マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?

これからのことを色々話し合わなくてはいけないのに、連絡が取れないなんて…。そんなときは、追い込まずにしばらく放っておきましょう。もちろん、事件や事故に巻き込まれていないかの確認は必要です。

こんなときには、どのくらいの連絡をしない期間や冷却期間を持てばいいのでしょうか?あなたが彼のことを大切に思っていればいるほどその期間は辛いものになるかもしれません。そんな辛い思いをさせる相手でもいいのかもう一度考え直す期間としても過ごすといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚に失敗して離婚!再婚のメリット・デメリットと幸せへの道

一度結婚に失敗して離婚をすると、もう一度再婚して結婚生活をおくることにためらいを感じてし合う人もいま...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

クラッチバッグを結婚式に持って行く時、中身は何を入れるのか

クラッチバッグは、結婚式やパーティーなど、フォーマルな場面で活躍するおしゃれなバッグです。素敵な...

顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。顔合わせのイベ...

ブライダルメイクは自分でしたい!という花嫁さんへアドバイス

ブライダルメイクはプロにお願いするのではなく自分でしたい!という方もいるのではないでしょうか。プ...

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。...

結婚式にお呼ばれした時にコーデで気をつけたいこと

結婚式にお呼ばれした時は、ドレスや靴などのコーデを考えますよね。その時にうっかりNGマナーをして...

赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があ...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?親に反対された結婚は幸せになれるの...

結婚式のケーキの値段は段数や飾り付けによってかなり違います

結婚式のケーキにはいろいろな種類がありますが、自分たちの結婚式のケーキとなるとオリジナルにしたい、豪...

友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。友...

結婚式をしたくない女性の本音!相手の気持ちも考慮して決断を

結婚が決まった女性の中には、結婚式をしたくないと考えている人もいるのではないでしょうか。パー...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

スポンサーリンク

マリッジブルーで男性と音信不通…待てるなら待ちましょう

結婚間近の男性と、連絡が取れなくなってしまった時には、まず第一に、彼が事故などの事件に巻き込まれていないかの確認が最優先事項になりますが、その可能性がなくなった時には、マリッジブルーを疑いましょう。

マリッジブルーは、結婚間近の女性に起こる気持ちの浮き沈みのことを表す言葉ですが、実は男性にも起こることがあります。

男性のマリッジブルーには、女性と同様の悩みもありますが、男性ならではの悩みもあります。

親から自立することへの不安、結婚生活への不安、自由の喪失感などの不安は、女性のマリッジブルーにも多く見られる内容のものです。
「妻を養っていけるか」、「妻や家族を守れるのか」、「一家の大黒柱になれるか」といった内容の不安を感じるのは、男性ならではのマリッジブルーで、多くの男性は、この点について、強い不安を感じるようです。

女性もそうですが、結婚が近づくに連れて気持ちに整理をつけ、マリッジブルーを乗り越えられる人もいますし、不安を解消できないまま結婚から逃げてしまう人もいます。結婚という現実に立ち向かうことができるか、乗り越えられずに逃避してしまうかは、その人次第。

マリッジブルーの行く末は、彼氏にしかわかりません。

もしも、お付き合いをしている男性がマリッジブルーに陥ってしまったということがわかれば、音信不通は仕方がありません。

無理やり連絡をとろうとすると、男性を追い詰めてしまうことにもなりかねませんので、まずは彼がマリッジブルーを乗り越えて戻ってきてくれることを信じて、待ってみましょう。

マリッジブルーで男性と音信不通になったときの連絡をしない期間

マリッジブルーになった男性のことを信じて待つ、と言われても、音信不通の状況が続くと不安になりますよね。
どの程度まで、彼を信じて待てばよいのか、どの程度になったら見込みはないと判断すればよいのか、ある程度の目安を持って、待ちましょう。

連絡をしないまま、彼の帰りを待つ期間は、人によって異なります。

仕事が忙しく、海外出張などで飛び回っている男性とお付き合いしている方は、普段から連絡が長期間とれないということも多いのではないでしょうか。
その場合には、普段の連絡の頻度から考えて、2週間~1ヶ月程度の猶予を与えてあげましょう。

頻繁に連絡をとりあうような状況にあったのであれば、私は1週間待つのがやっとだと思います。
いくらマリッジブルーになっていたとしても、何の連絡もしてこないのは、不安で溜まりませんよね。
「ちょっと考えたいことがあって、しばらく連絡はできない」といわれているのであればまだしも、何も言われないまま突然音信不通になってしまったのであれば、普通は1週間もしないうちにシビレを切らしてしまうものです。
いずれにしても、ある程度の期間は待つことが大切です。
自分からしつこく連絡をしたり、相手を責めるようなメッセージを送りつけるのはやめて、連絡をしない期間を設けましょう。

マリッジブルーの男性と音信不通どうにか連絡を取りたいときは

ある程度の期間を過ぎても、男性から連絡が来ず音信不通状態が続いているのであれば、自分から連絡を取る前に、もうワンクッション置いて、共通の友人に連絡をとってもらいましょう。

その際のポイントは、男性がマリッジブルーになっていることは伏せておくこと、さり気なく依頼し、大事にはしないことの2点です。

万が一、「お前マリッジブルーなんだって?彼女から聞いたよ。」と友人が男性に伝えてしまったら、おそらく男性の心を傷つけることになってしまうでしょう。
「なんて自分は情けないんだ」と、より深いマリッジブルーに入り込んでしまう恐れがあるので、注意が必要です。

「お互い忙しくて、なかなか会えていないの。彼は元気にしてる?」「時間があるときに連絡が欲しいって伝えて貰ってもいいかな?」など、さり気なく男性に声を掛けてもらうのが良いでしょう。

マリッジブルーの男性を深追いしてはいけない?できれば期間をあけましょう

マリッジブルーを経験したことのない人からしてみれば、彼氏が何をどのように悩んでいるのか理解に困りますし、「ウジウジして格好悪い!」と思ってしまうこともありますよね。
しかし、マリッジブルーの解決には、十分すぎるほどの時間が必要です。
そのため、音信不通状態が長く続いていても、彼氏を追い詰めるような言動には気をつけましょう。

 

「彼女のことを本当に幸せにできるのか」
「自分に結婚は向かないのではないか」

など、男性は結婚のことについて、悩みを抱えています。

そこに、

Name
「もう私のことはどうでも良くなったんでしょ。」
「好きにして。」

と、相手を突き放すような言葉を投げつけてはいけません。

また、
「どうして連絡をくれないの?」
「何をそんなに悩んでいるの?」
などと相手の気持ちを無理やり聞き出そうとすることも、良くありません。

追い詰められてしまった男性にとっては、選択肢が婚約破棄一択になってしまうこともあります。

この時期は、しっかりと彼に考える時間を与えること。
「あなたの考えがまとまるまで待つからね。」
「私は今でもあなたと結婚したいと思っているけれども、あなたが考えた結果結婚できないというのであれば、それでいいから。」
など、相手をラクにさせてあげられるような言葉を選びましょう。

マリッジブルーで音信不通になる男性はまたそうなる可能性があることを忘れずに

彼のマリッジブルーを受け入れ、信じて待つことができるのであれば、男性側が自信を取り戻して戻ってきた暁には、晴れて結婚、ということになるのでしょう。

しかし、一度マリッジブルーに陥ったことのある男性は、再び同じような状況に陥る可能性があるということを忘れてはいけません。
  • 子どもが出来た時
  • 夫婦で意見が分かれた時
  • 退職した時

人生にはいろいろな分岐点があります。
環境の変化や、強い不安を感じる場面は、夫婦生活の中で何度も訪れますよね。

そのような時に、再び音信不通になったり、家を飛び出して帰ってこなくなったりすることがあったらどうでしょう…。

結婚をする前と、結婚をして家族になってからでは状況は違います。

結婚してからも、男性が落ち込んでしまった時には寄り添い影で支えるということが出来るのであれば問題ありませんが、結婚のときに起きたマリッジブルーが、あなたにとっても辛い経験になったのであれば、結婚をする前に見切りを付けたほうが良いとも言えます。これから家族で乗り越えていくべき困難の数々を、男性にその都度逃げられてしまっては、悲しいですから…。