婚姻届を提出できる曜日を確認!土日に受理してもらう方法を解説

「自分の誕生日に婚姻届を提出して受理してもらいたいと思っても土日だった!」

このような場合、婚姻届を提出することはできないのでしょうか。土日の提出は可能なのか確認をして、自分が入籍したい日に入籍はできるのか、確認をしてみましょう。

ここでは、土日に婚姻届を提出することができるかについてお伝えします。

婚姻届を自分の提出したい日に提出して受理されるためには、前もって婚姻届に関する知識を知っておくと安心です。

必要なものや方法を知って、スムーズに婚姻届を受理してもらいましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。 職場や友...

余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるよう...

ブーケは造花でも生花みたい!人気の理由やメリットと選び方

結婚式のブーケを造花にするか生花にするか悩んでいるあなた。 最近の造花は生花と見分けがつかないくら...

カラードレスが赤の場合のブーケの選び方とポイント

カラードレスの色を赤にした時、どんな色や形のブーケがいいのか悩みませんか? そこで、赤のカラードレ...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか? これから...

メガネを外す心理について気になる男性心理を状況別に紹介

人がメガネを外す心理にはどんなことが隠れているのか気になりませんか? いつもメガネをかけている人が...

結婚のプレゼントを友達へ!お祝いマナーと選び方のポイント

結婚祝いのプレゼントを友達へ贈りたいけど、どんなものを選んだらいいのか悩みませんか?せっかくなら相手...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。 式場やショップを覗くと、青でも...

結婚式に手紙を読むことに、友人代表としてどんな内容が良いか

結婚式のプログラムの中で、友人代表スピーチとして結婚する友達へ向けた手紙を読むことがあります。 そ...

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

いとこの結婚式に着物で出席する場合、どんな着物にすべきか

いとこが結婚式を挙げるとなった時に少し困るのが、着ていくものです。 友人であればドレスで決まりです...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

リングピローの作り方とは?100均にあるもので作れます

リングピロー自分で用意するときにはどんな材料を用意したらいいのでしょうか? 自分で手作りしたい...

スポンサーリンク

婚姻届は土日でも提出できる?土日の窓口営業について確認してみよう

これから真剣に二人で将来の計画をたてようと考えている過程で、必ず「婚姻届」の話が出ます。男性も女性も仕事を持っていて、シフト制だと、お互い結婚する意志はあっても、婚姻届を出すタイミングが平日だと難しい場合があります。土日も婚姻届を受理してくれると、便利ですし、安心して、結婚できますね。

基本的に、土日でも婚姻届は受理して貰える

ただ、全ての土日が対応できるかどうかは、その市役所に異なります。ですので、あなたが計画している、「この日に婚姻届を市役所に提出しよう」と思っている日が市役所で対応できるのか、ホームページなどで確認した方が確実に婚姻届を受理して貰えます。

あなたが、土日に婚姻届を受理して貰えるかどうかを確認したいという事は、きっとあなたはお仕事に忙しい毎日を過ごされていますよね?二度手間にならない為にも、あなたが狙っているその週末が市役所が開いていて、婚姻届を受理できるかどうか、確認する必要があります。基本的には毎週ではなくても、市役所が開いているのは、嬉しい点ですよね。

婚姻届は土日でも提出できる!その日に受理されたいなら不備がないか確認を

平日に婚姻届が出せない方には嬉しいニュースです。婚姻届は、週末である、土日でも提出可能です。早く結婚したい。でも平日はシフトの関係で市役所には行けない、別の用事があって、なかなか平日に市役所に行けない方にとっては、心がウキウキする嬉しいニュースだと思います。

ただ、ここに落とし穴もあります。平日だけではなく、婚姻届が土日にも提出できるのはあなたにとってはとても好都合ですが、婚姻届に何か抜けている点、不備があると、婚姻届は残念ながら受理されません。日程も調整できますが、婚姻届に正しく記入する、抜けている事項が無い事を確認するのも、前もってできる準備に入ると思います。これも、二度手間にならない様に、入念に確認するべきです。

書き間違いをする事もあります。その時はどう書けば良いのか、正しい知識も必要です。市役所によっては、一部しか貰えないかもしれませんが、二部貰うのも、何かあった時の為の適切な対応策だと思います。

婚姻届を提出するときに必要な物を確認してみよう

初めて婚姻届を出される方には、「え?そうなの?」という情報かもしれません。婚姻届を提出する時は、婚姻届だけではなく、他にも必修書類はあります。

婚姻届を市役所に提出する際、婚姻届、身分証明書(パスポートなど写真がついて居るものは一点、付いていないものは2点)、旧姓の印鑑、本籍地以外の場所で入籍する場合は戸籍謄本が必要です。

思ったより必要書類、多いですよね。市役所に提出するのですから、身分証明書は必ず必要になるのでしょう。また、あなたの苗字が変わる為、旧姓の印鑑も必要になります。また、普段生活していたら、自分の本籍地がどこだか忘れた、わからない方も多いと思います。これを良い機会にして、自分の本籍地がどこにあり、婚姻届の際、戸籍謄本が必要なのか、確認するのも、ご両親が亡くなった時など、緊急事態に知っておいた方が良い情報になると思います。婚姻届を提出する時を良い機会にして、自分の本籍地がどこにあるのかも調べると何かあった時の豆知識になります。

婚姻届を土日に提出するときは予め確認しておくと安心!前もって準備したいこと

平日では無くても、土日に婚姻届を提出できるのは、平日忙しい方にとって、便利です。でも、平日ではなく、土日に婚姻届を出す際は、事前に「本当にこの書き方であっているのか」誰かに確認して貰うステップを踏むべきです。

婚姻届の提出時、第三者の確認は欠かせません

高校や大学に提出する願書も同じですし、職場でも上司に一度確認して貰ってから提出した方がより質の良い書類ができます。

婚姻届も、提出するのは土日にしても、これで本当に合っているのか、内容に不具合は無いのか、一度市役所に行って、確認して貰う方がいざ、この日に婚姻届を提出する日にスムーズに提出できます。土日に市役所に行って、婚姻届を提出しても、何か記入している事項に間違いがあれば、受理はされません。念には念を入れて、婚姻届を出すべきです。結婚するのですから、初めから良いスタートをきりましょう。

婚姻届の提出は本籍地や所在地で可能!思い出の場所での提出もできる

これから婚姻届を提出するカップルにとっては、どこの市役所で婚姻届を提出したら受理されるのかも抑えておくべき、重要な知識になると思います。間違った市役所で提出しても婚姻届は受理されません。あなたが提出すべき適切な市役所を確認し、スムーズに婚姻届を提出できるよう、入念に確認しましょう。

適切な市役所を見つけるには、まず、あなたか配偶者の本籍地を調べます。そこに記載されている市役所か、所在地でも提出は可能です。

この所在地、一見、あなたが定住している住所の市役所ではないと、受理はされないように聞こえます。ですが、この意味での所在地は、あなたが短期間でも居る場所も当てはまります。

ですので、例えば、あなたが配偶者と知り合ったキッカケが地震の災害があった時のボランティアであったとします。一時的に地震があった場所に居たので、そこで結婚式をして、婚姻届を提出しても受理されます。

あなたにとっても、相手にとっても思い出になる婚姻届になります。思い切って、思い出の地で入籍するのも、一生に残る深い思い出になります。

婚姻届が平日だけではなく、土日に提出できる、便利な時代に私たちは生かされています。ですが、あなたが行く予定の日に市役所が本当に開いているかは確認して下さいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666