赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があります。
赤口は仏滅に次いで凶とされている日のようですが、ある時間帯だけ吉日になると言われています。
そこで、赤口に結婚式を挙げる場合のポイントや注意点をご紹介したいと思います。
六曜を気にしないのでれば赤口に結婚式を挙げるのも考え方の一つですが、親が日にちを気にする場合もありますので注意も必要でしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人の結婚式にもご祝儀はあるの?知って驚く海外の結婚式事情

日本の結婚式ではご祝儀という風習がありますが、外国人の結婚式にもご祝儀はあるのでしょうか。 今回は...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。 仮にお礼を渡す場合、そ...

両家顔合わせに兄弟を呼ぶ場合にかかるお金は自分たちの負担です

結婚することが決まり、両家顔合わせの食事会を開催するとなると、結構なお金がかかります。さらに兄弟を呼...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。 職場や友...

シングルマザーの再婚・失敗しない再婚相手の条件と再婚方法

シングルマザーが再婚を考えた時、次こそは幸せな結婚生活をおくりたいと考えるものです。子供と一緒に幸せ...

ドタキャンの埋め合わせの仕方で脈のアリナシがわかる

ちょっと気になっている男友達を思い切ってデートに誘ってみたものの、直前でドタキャンなんてよくあります...

入籍後の手続きで免許証を変更するときに準備するものについて

入籍後に免許証の手続きをするときにはどのようなものが必要なのでしょうか?免許の変更には、本籍が記載さ...

プロポーズで貰ったバラを保存する方法について知りたい

プロポーズの時に贈られて一番うれしい花といえばバラですよね。 貰った後でお部屋に飾って楽しむのも良...

結婚式でのご祝儀の渡し方の基本的なマナーやタイミングを紹介

結婚式のご祝儀の渡し方についてよくわからないという人もいるのではないでしょうか?初めて招待された結婚...

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドでもOK?重ね付けのコツ

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドだとダメなのでしょうか?確かに同じブランドの方が重ね付けをした時に統...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。 友...

年賀状は結婚式後に両親へ出すべき?年賀状の書き方

結婚式後に両親へ年賀状を出すときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? お正月に...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

スポンサーリンク

赤口に結婚式に挙げるなら午後が良いと言われる理由

私は六曜をなんとなく気にしています。昔から両親が「車の納車は大安」「病院へ始めてかかる日は大安」「良くない事が起こったと思ったら仏滅だった」などという話を聞かされて育ったので、その影響を受けて六曜が気にはなります。
しかし、「大安の日が良い」「仏滅の日だから悪い」という根拠について考えてみましたが、全く見つけることはできませんでした。

赤口は祝い事を行うには大凶であるとされていますが、午前11時から午後13時までの昼間の間だけは吉とされています。

年配の方では六曜を気にする方が非常に多いですが、「昔からそう言われているから」という理由だけでお日柄を気にしている場合が殆どでしょう。結局明確な理由無く昔からの伝承でお日柄和決められています。赤口の昼間だけが良しとされるのも、昔から良しとされているためです。
しかし、その「昔からそう言われている」というだけの根拠で結婚式場のお値段は異なってきます。大安を好む人が多いので大安から式場は埋まり、費用も高くなります。
六曜を気にしない人にとっては、意味もなく安い日があるのでそういった日を選ぶとお得になりますね。

ところが実際はなかなかそういった日を簡単に選べません。結婚式は二人だけのものではないからです。親や親戚も参加するので、そういった身近な人々の中に六曜を気にする人が居る場合にはお日柄の悪い日を選ぶと反対されてしまいます。こういった時に、結婚とは家と家との繋がりを作ることで自分たち個人だけの問題ではないのだという事を思い知らされるものです。

午後からの結婚式なら問題ないと言われている赤口は、仏滅と違い意外と人気があり狙い目の日

赤口でも吉となる時間帯は午前11時から午後13時までなので、午後からなら問題ないというのはおかしな話です。厳密に問題ないのはその2時間の間だけです。それなのに赤口は午後からなら問題ないと言われるのは、赤口の日でもなんとか結婚式を入れたい結婚式場や六曜による拘束をできるだけ緩和したい人々によってそう言われるようになったのではないかと考えられます。結局六曜的にお日柄が悪いからと実際の結婚生活に影響を及ぼす事は無いでしょう。しかし、「お日柄の悪い日に結婚式を挙げてしまった」とずっと気にしていると、それが原因で本当に悪くなっていく事はあると思います。「病は気から」というのは本当で、人間は精神的問題から病気になってしまう事があります。
反対に、六曜を全く気にしない場合は仏滅に結婚式を挙げても全く問題は起きないでしょう。気にしない人は自分の結婚式が六曜で何の日だったのか覚えてもいないでしょう。六曜にこだわらなければ仏滅はとってもお得に結婚式が挙げられるラッキーデイです。

しかし、仏滅はその字面を見るからにして良くない雰囲気が漂っているので、やはり避ける人は多いです。それに比べると赤口は祝い事には良くないと知らない人も沢山居ます。字面を見ても「赤」と「口」なので、特別に悪い印象は受けません。そのため「仏滅はあんまりだけど赤口なら。費用も安いし。」と赤口を選ぶカップルは意外と多いようです。

結婚式だけじゃなく入籍も赤口なら午前11時~午後1時がベスト

入籍も祝い事なので、やはり仏滅や赤口は良くないお日柄となります。しかし、例の赤口のお昼時間午前11時から午後13時までは吉となります。入籍という二人の結婚を法律的に成り立たせる大切な届出を二人で一緒に行いたいと思うカップルは多いでしょう。どちらか一方に任せて「実は届出していませんでした」などという事になっても大変ですしね。二人とも働いていて大安の日を選んで届出に行けないという場合は、赤口の昼間2時間に届け出るのも良いでしょう。気を利かせてくれたように調度お昼時間なので、昼休みに出すことができる方も多いでしょう。

六曜を気にしないのであれば、赤口の結婚式はメリットが多くおすすめ

六曜を気にしない場合は仏滅が最も安価でお得なのですが、さすがに字面が「仏様が滅する」では抵抗を感じる方も多いでしょう。その場合には赤口がお勧めです。先にも述べたように、仏滅は見ただけ、聞いただけで良くない印象を受けます。親族の中から「仏滅に結婚式とは何事だ」という反対意見が出る可能性も高いです。しかし、赤口はそこまで周知されていないので狙い目なのです。

結婚式場では赤口をかなり価格を下げて提供してくれる所もあるので、いくつかの式場を見学して六曜による費用の差も確認してみると良いでしょう。

結婚式場の見学ではお料理の試食など様々な特典が受けられる場合があるので、一生に一度の機会です。フルに体験させてもらいましょう。

赤口の結婚式を親族が反対した場合の説得方法

本人たちは費用の事も考えて赤口にしようと決めても両親に反対される場合も多いでしょう。そんな場合は、「大安は人気があって一年先まで式場が埋まっている。子供を早く作りたいのでそんなに先延ばしにはできない」「費用が全然違うのよ。六曜よりもその後の生活費が必要なの」などと訴えてみましょう。

あの手この手で説得しても納得してもらえない場合は、親の意向に従うのが良いのではないでしょうか。結婚は家と家とのつながりで、お互いの両親あっての自分たちです。親への感謝の気持ちとして親の意見を尊重することは良い事であると思われます。
お金も大切ですが、親の気持ちもやっぱり大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666