどん抜いていいと思いますが、新郎新婦の衣装は写真としても後々まで残るもの。どこかで妥協すると、後から写真を見たときにも思い出してしまいます。

何度も写真を見返したくなるくらい、満足のいくまでしっかり衣装や小物選びをしましょう。