新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。
例えば、バラの花束をプレゼントして、改めてプロポーズをする演出では新婦の心に残るサプライズにもなるかもしれません。
では、どんなことに気をつけたら新婦にサプライズとして喜んでもらえるのでしょうか?

そこで、新郎から新婦へ花束を贈るサプライズ演出を成功させるコツや注意点についてお伝えしていきましょう。

せっかくの晴れの舞台、披露宴のゲストにも感動してもらえるようなサプライズにしたいですね。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

ウェディングのヘッドドレスの作り方!簡単にできる方法をご紹介

花嫁さんが結婚式でドレスに合わせるヘッドドレス!式場でレンタルが可能です。しかし自分で手作りをして、...

娘の結婚に反対!親が結婚に反対する理由と親を説得する方法

好きな人と結婚をしたいと思っても、親が結婚に反対をして結婚することができないという女性もいるのではな...

両家顔合わせの場所決めとは?遠距離のときはココがおすすめ

遠距離の結婚相手との両家顔合わせは場所をどこにするべきなのでしょうか?両親が働いていたり、体...

結婚式の余興を盛り上げるムービーでメッセージを伝えるには

結婚式の余興として人気なのがメッセージムービーです。短い時間の中で多くの人に出てもらえたり、どう...

プロポーズはサプライズを演出!フラッシュモブで踊るプロポーズ

お付き合いをしている彼女にプロポーズをしようと考えている男性もいるのではないでしょうか。一生の思い出...

プリンセスラインのドレスに似合うブーケを紹介します

プリンセスラインのドレスにはどのようなブーケが似合うのでしょうか?いくつかおすすめがありますが、花嫁...

結婚式の席札を自分で手作り!おしゃれなのに簡単に作れる方法

結婚式を自分らしいものにしたい!そんな二人の考えから、ウェルカムボードや席札を手作りする方が増えてい...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。友...

年の差結婚の老後のアドバイスと結婚前に知っておいてほしいこと

付き合っている彼氏が一回り以上年上という方もいます。結婚を考えているカップルも多いと思いますが、年の...

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。30代で交際している彼氏と結婚について...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

披露宴の流れとは?ゲストの立ち居振る舞い方を紹介します

披露宴の流れを邪魔しないようにゲストは行動することが大切です。しかし、どんなことに気をつけたらいいの...

スポンサーリンク

新郎がサプライズで新婦に花束をプレゼントする演出はオススメ

大好きな彼女と無事に入籍を済ませて夫婦になることができたら次に待っているのは結婚式ですよね。
結婚式は基本的には一生に一度しかありませんから、殆どの方は思い出に残るような素敵なものにしたい!と思うはずです。

そんな思い出に深く残るような結婚式にするためには「サプライズ」が欠かせません。
サプライズはどんな場面でも印象が強く残るものです。
結婚式という特別な場面でのサプライズであれば尚更強く印象に残ることでしょう。

結婚式での新郎から新婦へのサプライズは比較的多いと言われています。

結婚式で実際に行われているサプライズには様々なものがあるようですが、中でも特に多く定番となっているのが「花束のプレゼント」です。

花束を貰って嬉しくない女性はいません。
そんな女性の気持ちを上手く利用してサプライズ演出をしているのかもしれません。

また、花束を贈る際には「本数」や「花言葉」なども気にかけられているようで、不動の人気を誇っているのはやっぱり「バラ」です。

好きな人に気持ちを伝える際やプロポーズをする際にも用いられるバラは、愛する奥さんだからこそ渡せるお花でもあるため、結婚式のサプライズ演出には人気があるようです。ですが結婚式に贈る花束のお花の種類には他にも様々なものがあります。
ひまわりであれば「いつもあなただけを見ている」という花言葉がありますし、すずらんであれば「純愛」や「幸福の訪れ」のような花言葉があります。

どんな花束にするのかは旦那さんの自由です。
花言葉や本数に注目するのはもちろん奥さんとの思い出の花なども上手く取り入れて、世界に一つだけの素敵な花束でサプライズ演出を成功させましょう!

新郎から新婦へ花束を贈るサプライズ演出を失敗しないためには準備が必要

一方でサプライズには「失敗」が付き物でもあります。
失敗でも花束を用意してくれていたという気持ちは嬉しいものなのですが、正直なところ失敗と成功では「嬉しさ」の感じ方も大きく変わってしまいます。

ではサプライズ演出を失敗しないためにはどうした良いのでしょうか。

結婚式で行う新郎から新婦への花束のサプライズ贈呈で失敗しないためには「事前の準備」が大切になります。

結婚式を迎えるまでには様々な準備を行うことが考えれますので、そうした中で合わせてサプライズの準備も進めるようにしましょう。
また、サプライズ演出の準備をする上では一人で行うのも良いのですがそれだと他の様々な準備に追われて苦労することが考えられますので、基本的には結婚式に協力してくれるスタッフ(プランナー)さんに相談するようにしましょう。
結婚式での花束贈呈サプライズを考えている旨を伝えれば、きっと旦那さんの協力者となってくれるはずですよ。

新郎が花束を贈る結婚式でのサプライズ演出を成功させるためのポイント

結婚式での花束贈呈サプライズを成功させる上では、あるポイントを抑えておくことも大切です。

ポイントは主に2つ。

ひとつは「協力してくれる人を用意しておくこと」

サプライズは協力者が多ければ多いほど成功に近づけることができます。
結婚式当日や結婚式への準備期間で新郎が不審な行動を取るようなことがあれば、新婦はそれが気になってしまった結果サプライズを予測してしまうかもしれません。
そのようなことが起きないようにするためには、結婚式当日や結婚式への準備期間にサプライズ演出のために動くことがあっても、不審に思われないようにしなければいけないのです。
そうした不信感を招かない状況を作る上では誰かしらの協力者が欠かせません。
例えば、友人が旦那さんの協力者となってくれれば友人のところに出かけてくると言えばサプライズの準備を進めることができますし、プランナーさんが協力者となってくれればプランナーさんに呼ばれたから少し席を外すという口実で結婚式当日も花束を受け取りに行くことができるはずです。

サプライズをする上で協力者がいるに越したことはありません。
せっかく頑張って準備したサプライズが台無しとなってしまわないためにも「協力者」は作っておくようにしましょう。

次のポイントは「盛り上がりすぎないこと」です。

サプライズを計画してくれるとワクワクしますし、サプライズ当日の場面をイメージすることもあるでしょう。
しかしサプライズで驚く度合いは人によって異なります。

感情豊かな人であれば泣いてしまうこともあるかもしれませんが、全ての人がそういうわけではありません。
イメージしている状況と違えばどうしても気持ち的にも沈んでしまうものですので「きっとこうなるだろう!」のような勝手な盛り上がりは控えるようにしましょう。

新郎が新婦へサプライズ演出をするときはゲストのことも感動させたい

結婚式では新郎新婦のご家族を含め友人や会社の同僚や上司、部下など多くの人が足を運ぶことになります。
そのためサプライズ演出をする際にはそうした「ゲスト」のことも配慮した演出をすることが大切となります。

ゲストにも楽しいと思ってもらえるような空間を意識してサプライズの演出を考えてみましょう。
サプライズの演出時間は長すぎないか、花束と一緒に手紙やビデオなどの演出があるかなどを考えてみると良いでしょう。

素敵なサプライズ演出やアイデアで思い出に残る結婚式にしましょう

結婚式では今回ご紹介した新郎から新婦への花束贈呈サプライズのほかにも様々なサプライズや演出があります。

「一生に一度の結婚式は思い出に残るものにしたい」
この気持ちは十分に分かりますがサプライズや演出を詰め込みすぎてしまうと、結婚式に足を運んでくれたゲストが疲れてしまうことにもなりかねません。
サプライズはほどほどに行うからこそ特別な空間や思い出となるものでもありますので過度な演出は控えるようにしましょう。

結婚式は親に感謝の気持ちを伝えるひとつの機会でもあるため、サプライズは親に向けて行うのもオススメです。

生い立ちから現在に至るまでのことをまとめて映像にしてみたり、手紙を読み上げたりなどのことをしてみると良いかもしれません。

一生に一度の結婚式をぜひ良い思い出として残すことができるように色々試行錯誤してみて下さいね。