結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。結婚式で着るのに相応しい上着やジャケットとは?

そこで、結婚式へ着て行く上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめ、注意点についてお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、結婚式でも華やかにおしゃれに着こなすことができる、あなたにピッタリなジャケットを選ぶことができるはずです。ぜひマナーを守ったジャケットの着こなしを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

披露宴の演出は全員参加型で思い出に残る式を!楽しめるアイデア

披露宴では、来てもらったゲストの方たちにも一緒に楽しんでもらいたいと、最近は全員参加型の演出も増えて...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

結婚後の生活費は、折半よりも良い方法があります

結婚する前は、それぞれが働いた分だけ個々に管理をする、いわゆる折半が基本だというカップルは珍しくあり...

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。もし、他の人よりもシンプル...

造花ブーケは安いがメリットもたくさん!造花ブーケの選び方

ウェディングブーケを生花ではなく造花にする人が増えていますが、その理由は価格が安いこと。でも安い...

髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけでは...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があ...

花嫁におすすめのヘアスタイル「ボブ」のアレンジ方法をご紹介

「花嫁のヘアスタイルはロングじゃないといろいろアレンジできない」と現在のボブから髪の毛を伸ばそうとす...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたい...

余興ムービーのアイデア【結婚式】おもしろ・感動のアイデア集

結婚式の余興はどんなムービーにしようか、ムービーのアイデアを一生懸命に考えている人もいるのではないで...

スポンサーリンク

結婚式で着る上着やジャケットはドレスに合わせて選びましょう

お友達の結婚式、職場の同僚や上司の結婚式、呼ばれた時、メインとなるドレスは既にあっても、それに合わせたジャケットや上着はなかなか難しい選択になると思います。

全体的なコーディネートも考えると、あなたの今手元にある結婚式用のドレスの色の度合いを目安にして、結婚式に着るジャケットや上着の色を考えるべきです。

強い色のドレスには、淡い色のジャケットが合う

逆に薄い色のドレスの場合は、色も強めで、ハッキリしている色の上着が似合います。

色に関して言えば、両方とも色がハッキリしていたり、色が味気ないと、全体的なバランスが悪くなります。

バランスの良さを考慮するためにも、形というよりは、まず、色の濃さに注意して、結婚式用のドレスを選びましょう。

ドレスのコーディネートも、色や形など、なかなか難しいものがあります。色の濃さとバランスを基準にして選ぶのが、一番簡単な方法だと思います。

どの色に関しては、あなたの好みになります。

結婚式では着丈や袖丈が短めな上着やジャケットがおすすめ

結婚式に着る上着やジャケットですが、結婚式に相応しい物となると、上着にしてもジャケットにしても、長さが大切になります。

結婚式に着る上着ですが、あまり長めの物はお薦めしません。人によって、好みも違うとは思いますが、一般的に言って、五分丈か七分丈くらいが調度良いとされています。

長いジャケットを着ても、全体的なバランスがとれません。ですので、長さとしては、5分袖か7分丈袖くらいにして、ワンピースやスカートとのバランスをとります。

仮に、もし手元に長いジャケットや上着があるとしたら、袖を追ったりして、袖の調節をして下さい。その事により、大夫上着やジャケットの長さの調節ができるようになります。

要は、あなたが着ている上着やジャケットから少しでも腕が見えれば良いのです。その事により、全体的なコーディネートが可能になります。

また、色ですが、白を避けた、無地の方がコーディネートはしやすいと思います。

結婚式へ着て行く上着やジャケットはマナーに注意すること

結婚式に出席する際、寒さのことも考えて、上着やジャケットは着た方が防寒にもなりますし、全体的なバランスも取ることができると思います。

ただし、他でもない結婚式に参加になります。ですので、まず、主役は花嫁さんになります。

その為、あなたがほぼ絶対着てはいけない上着の色は、白になります。白を強調して着るべき方は、あくまでも花嫁になります。その花嫁さんが着る衣装の色とはかぶらないようにして下さい。

着るのであれば、薄い青だったり、他の色を選択する様にして下さい。そうでもないと、結婚式で主役である、花嫁さんが目立ちません。

また、毛皮が元の素材にしている物も、結婚式には相応しくない素材になっています。

というよりは、色の濃いドレスなどがより結婚式に相応しい服装になります。白や毛皮は避け、結婚式により適切な衣装で出席する様にして下さい。

また、あまり安すぎる上着も結婚式には不釣り合いです。その点も考えて、上着を選びましょう。

ジャケットを羽織るだけで大人の印象でスタイルアップも叶う

結婚式に関わらず、ジャケットを羽織った方が、より大人っぽいイメージになります。ですので、日頃から

「私、子供っぽいイメージなの」

と悩んでいる方は、よりジャケットや上着を着て、より大人っぽい衣装を心がけるとあなたの悩みも解決されると思います。

童顔な方など、日頃から自分の年齢より若く見られて、困っている方、世の中に大勢いると思います。そんな方に一つよいお知らせが。より大人っぽくしたい、髪型などでも、調節はしているけど、それでもまだ子供っぽいと感じる方、是非、上着を着て下さい。

上着を着る事で、着ている人の年齢がより上に見えます。日頃から年上に見られる方には逆効果かもしれませんが、童顔に見られる方には、適切な対処方法だと思います。

結婚式用に一着買い、他の同窓会やデートの時にでも羽織れるものを買いましょう。

自分のなりたいイメージに合わせてジャケットを選びましょう

あなたにも「こんな自分になりたい」というイメージがあると思います。こんな私になりたい。仮に、それが「より女性らしいイメージ」でしたら、そのイメージに近づける為、色がついてないタイプのジャケットや上着を選んで、着るとより女性らしい雰囲気になります。

上着やジャケットでドレスにプラスしたい方、白は避けて、あまり色の無いタイプのジャケットがお薦めになります。

ある方は、薄い青のジャケットを着て、結婚式に出席していました。それでも良いと思います。大切なのは、花嫁さんを引き立てる事です。それを意識して、結婚式のジャケットを選んで下さい。

結婚式に、上着は着る方が大人っぽくなります。上着を着ることで、服のコーディネートにもなります。

上着やジャケットにどんな色の物を似合わせれば相性が良いのか、そして、どのくらいの長さの物が最適なのか、上記の記事で説明しました。

結婚式だけではなく、デートや他の催しの際に着れる一着が手元にあると便利です。

一回だけ着るなんて勿体ないですよね?

ですが、あまりチープすぎる服を着ると、結婚式には不釣り合いです。ある程度高価な物を買いましょう。白以外の無地の物で結婚式で勝負して下さい。きっと、良いコーディネートになると思います。あと注意するべき点は、素材です。注意して買って下さいね。