バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取ることに不安を感じてるあなたへ

 バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取り合うことに、モヤっとする。 
 頭ではわかっていても、気持ちがついていかない。
 バツイチでなくとも、元カノのことを気にする人は気になりますし、気にならにならない人は気になりません。

 元嫁さんの存在ではなく、彼氏に愛されているという満足感や幸福感を得られていないからではないのでしょうか?

 今回は、バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取り合うことについてモヤモヤする気持ちとその対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

いとこの結婚式に着物で出席する場合、どんな着物にすべきか

いとこが結婚式を挙げるとなった時に少し困るのが、着ていくものです。 友人であればドレスで決まりです...

入籍後に氏名を変更するものとは?まずは免許証からがスムーズ

入籍をして氏名を変更するときには、何から行うといいのでしょうか。できるだけスムーズに氏名変更をするに...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合があ...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか? ...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。 もちろん子連れの方でも幸...

年の差結婚を失敗したと後悔しないために知っておきたいこと

年の差結婚は失敗しやすいなんて話を聞いたことがありませんか?男性が年上で女性がかなり年下という年齢差...

一人暮らしが寂しいから結婚したいはアリ?彼氏と結婚する方法

一人暮らしをしている女性の中には、自分一人の生活を寂しいと感じ、お付き合いしている彼氏と結婚したいと...

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

スポンサーリンク

バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取り合うのは『子供』が居るから

バツイチ男性との恋愛は、普通の恋愛とはちょっと違った深い悩みが色々と出てくるのではないでしょうか?

バツイチの男性を好きになってしまった場合、ある程度の覚悟を持って恋愛に挑まなければなりません。

元嫁との間に子供がいる場合、子供との血の繋がりは一生消えることはありません。子供との面会のために元嫁と連絡を取り合うこともあるでしょう。

それに対していちいち文句を言ったり、落ち込んだりしても仕方ありません。

確かに別れた元嫁と連絡を取るのは、なるべくしてほしくないですよね。気持ちはわかりますが、彼氏には父親という大事な役割があるのです。

元嫁に未練があって連絡しているのではない、あくまでも「子供のため」というのを理解してあげてください。

離れても子供を大切に思っている、誠意のある素敵な彼氏だと思いましょう。

バツイチの彼氏の過去をポジティブに捉えられないならお付き合いは難しい。元嫁の存在はずっとあり続ける

どんな人間にも過去はあります。離婚の理由は人それぞれですが、別れたとはいえ一度は結婚するまで愛し合った関係です。元嫁の存在を彼氏の中から完全に消すことはできないでしょう。

バツイチかそうでないかに関係なく、価値観の違いを感じることは恋人同士なら誰もが経験することだと思います。お互いの過去や今の環境を尊重し会える関係でないと、上手く付き合っていくことは難しいのではないでしょうか。

離婚というのは、ものすごく大変なことです。離婚を経験された方の中には、もう二度と恋愛はしたくないという人もいます。そんな中で、バツイチの彼氏はあなたを選んでくれたんですよね。それはあなたとならもう一度恋愛したいと思えたからではないでしょうか。過去にこだわりすぎず、自分に自信を持って彼氏と向き合ってみてください。

バツイチの彼氏から元嫁の存在を消すことはできない。

離婚が増えている現在、バツイチはそれほど珍しいものではありません。一度結婚を経験して、落ち着きがあって素敵とバツイチ男性が好きな女性も多いようです。

ですが、バツイチ男性とお付き合いをはじめるときには、ある程度の心構えをもって付き合わなければいけません。いわゆる「普通の恋」を望む女性なら不満が出てくることもあると思うので、しっかり考えてからお付き合いをはじめましょう。

バツイチ男性には再婚をまったく考えていない人もいます

もし、自分は結婚を前提に付き合いたいのであれば、事前に気持ちを確認しておいた方が良いです。また、彼氏に子供がいる場合、今後子供を作る気持ちがあるのかも確認すると良いでしょう。

彼氏が元嫁や子供と会うことに口出しはしてはいけません。
別れても子供ときちんと会っているのは、誠実さの証でもあります。養育費や慰謝料についても、文句を言ってはいけません。元嫁と子供とはなかなか縁が切れるものではありません。我慢できないようであれば、はじめからお付き合いをしないことです。

万が一、元嫁と比べられても怒らずに広い気持ちで接することができますか?一度しっかり考えてみてください。

バツイチの彼氏の立場に立って。バツイチで恋愛することについて

バツイチの男性は、恋愛に対して最初から諦めていたり、消極的になる傾向があります。
バツイチである自分に自信を持てずに、バツイチを引け目に感じていることも多いようです。

ようやく交際に発展しても、消極的な態度から彼女を不安にさせてしまうことも多くあるようです。

バツイチの男性と付き合う場合は、消極的になってしまう彼氏の気持ちを理解してあげて、あなたの方から積極的に気持ちを伝えてあげることをおすすめします

そうすることで、彼氏も安心してあなたに気持ちを伝えられるようになるかもしれません。

彼氏に子供がいる場合は、彼女より子供を優先してしまうこともあるかと思います。
子供にとって、父親は彼しかいません。決して子供と自分を比べることなく、父親である彼氏の気持ちを考えた行動をしてあげてください。

バツがあってもなくても。彼氏とはお互いを高め合える関係を

バツイチと聞くと悪いイメージをもたれる方も多いかと思います。
バツイチという理由で周囲から交際や結婚を反対される可能性もあるでしょう。

日本では現在3組に1組が離婚という道を選んでいます。
男女問わずバツイチの方と出会うことは多くあると思います。

離婚の理由はカップルによって様々です。
バツイチでも魅力的な方はたくさんいます。

バツイチという理由で恋愛を諦めてしまうのはもったいない

バツイチの彼氏と付き合うと、普通の恋愛では考えなくても良い不安要素がたくさん出てきます。子持ちであればなおさら一筋縄ではいかないことも多くあるでしょう。

ですがそれを乗り越えて幸せになっているカップルはたくさんいます。

バツイチであるということは消すことのできない事実です。しかし、離婚という過去があったからこそ今の彼があるのです。
過去も含めてすべてを愛することができれば、不安も解消されると思います。

バツイチであってもそうでなくても、最終的にはその人にどれほどの魅力があるかという事だと思います。
たくさん乗り越えなければいけない壁があったとしても、その人に乗り越えるだけの魅力があれば、前向きに付き合っていけるのではないでしょうか。

大切なのは、過去ではなく今の彼とあなたの気持ちです。
今の彼氏としっかり向き合って、お互いに高めあえる良い関係を築きましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666