結婚式の和装と洋装、どちらにするか迷った時の衣装の選び方

結婚式の衣装で悩むのが、まず和装と洋装どちらにしようか、またお色直しはどの衣装にしようかということです。
小さい頃からの夢だったという衣装や、親や親戚の意見を聞いて衣装を決定することもあると思います。
そこで、結婚式で着る洋装と和装の選び方についてご紹介します。
選ぶ時には、お色直しに必要な時間も考えて選ぶことが多いと思います。結婚式は花嫁が主役です。自分に似合う好きな衣装を着て思い出に残る結婚式にしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけでは...

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

両親へ結婚の挨拶をする場合の順番と当日やってはいけないこと

彼氏からプロポーズされたら、次はお互いの両親へ結婚の挨拶をするという流れになるでしょう。そこ...

両家顔合わせに兄弟を呼ぶ場合にかかるお金は自分たちの負担です

結婚することが決まり、両家顔合わせの食事会を開催するとなると、結構なお金がかかります。さらに兄弟を呼...

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

彼女が結婚の話をしないときに確認するポイントや注意点を紹介

彼女と結婚をしたいのに、彼女からは結婚の話をしないと自分と結婚する気はないのではと考えてしまいます。...

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。30代で交際している彼氏と結婚について...

ご祝儀を兄弟に渡す場合、自分が未婚だったらどうすべきか

結婚する時にご祝儀の相場は、相手が友達の場合だったり、兄弟の場合とでは少し違ってきます。さらにそ...

結婚式のドタキャンの理由について伝え方や気をつけたいマナー

出席予定だった結婚式を急遽ドタキャンしたいときは、理由について悩んでしまいます。結婚式にどうしても行...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか?...

結婚式のケーキの値段は段数や飾り付けによってかなり違います

結婚式のケーキにはいろいろな種類がありますが、自分たちの結婚式のケーキとなるとオリジナルにしたい、豪...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

スポンサーリンク

結婚式で着る花嫁衣装の種類

結婚式を行うことになったら、早めに決めたいのが当日着る衣装です。

花嫁だけが着ることを許される”ウェディングドレス”や”白無垢”といった衣装に誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

2時間弱という長い披露宴の中で、中座して衣装替えを予定しているなら、雰囲気の違う衣装に換えて入場することも出来ますよね。

花嫁が結婚式で着る衣装は、花婿の衣装よりも多くの種類があります。

まずは、何と言っても純白の「ウェディングドレス」と「白無垢」です。

挙式がチャペル(洋式)か神前式(和式)かによって選ぶ衣装も合わせたものになります。

一般的には披露宴前に行う挙式のスタイルの衣装で披露宴での1着目の衣装にするというケースが多いようです。

2着目の衣装としては、「カラードレス」や「色打掛」、「引き振袖」があります。

それぞれの衣装の組み合わせによってウェディングドレスxカラードレスの洋装スタイルや白無垢xカラードレスなど、和洋の違った雰囲気も印象が変わり、おすすめです。

結婚式では和装と洋装、組み合わせで多いパターンは

純白のバージンロードを歩き、花婿の元へと進むチャペル、厳かな雰囲気の中愛を誓い合うチャペルでの挙式は、ロマンチックな雰囲気もあり、多くの女性の憧れではないでしょうか。

挙式のスタイルをこの教会式にする割合は、全体のカップルの6~8割とも言われているほど、人気が高いスタイルです。

そのため、挙式で着たウェデングドレスを披露宴の入場時にそのまま着ることで、その間に両家での写真撮影などの時間が取れたり、時間に余裕を持てるというメリットから一番スムーズという理由で選ぶ人が多いようです。

披露宴当日は、着慣れない衣装で花嫁は食事をする時間がなかったり忙しく、また衣装を着ることで体に負担がかかるもの。スムーズに着替えられる洋装から洋装への衣装替えを選択している人は多いようです。

結婚式の和装と洋装迷った時には、お色直しの時間で決めるカップルも

昔の結婚式では、披露宴の中で3回や4回も衣装選びをするという人も多かったようですが、最近では、ゲストとの距離を近くしたよりアットホームな結婚式も人気で、その場合、中座する時間を少なくするために、衣装替えを1回にしたり、衣装替えをしないという人もいます。

洋装から洋装への衣装替えは着替えの時間が短く済む

衣装替えをする場合、人気があるのは、ウェデングドレスからカラードレスへの衣装チェンジです。

ドレスのデザインやカラーも豊富で、ウェデングドレスとは異なる雰囲気を出せますし、洋装は和装よりも着替えに時間がかからないということも選ぶ人が多い理由です。

ガラリと雰囲気を変えたいという場合は、1着目のウェデングドレスから、2着目を色打掛や引き振袖などの和装を選ぶと違った雰囲気を衣装を着る本人はもちろん、ゲストも楽しむことが出来るので、おすすめです。

チャペルでの人前式なら和装もOK

一生に一度の結婚式では、自分の思い描いていた夢を持って臨むという人もいるでしょう。

小さい頃から純白のウェディングドレスを着てヴァージョンロードを歩くのが夢だったという人や、日本人ならではの和装で式を挙げたいなど、人によってその内容にも違いはあるでしょうが、結婚式にはこのように衣装に対するこだわりや夢を持っているという人は多いと思います。

ただ、披露宴の前に行う挙式がチャペルのような洋式や神前式のような和式かのどちらかひとつで行うことになるため、挙式スタイルを決めることによって、自然と衣装もウェディングドレスか白無垢かに決まるということが一般的です。

例外的に人前式を選ぶ場合は、洋式でも和式でもどのような形でも良いため、好きな衣装を着ることが出来ます。

新郎新婦の衣装は洋式や和式のどちらかに合わせた形が自然ですが、白無垢や色打掛など和装で人前式をすることも出来るということです。

和装にしてみたいけれど、神前式の厳粛な雰囲気が気になるという人には、人前式で和装を着るという方法もおすすめです。

和装でも、最近では挙式のスタイルに合わせて雰囲気を可愛らしくアレンジすることも出来ますし、衣装の柄や色によっても、雰囲気が変わるので、自分のイメージに合わせた和装を選ぶことも出来ます。

結婚式の和装と洋装、費用面では違いがあるのか

結婚式は、人生の一大イベントの1つ。

子供の頃からの夢を結婚式に託して臨むという花嫁さんも多いのではないでしょうか。

結婚式で着る衣装を選ぶ時に、気になるのがその費用です。

結婚式の衣装はドレス1着平均20万円

見積もりを見て予想外の高額な衣装代にびっくりしたという人もいるかもしれません。

気に入った衣装を選んだら、あっさり予算オーバーしてしまったという人も多いのでは?

でも、人生で1度切りの結婚式では、後から「やっぱりあの衣装にしておけば良かった…」などと後悔のないようにしたいですよね。

和装と洋装では、1着ごとの値段は和装の方がやや高い

でも、だからと言って洋装を選ぶと、挙式にかかる費用を見た時に、和式よりも高くなっていることもあるので、衣装の値段だけでは和装と洋装どちらがお得かは判断が出来ません。

自分たちが行う披露宴のプランに衣装代がいくらまでなど含まれているということもあります。

後でやっぱりアレにしておけば良かったという後悔だけはしないようにプランなども検討しながら、じっくり考えるようにしましょう。