従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるのではないでしょうか。

真剣にお付き合いをしていると、将来の結婚について本気で考えるようになります。従兄弟同士の結婚について知って、二人の未来について考えてみましょう。

従兄弟同士の結婚には、メリットもあればデメリットもあります。結婚した後にどんな生活になるのかを考え、二人にとっての一番の幸せを選択してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

元カノが荷物を返さない理由は復縁を考えているから?対策を解説

同棲していた元カノが自分の荷物を返さない時、どうして荷物を返してくれないのか、返してもらう方法はある...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

両家顔合わせの場所決めとは?遠距離のときはココがおすすめ

遠距離の結婚相手との両家顔合わせは場所をどこにするべきなのでしょうか?両親が働いていたり、体...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

結婚したら失敗につながる男性の特徴と見分けるポイント

結婚する時は誰でも幸せな将来のことを考えて決断します。失敗したくないと思っていても、相手の男性の...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

入籍後に氏名を変更するものとは?まずは免許証からがスムーズ

入籍をして氏名を変更するときには、何から行うといいのでしょうか。できるだけスムーズに氏名変更をするに...

結婚式で余興をする際の挨拶の仕方などについて知りたい

結婚式で欠かせないものにひとつに余興があります。しかし、挨拶もせずに、いきなり始めていきなり締め...

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

婚姻届を提出できる曜日を確認!土日に受理してもらう方法を解説

「自分の誕生日に婚姻届を提出して受理してもらいたいと思っても土日だった!」このような場合、婚...

30歳から婚活を始める女性に知ってほしいポイント

今まで結婚に興味がなかったという人が、30歳になってようやく婚活を始めようとするのは、珍しいことでは...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

新婚なのに寂しい実家が恋しいと感じる方へ。寂しさの乗り越え方

新婚で楽しいはずの毎日が、実家のことを考えると寂しい気持ちになってしまう…。そんな方はいませんか?...

スポンサーリンク

従兄弟同士は結婚できるか解説

恋愛をしていると自然と将来のことも考えるようになりますが、従兄弟同士で恋愛をしていると自分にはこの人との未来はあるのかと気になることがあると思います。
先の見えない恋愛は中々辛いものですし、できることなら今のうちから知っておきたいと思う人もいるでしょう。

従兄弟同士の結婚は可能

法律的な面のお話になりますが日本という国では民法第734条で3親等以内(姉・弟と兄・妹)の結婚を認めていません。

逆を言えば「4親等以上」離れていれば、従兄弟でも結婚できるということになっているのです。

遠い昔(平安時代や江戸時代頃)まで遡るとあるようです。
遥か昔日本という国は身分や家系が決まっていました。身分や家系が決まっているということは、現代のように誰でも好きな人と結婚できる状況ではないということです。
女性や男性は自分の家系や身分によって結婚できる相手がある程度決まっていたのです。
そのような状況は従兄弟同士での結婚が多く起こることにも繋がり、「いとこ婚」という言葉があったほど昔では従兄弟同士の結婚が当たり前で珍しいことではなかったようで、そうした名残から現代の法律でも従兄弟同士の結婚は可能となっているようです。

従兄弟と結婚できるか・いとこ婚のメリット

法律的には4親等以上離れていれば問題の無い従兄弟同士の結婚ですが、従兄弟同士の結婚には様々なメリットとデメリットがあります。

まずはメリットですがメリットは大きく分けて以下の2つ。

従兄弟同士は人間関係で悩む可能性が低い

結婚後の人間関係で悩む旦那さんや奥さんは少なくありません。
しかし従兄弟同士の結婚ではその可能性を低くすることができます。
従兄弟ということは親戚はもちろんのこと両親のこともよく知っていることでしょう。
そうした状況は従兄弟同士の結婚だからこそ起こる状況であり、赤の他人同士の結婚では絶対に起こり得ない状況なのです。

結婚後の金銭面で面倒なことが起こりにくい

結婚をすると財産分与などお金の面で必ず何かしらの問題が出てきてしまいます。
ですが従兄弟であれば親族ですので、そんな面倒な財産分与で揉める可能性も低いでしょう。

結婚できるか悩んだときは結婚のデメリットも考えよう

従兄弟同士の結婚には様々なメリットがあることをご紹介しましたが、メリットは時として「デメリット」ともなってしまいます。

前述したように従兄弟同士での結婚は基本的に結婚後の親族付き合いで悩むことがありませんよね。

メリットは反面、従兄弟同士は「離婚がしにくい」ということも言える

何かあって「離婚」を決断した時、従兄弟同士の夫婦では親族が夫婦の話に入り込んでくる可能性が高く、スムーズに離婚を進められない場合があるのです。

一方で、いくら法律的な問題が無いとしても世間的にはまだまだ赤の他人同士の結婚が一般的とされているため、中には従兄弟同士の結婚を「異常者」のように差別的な目で見られるようなこともあるでしょう。

しかし、これに関しては気の持ちようでもありますので本人同士が気にしなければデメリットでも何でもないのですが、人によってはデメリットとなってしまう可能性もあるのです。

従兄弟同士で結婚したいときに考えたいこと

結婚をする際には両家の親に挨拶をして結婚の許可を貰うのが一般的ですが、これは従兄弟同士の結婚の場合でも同じです。

結婚は親に納得してもらわなければいけない

しかし従兄弟同士となるとすんなりいかないケースも多くあるでしょう。従兄弟同士の結婚がそう多くはない時代ですから親が反対するのも無理はありません。

また親に頑なに結婚を反対されると、「なんでなんだ!」と感情的になって結婚の許可を貰おうとすることもあると思います。ですがここで感情的になってしまっては何の意味もありません。
どんな場面においても冷静に落ち着いて話し合うことは大切です。
まずは親が結婚に反対している理由に耳を傾け、その上で「自分の真剣な気持ち」を伝えて納得してもらうようにしましょう。

従兄弟との結婚はできるが離婚した後のことも考えて結婚を決めよう

一方で結婚をするということは衣食住を共にするということになるため、場合によっては、考え方の違い等から合わない!となってしまう可能性もあります。

もしも、合わないとなった結果離婚に至ってしまった場合、従兄弟同士では他人同士のように完全に関係を断ち切ることはできません。
冠婚葬祭や親戚の集まりなどで顔を合わせなければいけない時がやってくるかもしれないのです。

そうした状況がやってきたときに本当に自分は耐えることができるでしょうか。


ご紹介してきたように従兄弟同士の結婚では様々なメリットがあるのも事実です。
しかし、その反面では従兄弟同士ならではの問題もあるということをよく理解し、結婚をするのかどうかを決めることが大切です。