乾杯の挨拶!結婚式を親族のみで行う場合のポイントについて

結婚式には乾杯の挨拶がつきもの!一般的には会社の上司などにお願いをしますが、親族のみの場合は誰に頼むと良いのでしょうか?

乾杯の挨拶は親族のみで行う場合、誰が行ってもマナー違反とはなりません。式の雰囲気も考慮して、挨拶をしてほしい方に頼むと良いでしょう。

また親族のみの結婚式を行う場合の、新郎新婦が気になるポイントについてもご紹介をいたします。参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

男が結婚指輪を外す理由!不倫している旦那への対処法を紹介

男が結婚指輪を外すときは一体どんなことが理由として考えられるのでしょうか。自分の夫が結婚指輪をせずに...

結婚に反対!親が娘の結婚に反対する理由と親を説得する方法

好きな男性と結婚したいと親に報告した時、結婚に反対されてしまうと、とても悲しい気持ちを抱えることにな...

シングルマザーの再婚が難しい理由と幸せな再婚へのルール

シングルマザーの再婚は難しいという印象があります。結婚が自分だけの問題ではなく、大切なお子様にとって...

シングルマザーの再婚に失敗しない相手選び!幸せな再婚をしよう

シングルマザーとして子供を育ている人の中には、将来再婚をして新しい家庭を築きたいと考えている人もいる...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

結婚式をしない人の割合はどのくらいなのか、その理由も解説

入籍はしても結婚式はしないという人が増えていると言われていますが、その割合はどのくらいなのか気になる...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

年の差結婚を反対する親の説得方法。親を安心させるための接し方

年の差のあるカップルが悩むことの一つに、親への報告があるのではないでしょうか。特に父親への報告は、頭...

シングルマザーが再婚するきっかけを知りたい!決意とタイミング

 シングルマザーのみなさんが再婚に至ったきっかけとは? 離婚したのですから、正直、結婚生活に...

彼氏の家への泊まりの頻度と理想の頻度。彼氏の理想とNGな事

彼氏の家への泊まりってみんなどのくらいの頻度で行ってるの?と疑問に思ったことはありませんか?...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

年賀状は結婚式後に両親へ出すべき?年賀状の書き方

結婚式後に両親へ年賀状を出すときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?お正月に...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

スポンサーリンク

親族のみの結婚式の乾杯の挨拶!一般的なのは

親族のみの結婚式では、式の進行や挨拶などに細かい決まりがなく、自由に流れを決められるのがメリットの一つです。

私も両家の親族のみを招いて、30人以下の小さな結婚式を行いましたが、終始和やかな雰囲気で楽しい結婚式になったのが良い思い出になっています。

乾杯の挨拶を誰にするかは、その結婚式に参加する人の年齢層や、性格、式全体の流れによっても異なりますが、一般的には、「新郎」が行うか「伯父」が行う場合が多いようです。

結婚式は乾杯で始まりますから、招待をした側の新郎や、新郎新婦2人がウェルカムスピーチを兼ねて乾杯の挨拶をするというのが自然の流れです。
「来てくれてありがとう」の気持ちと、「今日は楽しんで下さい」の思いを乾杯に込めれば、最高に盛り上がる乾杯スピーチになりますね。

新郎父や新婦父の挨拶を式中に設けている場合には、特定の人ばかりが結婚式で目立つことがないように、伯父に役割を振ることが多いようです。
両家に伯父がいる場合には、新郎側を優先したり、両家の中でも年長者の伯父にしたりなど、優先順位を統一して決めると公平になって良いですね。

ちなみに私の場合は、最後に新郎父のみの挨拶を予定していたので、乾杯は新婦父にお願いをしました。

結婚式の乾杯の挨拶は親族のみなら姪っ子や甥っ子もあり

一般的な結婚式では、花束贈呈などでちびっ子たちが活躍する催しがありますが、親族のみの結婚式では、そのような場面も少なく、甥っ子や姪っ子たちが登場できるシーンはあまりありません。

乾杯の挨拶を甥や姪に頼むというのも一つの方法です。

小さい子がセリフを覚えてスピーチする姿は微笑ましいですし、会場全体が和やかな雰囲気の乾杯から始まるので、そのあとの歓談も盛り上がること間違いありません。

よく、友人の結婚式で乾杯のスピーチをしている甥っ子や姪っ子を目にしますが、

「○○おじさん、○○ちゃん、結婚おめでとう」
「いつも○○をして遊んでくれてありがとう」

と、子どもたちが喋ると何を言っても許されてしまう感が大好きで、会場全体が笑いに包まれるのが、幸せいっぱいの結婚式には本当にぴったりです。

スピーチをする子どもにとっても、初の大舞台で大きな拍手をもらえる経験は大変貴重で、その後の自信にもつながるので、良い機会になるでしょう。

しかし、当日の緊張のこともあるので、本人のやる気が第一!
依頼するときには本人のやる気を確認することと、式直前で嫌になってしまわないように、兄弟には楽しい練習を重ねてもらうことを徹底しましょう。

結婚式の乾杯の挨拶!内容について

親族のみの結婚式では、乾杯の挨拶が長くなるのは避けたいです。

できるだけ両家が交わる時間を長くとりたいですし、形式だった式にする必要はありませんので、乾杯の挨拶は1~2分で済ませてもらうように依頼するのが良いでしょう。

どちらか一方が形式を大切にする家族の場合には、あまり砕けた挨拶にならないように。

  • 「ただいまご紹介にあずかりました…。」
  • 「僭越ではございますが…。」
  • 「2人の末永い幸せと両家の発展をお祈りして…。」

上記のような形式を使って挨拶を作った方が誤解が生じずに済みます。

両家ともに、何度も顔を合わせていたり、打ち解けていたりする場合には、少し砕けた挨拶でも大丈夫。
新郎新婦との思い出などを交えてもらいながら、楽しい雰囲気の挨拶文を考えてもらうように依頼しても良いでしょう。

乾杯の挨拶は、「笑顔で」「はきはきと」「短く」するのがポイントです。
緊張して早口にならないように、落ちついて話せるような雰囲気づくりをしておきましょう。

親族のみの結婚式の流れ

親族のみの結婚式では、式の流れに悩む新郎新婦も多いと思います。

参加するのは親族のみなので、これといった決まりはありませんが、形式を重んじるタイプの親族が多い場合には、「親族紹介」や「挨拶」「ウェディングケーキ入刀」「両親への花束贈呈」などの一般的な結婚式に盛り込まれる催し物を加えた方が良い場合もあります。

私の結婚式は、乾杯の挨拶から始まり、

参加者全員からのスピーチ(1人1分以内のルールを決め、時間になったら卓上ベルを鳴らす)

  • ケーキ入刀
  • 甥っ子にファーストバイト
  • マルバツゲーム(景品あり)
  • カラオケ大会
  • 新郎新婦挨拶
  • 新郎父挨拶

という参加者全員参加型の結婚式の流れにしました。

披露宴にはこだわらずに、演出や催しを一切せず、両家が歓談をして終える食事会タイプの結婚式も、主流になりつつあるようです。

親族のみの結婚式の流れは自由なので、親族の性格や年齢層に合わせて両家で相談をし、自由に組み立てて行くのが良いと思います。

親族のみの結婚式でも司会がいるとスムーズに

親族のみの結婚式の場合でも、場の仕切り役や司会進行役は必要になります。

結婚式の時間は決まっているので、ある程度の時間で流れを区切ったり、終わりに近づいているということを知らせる役割が必要だということは、結婚式を実際にしてみて実感しました。
当初は、司会はいなくても、みんなで楽しくドンチャン騒ぎをして楽しめるはず!と思っていましたが、実際は楽しくて時間が伸び伸びになってしまうので、しっかり時間で区切る人がいないと、結婚式の尺が足りなかったと思います。

私達の場合は、ウエディングプランナーさんの方から、「司会はいたほうがいい!」と打ち合わせで勧められていたので、早い段階から司会者をどうするか、旦那と相談することができました。

司会者を依頼すると、2時間の結婚式でも結構な料金が発生するので、正直私達には負担が大きく、また、親族のみの結婚式に外部の人を入れることで、よそよそしい雰囲気にしたくなかったということもあり、私達新郎新婦で司会をしようということになりました。
司会が得意な伯父や兄弟もいましたが、そこは負担を考慮して、ゲストには楽しんでもらうことを優先しよう、という話し合いになったのも、新郎新婦で司会をしようと決めた理由です。

プロの司会者を頼むのでも、親族の中から選出するのでも構いません。
結婚式の規模や、演出の数に応じて、適任者を選ぶのが良いでしょう。