テーブルコーディネートのコツ!結婚式を節約して素敵に演出

結婚式の費用を節約しようと考えたとき、テーブルコーディネートの部分でも何か節約することはできないか、コツやポイントが知りたくなります。

節約はしたいけど、一生の思い出に残るような素敵な結婚式にしたいと思うのが女性の望みではないでしょうか。

ここでは、結婚式のテーブルコーディネートを節約するコツやポイントについてお伝えします。少しでも節約をして、素敵な結婚式を演出しましょう。

また、テーブルコーディネート以外の面でも節約できることについてご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

初デートは会話の「たちつてと」を意識して!会話上手になる方法

好きな男性と初デートの日を迎えたら、どんな会話をすれば良いのかわからずに、少し緊張してしまうものです...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

結婚式当日の雨にショックを受けないために今から入念な準備を!

屋外で結婚式を行う場合、当日ショックを受けてしまうのが雨です。開放的な空間で自然を感じながら行う...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

披露宴の流れとは?ゲストの立ち居振る舞い方を紹介します

披露宴の流れを邪魔しないようにゲストは行動することが大切です。しかし、どんなことに気をつけたらいいの...

子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。もちろん子連れの方でも幸...

結婚式の祝辞のお礼は品物?それとも現金?お車代について

結婚式に祝辞や乾杯の音頭、スピーチをお願いした場合はお礼はどうしたら良いのでしょうか。現金で渡すのが...

結婚式の準備で疲れたと感じる女性へ。準備疲れを解消する方法

結婚式の準備を始めると、思っていた以上に決めることがたくさんありすぎて、結婚式の準備に疲れたと感じる...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。ですがそれはブーケではな...

ステンレスの指輪のメリット・デメリットについてご紹介

ステンレスの指輪にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?人とは違ったものにした...

ショートヘアでウェディングの髪型を楽しむ!おすすめアレンジ

ショートヘアでのウェディング向きの髪型に悩む人もいるのではないでしょうか。しかし、最近ではショー...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

結婚の祝儀・親からの祝儀相場や渡し方・結婚資金の援助について

子供の結婚が決まり、結婚式に向けて色々な準備をしているご家庭もありますよね。親として子供にどんなこと...

スポンサーリンク

結婚式のテーブルコーディネートを節約!お花の選び方

結婚式を華やかに演出するために欠かせないのが、テーブルコーディネートのお花です。しかし、生花は高価で豪華にすればするほど予算が跳ね上がってしまうものです。

テーブルコーディネートの部分を節約したいなら、使うお花に着目してみましょう。

結婚式で使う装花

思い描いている結婚式のイメージに合う花か好きな花を使いたいのが理想ですよね。

ただ、使いたいお花が結婚式を挙げるシーズンに旬を迎えていない場合は、価格が高くなってしまいます。食べ物でも旬の時期は沢山生産されて安くなりますが、季節外の時は高いですよね。

お花も同じなので、使いたい花が旬の時期でない場合は、似た雰囲気の旬の花にした方が価格を抑えられます。

もしくは、年中安定して生産されているお花も比較的価格が抑えられます。常にお花屋さんで見かける種類のお花は使いやすいでしょう。

テーブルコーディネート節約のコツ・ボリュームの増やし方

綺麗なお花を使ってもコンパクトなサイズにまとまってしまうと、どうしても寂しく見えてしまったり、華やかさに欠けてしまう事があります。

華やかさや豪華さを出すためにはボリュームも必要ですが、お花を沢山使うと予算が気になるところです。

おすすめテーブルコーディネート

シックな雰囲気やナチュラル系が好き

緑をたっぷり使うのがお勧めです。
緑を使えば生花よりも安価なものが多く、テーブルコーディネートの予算を節約できますし、色のメリハリも出せます。

カラフルな可愛い雰囲気にしたい

花びらを散らしたり造花を混ぜるのがお勧めです。花びらを散らすと、それだけで空間を埋めることが出来ます。造花はクオリティの高い物を使えば、ぱっと見では分かりにくいです。生花と混ぜて使う方法もあります。

大人っぽい雰囲気が好き

大ぶりの花を混ぜるのがお勧めです。大ぶりの花自体は単価が高い物が多いですが、存在感があるので使う本数が減らせるので結果的に予算を抑えられることがあります。緑と大ぶりの花を組み合わせると大人っぽく上品な雰囲気になります。

お花にビジューのようなキラキラアイテムやキャンドルなどを組み合わせても、華やかになってボリューム感を出せますし、テーブルライナーを使って色を足すのもお勧めです。

結婚式のテーブルコーディネート・節約のポイント

テーブルコーディネートは、テーブルの数が多くなればなるほど予算が高くなるケースもあります。

節約出来るところとは

新郎新婦のテーブル

ゲストが座るテーブルよりも新郎新婦が座るテーブルが一番装花にお金がかかります。大きなテーブルだと、その分装花のスペースが広くなってしまうので、新郎新婦のテーブルもコンパクト目にするのがお勧めです。

ゲストのテーブル

大人数が座れるテーブルにして、テーブル数を減らせば装花の数も減らせます。

また、ゆったり座ってもらった方がゲストはリラックス出来ますが、ぎりぎりの人数で座るようにすると、グラスやカトラリーのテーブルセットにスペースが必要になるため、装花がコンパクトになっても気にならなくなることもあります。

結婚式の装花はテーブルコーディネート以外にもちりばめられていますが、不要と思うところは全部使わないようにしたり、ゲストが注視しないような場所は全部造花にしたりしても予算が抑えられます。

ある程度はお任せで!予算を伝えてリクエストするのも節約の方法

テーブルコーディネートもおもてなしの一つと考え、自分たちで決めて行きたいという人も多いと思いますが、節約したいならある程度お任せしてしまうのも手です。

自分たちでどんなに調べても、プロはもっと多くの結婚式やアイディアを見てきていますので、予算を伝えれば、その予算に合うお花や材料を提案してくれます。

結婚式は要望が多くなるとその分値段が上がってしまう

予算と譲れない条件、出来ればという希望を伝えてみましょう。
例えば、「ボリューム重視」「緑と白ベース」「かわいいより大人っぽい雰囲気」「造花は出来れば使いたくない」などある程度方向性が分かりやすい希望を伝えるのがお勧めです。

予算と希望を伝えて、イメージが出来上がったら必ず事前にイメージを見せてもらって確認しましょう。

イメージの捉え方は人それぞれなので、思っていた雰囲気と違って後悔しないようにする必要があります。思い描く雰囲気やイメージに近い画像をいくつか用意しておくと、より伝わりやすくなります。

テーブルコーディネートを節約しすぎるとゲストにバレる!上手な結婚式節約方法

結婚式はお金がかかるので少しでも節約したいと思う人が多いです。ただ、どの部分を節約するかによって結婚式全体の印象が左右されてしまうので慎重にならなければなりません。せっかくのハレの日なのに、ゲストにケチってると思われたら嫌ですよね。

テーブルコーディネートや装花もゲストの目に留まりやすい場所

節約をやりすぎると寂しい印象になってしまう恐れがあります。

そのため、テーブルコーディネートの節約はほどほどにして、他の部分で節約することも考えましょう。

式場によっては結婚式を挙げる日にち次第で大きく予算が変わるケースもあります。お得なセットプランを用意している式場も多いですし、値引き交渉すれば少しは下げてくれる場合もあります。

持ち込み料がかかる式場も多いですが、持ち込みをしても料金がかからないアイテムもあるので、そういうアイテムは手作りしたり自分たちで用意して節約するのが基本です。

結婚式で一番お金がかかりやすいのは衣装

衣装直しの回数が増えれば増えるほど予算が跳ね上がっていきます。こだわりが無ければ衣装の数は最小限にするのがお勧めです。

結婚式ではドレスを1着だけにして、和装はフォトウエディングの格安プランを利用するのも良いでしょう。