結婚式にぴったりなネイルにしたい!お呼ばれネイルのおすすめは

結婚式の出席することになったら、メイクや髪型だけではなく、ネイルもばっちりにしたいですよね。
しかし、お呼ばれの場では可愛いネイルであればなんでも良いわけではありません。
その場にふさわしく、かつ綺麗で可愛らしいネイルにすることが大切です。
ここでは、結婚式のようなお呼ばれの時のネイルのマナーと、その場所にぴったりなネイルデザインのアイデアなどについてご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

結婚式の余興を盛り上げるムービーでメッセージを伝えるには

結婚式の余興として人気なのがメッセージムービーです。短い時間の中で多くの人に出てもらえたり、どう...

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

入籍後に氏名を変更するものとは?まずは免許証からがスムーズ

入籍をして氏名を変更するときには、何から行うといいのでしょうか。できるだけスムーズに氏名変更をするに...

婚姻届の証人は親でもいいの?婚姻届の証人の書き方について

婚姻届の証人はどちらの親でもいいのでしょうか?自分の両親のほうが近くに住んでいる、なかなか会う機会が...

年賀状は結婚式後に両親へ出すべき?年賀状の書き方

結婚式後に両親へ年賀状を出すときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?お正月に...

友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。友...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

幼馴染と結婚すると離婚しにくい?離婚しやすい夫婦について

幼馴染と結婚した場合は離婚しやすいのでしょうか?実は、幼馴染との結婚は離婚しにくいと言われています。...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

冬に結婚式に行くことになったら、コートの下にはこれを着よう

結婚式への出席が決まった時に真っ先に悩むのが、「どんなドレスにするか」だと思いますが、それが冬の結婚...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。式場やショップを覗くと、青でも...

結婚式のゲストの髪型のマナーや注意点とおすすめアレンジを紹介

結婚式にゲストとして招待されたら、服装だけではなく髪型についても悩んでしまいます。例えば、ロング...

男が結婚指輪を外す理由!不倫している旦那への対処法を紹介

男が結婚指輪を外すときは一体どんなことが理由として考えられるのでしょうか。自分の夫が結婚指輪をせずに...

スポンサーリンク

まず結婚式にお呼ばれした時のネイルのマナーについて知ろう

結婚式お呼ばれにしていくネイルにもマナーがあるので確認しておきましょう。

長すぎるネイルはNG

ロングスカルプチュアのような長すぎる爪は、結婚式にはNGです。食事をする際や物を取る時も扱いにくく、清潔感に欠ける印象を与えてしまいかねません。ドレスに引っ掛けてしまったり相手を傷つけてしまう可能性もあります。

派手すぎるデザインのネイルはNG

立体的なゴテゴテネイルや、大きなパーツがたっぷりついたネイル、蛍光色やレインボーカラーなど、派手すぎるデザインはNGです。

結婚式の場合は、ゲストの服装はネイルも含め花嫁より控えめにするのがマナーです。真っ赤なネイルなどビビッドなカラーも目立ちやすいので注意です。

暗い色やダークなデザインはNG

黒一色やドクロや蜘蛛の巣、ゴシック調など…。ハロウィンにはぴったりですが、結婚式には不向きです。花嫁や周りのゲストが見たら、えっ?と驚いてしまうかもしれません。不吉な印象を与えかねないネイルはやめておきましょう。

結婚式にお呼ばれした時、セルフなら単色やフレンチネイルがおすすめ

では結婚式お呼ばれにふさわしいネイルはどういうものでしょうか。

淡いピンクやベージュの単一色のネイル

ビジネスシーンでもOKな淡いピンクやベージュは、結婚式お呼ばれにもふさわしいネイルです。手元を上品に、血色良く美しく見せてくれる色です。

華やかさを足したい方は、爪の根元や爪先部分に細かいラメグリッターをのせるとキラキラして素敵です。甘さをおさえたい場合は、ダスティピンクなどの少しくすんだ色やスモーキーピンクを選ぶと落ち着いた印象になります。

ドレスに合わせたパステルカラーのネイル

ドレスと同色にしたり、ドレスと同じ色をネイルに部分使いしたり、ドレスの色と相性がいい色をネイルに選ぶのも素敵です。夏ならクリアカラーなどを取り入れると爽やか。グレーや黒など暗い色のドレスを着る場合は、ネイルは明るい色で華やかにするとバランスが良くてGOOD!

フレンチネイル

シンプルで清潔感のあるフレンチネイルは、結婚式お呼ばれにもぴったりです。セルフネイルでもやりやすいデザインなのでネイル初心者の方にもおすすめですよ。フレンチのデザインも逆フレンチや変形フレンチなど様々。色の境目の部分をグリッターで縁取ったり、ストーンを足すのも華やかになっておすすめです。

結婚式のお呼ばれネイルのアレンジにぴったりなアイテムを紹介

結婚式お呼ばれネイルを華やかにするアイテムをご紹介します。シンプルなネイルにちょっとだけ足すだけでぐっと華やかさがアップするので、ぜひ試してみてください。

ラインストーン

定番アイテムのラインストーン。キラキラと輝くストーンが入っているだけで、高級感がアップします。種類も値段が控えめなアクリルストーン、輝きが綺麗なガラスストーンがあるので好みな方を使いましょう。一粒だけ足したり、部分的に敷きつめたり、使い方は様々。クリアの他にピンクやゴールドなど色が入ったストーンと組み合わせて、デザインを作っても素敵です。

グリッター

グリッターはラメとも呼ばれる、キラキラの細かい素材。粉状のグリッターや、ジェルグリッターなどもあります。ネイルが一気にゴージャスに華やかになりますよ。全爪に使ってしまうと結婚式には少々派手なので、部分的に使用したり、一本の指だけグリッターでキラキラにするのがおすすめです。粒の細かいラメなら上品に、粒の大きいグリッターならパーティーにぴったりな華やかな印象になります。

スパンコール

プラスチックなどで作られた装飾用の素材です。光に反射するとキラキラするのが特徴。ハート型や星型、月、リボン、花など様々な形があり、ネイルにのせると賑やかで可愛いネイルができあがります。透明感のあるスパンコール、薄め色のスパンコールは爽やかな印象に仕上がり、夏にもぴったり。派手になりがちなので部分使いがおすすめですよ。

スタッズ

ネイル用スタッズはおしゃれ感を高めてくれるアイテム。シルバーやゴールドカラーのものが多く、三角や楕円などシンプルな形のものから、リーフ、星型など個性的な形まで。

スタッズを足すだけで、セルフネイルでもサロンでやってもらったようにレベルがぐっと上がったような印象になります。

季節問わずどんな色・デザインにも合うのでおすすめ。

パール

結婚式にぴったりなパール。ネックレスやイヤリングと合わせて、ネイルにパールを使うのも上品にまとまって素敵です。大小さまざまな大きさのものがあるので、大きいパールを一粒置いてその周りを小さいパールで縁取ったり、パールとスタッズを交互に置いて並べると高級感がアップしますよ。

女性らしく、結婚式にもおすすめなネイルパーツです。

結婚式のお呼ばれネイルは短いほうがおすすめ

セルフネイルをする場合、

「爪が短いのでネイルにむいていないかも」

「長さのあるネイルチップをつけた方がいいかな?」

と思う人もいるかもしれませんが、むしろ短い爪は結婚式にもぴったりなんですよ。

新郎新婦の親戚や職場関係、目上の方や年配の方など様々な世代の人が集まる結婚式ですから、どの世代からも好感を持てるネイルが望ましいです。とくに年配の方は長すぎるネイルは不快感を示す方も…。

結婚式お呼ばれのネイルは、むしろ長すぎるとNGということは気をつけておきましょう。

自爪が短くても、形を整えたり甘皮処理をすることで上品な爪になる

甘皮処理は見栄えが変わりますので、セルフネイルには必須

また結婚式当日までに塗りがはげたりパーツが取れてしまったりしないよう、なるべく直前にネイルして、トップコートでたっぷり保護するのを忘れずに。

自爪が短い方はグレージュやブラウンベージュなど、深みのるエレガントな色が大人っぽい印象になりおすすめ。ゴールドパーツやグリッターで、アクセントを足すとさらに華やかになれますよ。

着物で結婚式に出席する時におすすめのネイルは

着物で結婚式に出席する場合、着物マナーとして基本的にアクセサリーはつけませんが、ネイルはしてもOKです。

ただし着物に合った控えめなネイルを心がけましょう。
またゲストの方の場合は着物にネイルを合わせてOKですが、親族女性の場合は良くないとされています。ネイルをするとしても、ピンクやベージュなど控えめなカラーが望ましいです。

着物に合わせるネイル

淡い単色カラーやクリアカラー、グラデーション、フレンチネイルなど、上品なものがおすすめです。

ポイントとしてストーンやスタッズを足しても可愛いです。パーツはゴテゴテした大きいものは避けて、控えめなもので彩りましょう。大きすぎるパーツは着物に引っ掛けてしまう恐れがあります。

桜模様や小花柄、レースなど和風な模様を入れるのもとても可愛く、おすすめです。