フラッシュモブを結婚式でしたい!簡単そうで実は難しい

結婚式でフラッシュモブをしてみたいけれど簡単には出来なそうですよね。成功させるにはどのようなことが必要なのでしょうか?

フラッシュモブをする場合の人数、練習期間、プロに頼むときの金額とは?誰でもわかる曲にすることが失敗しないポイントのようです。

フラッシュモブをするのはハードルが高いという人はリップダブがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

披露宴や二次会で着るドレスは、花嫁にどんなものがおすすめか

披露宴の時に着るドレスを選ぶのは、花嫁にとって楽しみなことのひとつですよね。しかし、多くの場合、...

グリーン色のドレスの場合ブーケは何色?おすすめブーケカラー

グリーンのドレスはどんなブーケが映えるのでしょうか?好きな色や好きな花でブーケを作ってもらうのもいい...

シングルマザーの再婚に失敗しない相手選び!幸せな再婚をしよう

シングルマザーとして子供を育ている人の中には、将来再婚をして新しい家庭を築きたいと考えている人もいる...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

外国人の結婚式にもご祝儀はあるの?知って驚く海外の結婚式事情

日本の結婚式ではご祝儀という風習がありますが、外国人の結婚式にもご祝儀はあるのでしょうか。今回は...

ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合があ...

ご祝儀を兄弟に渡す場合、自分が未婚だったらどうすべきか

結婚する時にご祝儀の相場は、相手が友達の場合だったり、兄弟の場合とでは少し違ってきます。さらにそ...

結婚のめんどくさいを減らそう!親に挨拶に行くときの準備

結婚の挨拶がめんどくさい…親に挨拶や顔合わせをしたほうがいい理由とは?いざ結婚となると、相手...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取ることに不安を感じてるあなたへ

 バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取り合うことに、モヤっとする。  頭ではわかっていても、気持ちがつ...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

初デートは会話の「たちつてと」を意識して!会話上手になる方法

好きな男性と初デートの日を迎えたら、どんな会話をすれば良いのかわからずに、少し緊張してしまうものです...

年賀状は結婚式後に両親へ出すべき?年賀状の書き方

結婚式後に両親へ年賀状を出すときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?お正月に...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

プラチナの結婚指輪の重さは?思い指輪と軽い指輪の違い

結婚指輪は愛の証!結婚式で指輪交換をした後、外さずに付け続ける方もいらっしゃいます。また毎日外さずに...

スポンサーリンク

結婚式でフラッシュモブを考えているならプロに任せましょう

一生に一度しかない自分たちの結婚式。みんなが自分達をお祝いしてくれるのであれば、結婚式に出席してくれたひとにも、ぜひ楽しんでもらいたい。

海外で流行の「フラッシュモブ」あなたはご存知ですか。

若い人には、かなり知られるようになってきました。日本でも、そんなフラッシュモブでプロポーズする人、ダンスする人が少しずつ珍しくなくなってきています。参加者みんなが楽しそう、そして感動する、そんな光景をテレビやインターネットで見たことのある人もいるかもしれません。

とは言え、年配の人にはまだまだ馴染みが薄いのが現状です。

実際、結婚式でフラッシュモブを行ったところ、びっくりしてもらえたのは良いとしても、それが、実際、感動に繋がらなかったという話を聞いたことがあります。
しかも、あまりにも突然の出来事に、年配の人は逆に怒り出してしまったとか。そんな結婚式や嫌ですよね。

折角フラッシュモブで結婚式を盛り上げたいと考えるのであれば、成功に導けるようにしっかりと準備だけでなく、喜んでもらえるという確かな状況を作りだす必要があります。
結婚式は、一生に一度しかないのです。失敗に終わらせる訳にはいきません。

フラッシュモブが成功するかどうかを考慮すると、友人にフラッシュモブを頼むというよりは、慣れている専門業者に依頼したほうが、より簡単で確実に成功に導くことができるのです。

フラッシュモブを結婚式で成功させたい!人数や練習期間とは

フラッシュモブで結婚式を成功させたい、そう考えているのであれば、色々下調べが必要になります。

あなたは果たして、ダンサーは何名くらい必要かお分かりですか。
平均として、出席者の1/10程度の人数が理想的です。

新郎の友人だけでなく、新婦の友人も加わることで、より会場を沸かせることができ、喜びや感動も大きくなると言います。

時間も必要です。
友人でなくて、お願いするのがプロのフラッシュモブ業者であったとしても、そこそこ時間はかかるのです。

プロだけでフラッシュモブを行うのであれば、1週間程度でなんと出来る場合もありますが、それがプロだけでなく友人を含めて行うとなれば、更に時間が必要でしょう。

練習日に全員が調整できないということも考えられます。いつ集まれば良いのか、なるべく全員が参加出来る日時を調整することを考えても、最低でも2ヶ月程度前には、フラッシュモブ業者に依頼することが賢明です。

お金を払えば、簡単にすぐにフラッシュモブをやってもらえるなんて無茶な事を考えるべきではありません。その場ですぐ、なんてことは、絶対にできないのがフラッシュモブなのです。

フラッシュモブ結婚式をプロに任せるのは簡単だけど…相場について

気になるところは、専門業者、プロの相場でしょう。

例えばフラッシュモブを友人や親族にお願いするとします。打ち合わせ時の場所や飲食代などを含め、お礼として五千円程度支払うというのが一般的です。

一方、プロの業者の場合、打ち合わせ、レッスン代など含め、プラスフラッシュモブのために派遣される人3名程度で、10万円程度と高額です。

結婚式のフラッシュモブがダンスだとすれば、1名増える毎に、1.5~3万円程度追加になります。この値段は、ダンスをする人がプロかアマかどうかでもかなり変わってきます。ダンサーの交通費も別途支払わなければならないでしょう。更に、ダンスの練習は、1回1万円程度かかります。

そう考えると、プロの専門業者は、非常にお金がかかるということがわかるでしょう。

しかし、プロはやはりプロです。

フラッシュモブの演出には、細かいプランと技法が必要になります。例えばそれがダンスである場合、多くの踊りができる人を調達しなければなりません。

あなたの友人だけで、本当に踊りきることができますか。感動を呼ぶ踊りをすることができますか。

専門業者であれば、簡単にそれが可能になります。かかる費用と時間さえ準備できれば、何とかなるのです。

結婚式のフラッシュモブ簡単でも盛り上がるものにするポイント

結婚式のフラッシュモブでより簡単に盛り上がりたいというのであれば、曲選びも重要になります。

ちょっと、考えて見てください。
あなたの結婚式に参加するのは、あなたの友人や同僚だけではないはずです。親族や上司など、あらゆる年齢の人が参加します。

知らない曲で、踊りだされても結局手拍子も出来ずにぽかーんとしてしまいます。

どんな人にも受け入れられるように、よく知られている曲を選ぶのがベストでしょう。また曲はアップテンポでノリの良いものがおすすめです。

最近流行りの英語の曲でノリがよければ、みんなも知っているから良いのではないかと思う人もいるかもしれませんね。しかし、その歌詞の意味や内容、しっかりと理解できているでしょうか。

その曲が、実は別れの曲や失恋ソングなんて事、ありませんか。大好きだからって、ノリが良いからって、結婚式に相応しくないこともあるのです。

フラッシュモブよりも簡単なリップダブも余興としておすすめ

結婚式でフラッシュモブをしようと思っているあなた。これを読んで、逆に、友達に頼むにはハードルが高すぎる、業者に依頼するには費用が高すぎると、頭を悩ませることになっているかもしれませんね。

そんなあなたの悩みを両方の面から解決するのが、「リップダブ」です。

実は、フラッシュモブよりも簡単な余興として、少しずつ流行りはじめています。

フラッシュモブと何がちがうの、リップダブって一体何なんだと思っているあなた。
リップダブとは、要は口パクのことです。その口パクで行った演技を収録した映像を作って余興としても流すのもよいでしょう。

踊れなければならない、演奏したり歌わなければならないなんてことは、これっぽっちもないのです。練習もフラッシュモブほど必要ありません。

ムービーにすれば、撮り直しも可能です。本番勝負なんてこともないでしょう。

フラッシュモブは、本番までにかなりの練習が必要になります。当日まで、おこなう人はドキドキして過ごさなけれなりません。

しかし、リップダブを余興ムービーとして流せば、それほどダンスや歌が上手くなくても、みんなが楽しむことができます。フラッシュモブを友人に頼んだ場合、嫌だと断られることもあるでしょうが、リップダブであれば、少なくなる可能性もあります。

人数がそれほど集まらなくても、同じ人が上手に入れ替わり立ち替わり、ムービーで登場すれば、飽きることなく会場みんなが楽しむこともできます。

先程も申し上げたように、一生に一度の結婚式なのですから、多少お金や時間をかけても、思い出にしたいという気持ちは分かります。

しかし、思い出するべきは新郎新婦だけでいけないのです。結婚式に来ていただいているゲストみんなが楽しんでこそ、感動してこその良い結婚式となり思い出になるのです。誰かが怒ったり、誰かに迷惑をかけたりしてしまうような、そんな結婚式はあっては行けないのです。

フラッシュモブを行いたいのであれば、どのように行うのか、もっと簡単な方法や手段はないのかを、しっかりと見極め、確認することが新郎新婦の務めになるでしょう。