シングルマザーの再婚が難しい理由と幸せな再婚へのルール

シングルマザーの再婚は難しいという印象があります。結婚が自分だけの問題ではなく、大切なお子様にとっても重要な決断になるからです。
そこで、シングルマザーの再婚が難しいと感じる理由や、再婚が上手くいきやすいタイミング、お子様への接し方などをご紹介します。
母親にとっては、自分以上に大切なお子様の存在。何よりもお子様の気持ちを尊重したいと思う方も多いと思います。
そんな方へ、幸せな再婚へ向けてのアドバイスです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式の衣装で新郎はどう選ぶべき?選ぶポイントを紹介

結婚式の衣装といえばやはり、ウエディングドレスですよね。では、新郎は何を着ればいいのでしょうか?...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

結婚式で余興をする際の挨拶の仕方などについて知りたい

結婚式で欠かせないものにひとつに余興があります。しかし、挨拶もせずに、いきなり始めていきなり締め...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

遠距離恋愛の彼と結婚!仕事辞めたくないときの考え方と対処法

遠距離恋愛で愛を育んできた彼にプロポーズをされて結婚をすることになったとき、この先の人生を二人で生き...

結婚式でのボレロは黒にしたい!ボレロの選び方やマナーを紹介

結婚式ではワンピースの上にボレロなどの羽織を羽織る女性が多いです。黒いボレロを持っているなら、これか...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

結婚式の席札を自分で手作り!おしゃれなのに簡単に作れる方法

結婚式を自分らしいものにしたい!そんな二人の考えから、ウェルカムボードや席札を手作りする方が増えてい...

結婚式のウェルカムボード!お花を使った華やかなボードの作り方

結婚式でウェルカムボードをよく見かけるようになりました。ウェルカムボードを見ただけで、二人の人柄がわ...

リングピローの作り方とは?100均にあるもので作れます

リングピロー自分で用意するときにはどんな材料を用意したらいいのでしょうか?自分で手作りしたい...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居に...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

披露宴の演出は全員参加型で思い出に残る式を!楽しめるアイデア

披露宴では、来てもらったゲストの方たちにも一緒に楽しんでもらいたいと、最近は全員参加型の演出も増えて...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

スポンサーリンク

シングルマザーの再婚は難しいと言われる理由

シングルマザーは再婚に踏み込むまで時間がかかります。
子供がいないなら自分だけのことで済みますが、子供がいることで子供第一に考えるからです。
日々の生活も子供中心です。

出会いがあまりないのも再婚が難しい1つの理由ですし、出会いがあっても二人きりになるチャンスが少なく愛を育みづらいというのも、また理由として挙げられます。

本当に再婚を望むなら、自然な出会いを求めるんではなく婚活サイトや相談所に頼ってみるのも良いでしょう。

どんな場合でも、子供第一に考えた上で行動を起こしてくだしいね。

シングルマザーの再婚が難しいと感じるのは思春期の子供がいるパターン

子持ちのシングルマザーは特に再婚が難しいと言われますが、その難しさは子供の年齢によっても大きな差があるそうです。

子供が思春期の場合

小中学生の思春期はとても多感な時期です。
物事の区別ができるようになり、自分の意見もはっきりと言えます。
多感な時期ゆえに、物事を偏った捉え方をしてしまうことも多いです。
  • 再婚しても懐かない
  • お母さんをとられたと思ってしまう
  • お母さんが恋愛することで違和感を感じる
  • 本当のお父さんの存在が大きくなる

子供の心情が安定せず家庭のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

子供が幼い場合

子供が2~3歳くらいなら再婚もうまくいく可能性が高いです。
子供がお父さんを求める時期だからです。
子供が小さいことで再婚相手も子供に接しやすくすぐに良い関係を築いていけます。

難しいシングルマザーの再婚のタイミングは子供の年齢によっても違いが

子供がいるシングルマザーの再婚のタイミングはとても難しいです。

それは子供を第一に考える必要があるからです。

子供がまだ小さい2~3歳のうちは再婚しやすく、思春期の時期が最も再婚が難しいと言われます。

しかし、子供が思春期をすぎた高校生以上になるとまた再婚がしやすい時期がきます。
なぜなら、子供はだんだんと成長し、やがて自立していきます。
自立しお母さんに頼ることが少なくなり、お母さんに対する感情にも変化があります。
「お母さんには幸せになってほしい」とお母さんの幸せを子供自身が願うようになるのです。

ただ子供が女の子の場合には少し注意が必要です。
中年の男性と突然一緒に暮らすことになるので、なにかと抵抗を感じてしまいやすいです。
洗濯物を一緒にしない、女の子の下着の干す場所、お風呂や洗面所にいる時は再婚相手には行かせないなど女の子が気にする部分ではお母さんの配慮があってこそ再婚相手と良い関係が築いていけるのではないでしょうか。

幸せな再婚をするためのルール

シングルマザーが再婚を考えるなら、父親としてはもちろんあなたが大切と思えるかどうか見定める

子持ちのシングルマザーは再婚相手にする男性が子供の父親としてどうなのか慎重に見定める必要があります。
しかし、それだけで結婚生活がうまくいくとは限りません。
自分自身にとっても大切に思える人かどうかも見定めましょう。

両親からの反対を覚悟しておく

あなたの親も孫が心配です。
孫にとってどうなのかを考えた上で再婚相手を見るでしょうし、再婚相手の両親はまず子持ちのシングルマザーということで反対はするでしょう。

反対するものと覚悟をしておくことをオススメします。
反対するお互いの両親をどう説得するかもあなたと再婚相手にかかっています。
説得するためにはあなたと再婚相手、そして子供との絆を深めていきましょう。

母親の自分を見せておく

2人でいる時は女の部分ですが、子供がいる時にはお母さんの顔になります。
そのギャップを受け入れられない男性も少なくありませんので、再婚して初めてお母さんの姿を見せるのはやめておきましょう。

元夫のことについて

子供が本当のお父さんの存在をしっかり覚えている場合には特に気をつけなければいけません。
元夫でも子供にとっては大切なお父さんです。
元夫を悪くいうのは辞めましょう。
また、再婚相手と元夫を引き合いにだすことも避けましょう。
お母さんの気持ちを子供に強要することなく子供の気持ちに寄り添ってあげましょう。

シングルマザーの再婚は子供の気持ちを優先してあげることが大切

子持ちのシングルマザーは再婚すると、再婚相手と子供の関係を築こうと頑張ってしまう方がいます。
しかし、これが逆効果となることも少なくないのです。

子供が再婚相手に慣れるためにはある程度の時間が必要です。
焦らずに子供のペースを見守ってあげましょう。

子供が心を許したら自然と再婚相手と子供の絆も深まっていきます。

また子供が元夫のことを話してもそれをタブーと考えるのも辞めましょう。
タブーにしてしまうと子供は子供ながらに気を遣って苦しい環境になってしまうこともあります。

子供の意見に耳を傾け、寄り添ってあげることもお母さんの愛情です。

自然と再婚相手と良い関係が気づけるよう見守ってあげましょう。