友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。
友人でもあり結婚式の主役である新婦が笑ったり、感動したりしてくれるような内容のスピーチにしたいとは思っても、スピーチ用の構成の組み方を踏まえてから作成しないと、分かりづらい内容になってしまったり、感動とは程遠いものになってしまいます。
ここでは、結婚式のスピーチの書き方のコツなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シングルマザーの再婚・失敗しない再婚相手の条件と再婚方法

シングルマザーが再婚を考えた時、次こそは幸せな結婚生活をおくりたいと考えるものです。子供と一緒に幸せ...

ステンレスの指輪のメリット・デメリットについてご紹介

ステンレスの指輪にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?人とは違ったものにした...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。仮にお礼を渡す場合、そ...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。このとき、誰にエス...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか?彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

乾杯の挨拶!結婚式を親族のみで行う場合のポイントについて

結婚式には乾杯の挨拶がつきもの!一般的には会社の上司などにお願いをしますが、親族のみの場合は誰に頼む...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?親に反対された結婚は幸せになれるの...

結婚式にお呼ばれした時におすすめなドレスの色をご紹介

結婚式にお呼ばれした時に、ドレスを決めると思いますが、その時にデザインと共に色選びが重要になってきま...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

結婚のプレゼントを友達へ!お祝いマナーと選び方のポイント

結婚祝いのプレゼントを友達へ贈りたいけど、どんなものを選んだらいいのか悩みませんか?せっかくなら相手...

年賀状で結婚報告をするのはOK?旧姓の記入方法もご紹介

年末が近づくと年賀状の用意をしなくてはいけませんよね。結婚をしたばかりの家庭だと、結婚報告を年賀状と...

年の差結婚を失敗したと後悔しないために知っておきたいこと

年の差結婚は失敗しやすいなんて話を聞いたことがありませんか?男性が年上で女性がかなり年下という年齢差...

30歳から婚活を始める女性に知ってほしいポイント

今まで結婚に興味がなかったという人が、30歳になってようやく婚活を始めようとするのは、珍しいことでは...

スポンサーリンク

新婦の友人代表としてスピーチをする時の、構成の組み方

友人代表のスピーチはお祝いの言葉からはじめましょう。

新郎、新婦の名前をさんをつけて書き始めましょう。参列者の中には両家のご家族の方や会社の方などがいるため馴れ合った呼び方や呼び捨ては失礼になりますので注意しましょう。その後は祝福の言葉を述べて、呼んでいただいた事に感謝を述べましょう。

どのような間柄かを簡潔に伝えましょう。

貴方が誰との友人でどのような関係かを紹介させてもらいましょう。メインは新郎新婦であり、スピーチのメインも自分の紹介ではないので簡潔なつくりにしましょう。

新婦との思い出話を入れましょう。

みんなが温かい気持ちになるような内容や、みんなが笑えるような失敗談など会場のみんなで笑いあい幸せな空気になるような思い出を取り入れましょう。普段いえないような感謝の気持ちや、お友達でうれしい気持ちも入れるとまた思い出深いスピーチになるでしょう。

温かい言葉で締めましょう。

これからの新郎新婦の幸せを願うような内容で、その先も良い関係でいたい気持ちを伝えましょう。

友人代表でスピーチする時は、忌み言葉や新婦が嫌がる話は避けよう

友人代表のスピーチでは使ってはいけない言葉があります。結婚式やこれからの幸せを願うような場所には相応ではない言葉が「忌み言葉」といいます。どのような言葉があるか紹介します。
  • 分ける、別な方向へ行くなどお互いが寄り添わず違う方向を向いてしまうような言葉。
  • 悲しむ、敗北、嫌いなどマイナスな気持ちを表す言葉。
  • 度々、もう一度、など繰り返したり戻るを表現した言葉。
めでたい席ではそぐわない言葉があります。言い換えて使うか他の表現を考える必要があります。書き終わって自信がないときや気になる時は目上の方や身内の方に確認してもらい正しいスピーチ文を完成させましょう。

結婚式のスピーチは、新婦の友人代表だから言えるエピソードを入れよう

  • 型にはまらない。
    忌み言葉を使わない事は絶対に大事な点ですが、忌み言葉を使わないように気にしながら思いのままに新婦との思い出を書いて見ましょう。最初に思い出したものがあればそこから話は広がって行き自然と文章がまとまってくることがあります。
  • 隙を見せる。
    型にはまった綺麗な物語のような友人代表のスピーチだとなかなか共感しずらく頭に入ってこないことがあります。会場全体がほっこりするような誰も傷つけない内容の面白い話を入れると良いスピーチになるでしょう。
難しい言葉や文章を使わず、失礼にならない程度に貴方らしい内容を書きましょう。堅苦しい感じになってしまうと印象が薄くなってしまうこともあります。思いのまま書き出してみましょう。

友人代表のスピーチを頼まれたけど、良いエピソードが思いつかない時は

友人代表のスピーチをするのに新婦との思い出がなかなか出てこない場合は出会った頃から順を追って書き出してみましょう。

  • 写真を見直す。
    2人で出かけた時の写真や、貴方1人の写真でも良いでしょう。写真を見る事で当時の記憶がよみがえってきて2人の思い出ではなくても行った先の風景や、楽しかった事など思い出すことがあります。
  • 簡単に履歴書を書いてみましょう。
    年代や、季節が思い出されその時の年齢を当てはめると思い出しやすくなります。その時に流行ったものや美味しかったものなど数字に書き出してみると目安になります。
  • 当時の曲を聴いてみる。
    たまたま聞いた音楽が「懐かしい」と感じる事はないでしょうか?音から記憶がよみがえる事があります。
  • スピーチを書く前に一緒にお茶をする。
    聞き出そうとせずに何気ない会話から楽しかった思い出や、話をしてみましょう。話をする事でその当時の気持ちを感じる事が出来るでしょう。また会って話すことで思い出がよみがえる事があるでしょう。

友人代表のスピーチが成功するかどうかは練習にかかっています

友人代表のスピーチをするなら心配事や失敗を最小限に抑えるために確認と練習は綿密に行いましょう。

確認

忌み言葉は使われていないかを確認しましょう。本番スピーチの途中で気づいてしまっては緊張とどうしようという気持ちで無事読み終える事が出来ないことがあります。避けるためにしっかりと確認しましょう。

スピーチの時間を確認しましょう。友人のスピーチは5分以内に納めると良いでしょう。5分となると結構なボリュームがあります。また早口にならずゆっくり丁寧に読む事を心がけましょう。

失礼のない文章かの確認が済んだら練習しましょう。

新婦と貴方との共通のお友達に聞いてもらいましょう。
客観的な気持ちで聞いてもらえる人に一通り聞いてもらいましょう。文章の内容や時間、間の取り方など本番を意識して読み上げましょう。

確認してもらって本番に通用するような内容になったら何度も立った状態で練習しましょう。呼ばれてスピーチする場所に移動するようであったらその部分から練習すると時間配分など細かいところを確認する事ができさらに安心するでしょう。

練習を重ねる事で成功へスムーズに迎える事が出来るでしょう。