結婚式の装花を節約しながらも華やかで素敵な式にする方法を紹介

結婚式の装花を節約したいけど、寂しい結婚式にならないかと不安なあなた。
結婚式をできるだけ節約するなら装花の節約がおすすめです。
装花を節約しても、工夫次第で華やかで素敵な結婚式にすることはできるのです。

そこで、結婚式の装花を節約する方法やポイントなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、装花を節約するためにできることがわかり、早速取り入れることができるでしょう。アイデアを上手に活用することで、きっとあなた好みの晴れやかな結婚式にすることができるはずです。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロフィールムービーを自作するコツとおしゃれに見せる工夫

プロフィールムービーは機材さえあれば自作することができますが、どうせ作るなら、おしゃれなプロフィール...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

結婚式にお呼ばれした時におすすめなドレスの色をご紹介

結婚式にお呼ばれした時に、ドレスを決めると思いますが、その時にデザインと共に色選びが重要になってきま...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

台風で結婚式の二次会を欠席する場合の連絡や対応のマナーとは

台風により急遽結婚式の二次会に参加できなくなってしまったとき、どのような断り方がスマートなのでしょう...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

結婚式のケーキの値段は段数や飾り付けによってかなり違います

結婚式のケーキにはいろいろな種類がありますが、自分たちの結婚式のケーキとなるとオリジナルにしたい、豪...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。何事も下準...

結婚式をやりたくない女性が知っておくべきいくつかの事

結婚式でウェディングドレスを着るのは多くの女性の憧れとは言いますが、中には結婚式はやりたくないと感じ...

幼馴染と結婚すると離婚しにくい?離婚しやすい夫婦について

幼馴染と結婚した場合は離婚しやすいのでしょうか?実は、幼馴染との結婚は離婚しにくいと言われています。...

引出物は宅配で!ゲストに失礼にならないサービスの利用方法

結婚式の引出物をゲストの自宅などに宅配で郵送することを検討している方もいるのではないでしょうか。引き...

結婚式の席次表に載せるプロフィールの項目の例について知りたい

結婚式を行う際は、決めることが山程ありますが、その中の一つに席次表に載せるプロフィールがあります。...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

スポンサーリンク

結婚式の装花を節約するためには必要なものだけを見極めること

結婚式の装花は会場を華やかに彩ってくれる大事なアイテムですが、あれもこれもと足していると、あっという間に予算をオーバーしてしまいます。装花って意外と高いんですよね…。

装花はある程度あれば、多少節約してもそこまで寂しい会場になりません。必要なものだけ見極めて、装花にばかりお金をかけてしまわないよう気をつけましょう。

装花を使われる場面は、ざっと考えただけでもこれだけあります。

  • ブーケ
  • ブートニア
  • チャペル祭壇
  • バージンロード
  • フラワーシャワー
  • 高砂テーブル
  • ゲストテーブル
  • ウェディングケーキ&入刀用ナイフ
  • ヘアアクセサリー
  • ウェルカムボード
  • 会場の入口、受付、廊下など

ブーケにいたっては挙式用、披露宴(お色直し)用、ブーケトス・ブーケプルズ用、親への贈呈用など全て使おうとしたらこんなにあります。造花ではなく生花を採用しているところが多いので、全てを花で装飾しようとしたら金額はかなり跳ね上がってしまいます。

そこまで全てを網羅しなくても、華やかに会場を彩る方法はあります。

「何も装飾をしていない会場はどんな感じなのか?」を確認する

ブライダル雑誌やパンフレットに使われている会場イメージ写真は装花をフルに使っているので、何も装飾のない状態だとどんな雰囲気かを見ておくことが大事です。

結婚式用につくられた会場なら壁紙、照明などそもそも華やかな装飾をしてあることもあります。その場合は装花をそこまで足さなくても十分。まずは何も装飾していない状態の会場の雰囲気を確認して、装花をどれだけ追加するかを決めていきましょう。

結婚式の装花を節約するには季節の花やキャンドルなどのアイテムで賢く華やかに

結婚式の装花が高くなるポイントとして、花の量や大きさはもちろんですが、花の種類も値段に影響してきます。

好きな花や思い出の花を使いたい時もありますが、花の種類を指定すると、場合によっては値段が上がってしまうことがあるので注意しておきましょう。

もしこだわりがなければ、色やイメージなどをだいたい指定して、予算内におさまるよう花の種類はお任せするのが一番良いです。

色を指定した場合も季節の花でなければ高くなってしまうことがあるので、最低限の希望を伝えておくようにしましょう。

花以外のアイテムで節約する

キャンドル

大きめのキャンドルや、水に浮かべたフローティングキャンドルを使えば、装花を節約しながらも幻想的な雰囲気を演出できちゃいます。昼間の結婚式はもちろん、夜の結婚式にはとくにぴったりですね。

ペーパーポンポン

ペーパーポンポンとは薄手の紙でつくった丸型の飾りのこと。結婚式のデコレーションの定番アイテムです。装花と同じくらい華やかになりますので、節約したい方にはおすすめですよ。

結婚式でのメインテーブルを小さくすれば装花を節約することができる

裏技として、メインテーブルを小さくして装花を節約するという方法もあります。

テーブルが大きければ大きいほど、装花の量が少ないと余白が増えて寂しい印象になってしまいますが、小さめのテーブルにすると同じ量でも一気に華やかにすることができます。

ワンサイズ小さめのテーブルに変更できるか相談してみましょう。

装花&キャンドルを併用すると良い

余白を埋めながら節約できる方法です。

量より高さを出すと豪華に見えるので、高さのある花やキャンドルを使うと効果的ですよ。

ゲストテーブルの場合は、一台のテーブルを大きくして座れる人を増やして、テーブルに使う花の数を減らすという方法もあります。

造花やグリーンを上手に活用することで節約するのもオススメ

造花を使う

会場が装花を手配するところは、造花は対応してくれないことが多いです。
しかしもし造花が使えたら大きな節約になりますので、念のため確認してみましょう。
ただ全て造花だと味気なくなってしまうので、目立たないところに使うのがおすすめです。

グリーンを活用する

葉っぱは生花より価格は抑え目になるので、ふんだんに活用するのも有りです。

グリーンは上手く使うとボタニカルでおしゃれな印象に仕上がります。ケーキ台の装飾などは、あまり視線がいかないですしケーキ自体が華やかなので、グリーンだけでも十分です。また装花と葉っぱを上手く組み合わせてボリュームアップさせるのもおすすめ。

季節が秋ならまつぼっくりや木の実をあしらっても季節感が出て素敵です。

ブーケにもグリーンを足らすと、お金をかけずボリュームをアップできますよ。

装花を節約しながらも華やかで素敵な結婚式にしましょう

ブーケを節約する

お色直しをする場合はウェディングドレス用とお色直しドレス用、ブーケを2つ用意することが多いですが、それぞれ持っている時間が短いのでもったいない気持ちもありますよね。案外ブーケを見ていないゲストの方も多いので、思い切って統一しちゃえば大きな節約になります。

お色直しドレス用のブーケにはドレスと同じ色のリボンで装飾したり、少し工夫するだけでも差がつきます。両方のドレスの色に合わせやすいカラーでブーケを作っておくといいですね。

ブーケを持ちこむ

通常、装花の持ち込みはだめなところが多いですがブーケのみOKという場合もあります。その場合は別のお店に作ってもらって持ち込んだほうが安く済むことが多いので、ブーケの持込みはOKか確認してみましょう。