子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。
もちろん子連れの方でも幸せな家庭を築き、再婚を成功させている方はたくさんいますが、子連れならではの悩みや問題に直面しているのは事実です。
一番考えたいのは、やはり子供のこと。
もう結婚のチャンスはないかもしれないと、子供の気持ちをないがしろにして焦ってしまうのだけは避けるべきです。
子連れ再婚を成功させるために考えたいこと、子連れ再婚を相手の親に反対されてしまった時の解決策についてもご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

友人スピーチの手紙を渡す時のベストなタイミングと書き方のコツ

とても仲の良い友人の喜ばしい結婚。結婚式で友人スピーチを頼まれることになった場合、嬉しい反面緊張もし...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

プロポーズはサプライズを演出!フラッシュモブで踊るプロポーズ

お付き合いをしている彼女にプロポーズをしようと考えている男性もいるのではないでしょうか。一生の思い出...

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドでもOK?重ね付けのコツ

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドだとダメなのでしょうか?確かに同じブランドの方が重ね付けをした時に統...

派手なサプライズは嫌、プロポーズを断るかも?女性の本音

派手なサプライズでプロポーズをされた時はとりあえずOKするけど、後でプロポーズを断る…そういった女性...

結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考え...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

二次会コーデ【秋のお呼ばれ】気をつけたいポイントとおすすめ

結婚式にお呼ばれしたときは二次会のコーデにも悩みます。秋の結婚式の二次会なら、どんな装いをしたらいい...

クラッチバッグを結婚式に持って行く時、中身は何を入れるのか

クラッチバッグは、結婚式やパーティーなど、フォーマルな場面で活躍するおしゃれなバッグです。素敵な...

結婚式のケーキの値段は段数や飾り付けによってかなり違います

結婚式のケーキにはいろいろな種類がありますが、自分たちの結婚式のケーキとなるとオリジナルにしたい、豪...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合があ...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

スポンサーリンク

子連れ再婚が難しいと感じてしまう理由。一番は子供と結婚相手との相性

シングルマザーにしかわからない悩みはいろいろとありますが、その中でも「再婚」は自分の人生の転機ともなる大きな問題ですよね。

「子連れ再婚は難しい。」というのが一般的なイメージです。

難しいと言われる理由は、相手の男性と自分の子供の相性の問題でしょう。

自分の子供が父親として懐いてくれるのか、相手の男性が自分の子供として受け入れてくれるのか、この2つは再婚するにあたりシングルマザーが最も頭を悩ませる問題です。

また、これは子供の年齢にもよるところが大きいでしょう。
子供が赤ちゃんの場合には、相手の男性を父親として懐いてくれる可能性が高いですし、相手の男性も受け入れやすいはずです。

しかし、子供に本当の父親の記憶がしっかりとある場合、二人の相性によっては家族として生活すること自体が難しくなる可能性があります。

子供はママが大好きですから、本当は辛いのに言い出せないという状況になってしまう可能性もあります。
男性の方も、なかなか自分に懐かない子供の父親となることに抵抗を感じるかもしれません。

こういった問題は、残念ながら時間は解決してくれないのが現実です。

しかし、自分の子供と相手の男性を家族に出来るのはあなただけです。
結婚を焦るあまりに子供や男性の気持ちをないがしろにして見切り発車すると、残念な結果になりかねません。
しっかりと下準備して、みんなの気持ちが同じ方向を向いた時に結婚するのがベストでしょう。

子供が結婚を反対したり再婚相手ともめてしまうと、子連れ再婚は難しいと諦めてしまうことも多い

子連れ再婚が難しいのは、自分の子供と相手の男性の気持ちを一つにまとめなくてはいけないからです。

子供が本当の父親を慕っている場合には、結婚を反対されてしまうケースも多いでしょう。
子供はママが一番大好きで、捨てられたら生きて行けないのですから、他の誰にも渡すわけにはいかないのです。
ママを取られないように必死に抵抗するのはごく自然なことです。

子供が相手の男性の事を新しい父親として認めてくれなくては、再婚しても新しい生活が上手く進むことは難しいのが現実です。

相手の男性がどんなに温和で寛大な人だったとしても、ずっと自分を拒否される生活というのは耐え難いものであるはずです。
子供に拒絶される不安や苛立ちから、子供を邪魔だと感じるようになる方も多いでしょう。
また、子供が欲しいと思っている男性の中には、子供の目を気にしなくてはいけない状況に苛立つ方もいます。
子供がいると、そこらへんの新婚夫婦のように常にイチャイチャするわけにはいきませんよね。

自分の子供と相手の男性との関係が上手くいかなくて、再婚を諦めてしまう方が多いのも現実です。

色々と難しい子連れ再婚を成功させるために考えたいこと

子連れ再婚は難しいと言われますが、この難題をクリアして幸せな再婚生活送っている方も、もちろんいらっしゃいます。

そういう方は、この問題にきちんと向き合った方たちです。
子供の気持ちを無視して結婚したり、相手の男性と子供について話し合わずに結婚しても、決して良い結果にはなりません。

また、シングルマザーの状態が苦痛で結婚して逃れたいと考えているような精神状態では、再婚しても幸せにはなれません。
弱っている時には、助けてくれるなら誰でも良いと思ってしまいがちですが、精神状態が安定したら、別な男性が良かったとなりかねませんよね。
子供と二人だけの生活でも十分幸せな状態で、更に愛しいと思える人と再婚するからこそ、より幸せになれるのです。
もしも再婚を焦っているなら、それはまだ再婚に適した時期ではありません。

子連れ再婚で幸せになるためには、再婚する前もしてからも、子供を最優先にすることが大切です。
子連れ再婚の成功は、子供がキーポイントです。

子供はママを取られるのではないかと不安になってしまいますから、子供の気持ちに十分寄り添って、相手の男性はママを取りに来るのではなく、子供の家族となり、子供が頼って良い存在であることを理解して貰う必要があります。

また、相手の男性とも子供についてしっかりと話し合うことが必要です。
子供をどのように感じているのか、どのように接して欲しいのか、お互いの結婚生活や子育ての考え方などについて包み隠さず話し合いましょう。
もしも意見が合わないのであれば、再婚はしないという決断も必要になります。

再婚では、夫婦感だけではなく、子供も本音で話し合えるような関係がとても重要になります。
みんなで幸せになるために、相手の男性はもちろん、子供も含めて話し合うことが大切になるのです。

子連れ再婚は結婚のタイミングが重要。あなたや子供のことを思ってくれる男性なら、焦らず子供の気持ちに合わせてくれるはず

子連れ再婚では、結婚のタイミングも重要です。
そのためには焦りは禁物。

相手の男性の覚悟が決まるまでゆっくりと待つのはもちろんですが、子供の気持ちが整うまで待つことはとても重要です。

繰り返しになりますが、子連れ再婚が成功するためのキーポイントは子供です。

子供が相手の男性を受け入れやすいように、一緒に出掛けたり、たくさん話し合う機会を設けましょう。
子供が相手の男性に心を許した頃に、父親として接することができそうかきちんと確認してみることも大切です。
そのことに触れずに再婚を進めても、決して上手くはいきません。

もしも、まだ子供の心の準備が整っていないのであれば、怒ったりせずに「あなたの気持ちの準備が出来るまで待つ。」と伝えましょう。
相手の男性にも、隠したりせず「子供には心の準備のために、まだ時間が必要です。」と素直に伝えましょう。

そうすることで子供も安心できますし、男性も再婚を先送りにすることを納得してくれるはずです。

子連れ再婚を相手の親に反対されてしまったら?地道な説得と誠意ある態度がカギ

子連れ再婚が難しいのは、子供や相手の男性との関係だけが問題ではありません。

相手の親に反対されてしまうこともあります。

相手の男性が初婚の場合や、若い場合には、親が反対するケースは多いです。

こればかりは、誠意を持って地道に説得するしかありません。
正直、こういう時には聞きたくない事をたくさん言われてしまいます。

「なぜ子持ちの歳上なのか?若くてかわいい子はたくさんいる。」と言うような事を、聞こえるように言われる事もあるかも知れません。
嫌なことを言われたからと、逆上してはいけませんよ。

相手の親が心配しているのは、「息子が他人の子を育てていけるのか?」、「息子や自分たちが連れ子とうまくやれるのか?」、「自分の孫はできるのか?」、「親族など周りの方になにか言われそう。」などということでしょう。

そのためには、相手の男性の親の不安を一つずつ解消していくしかありません。
もしも、連れ子との関係が心配の種なら、子供も連れて相手の親に会いに行ってみましょう。
自分の息子と連れ子との関係が上手く行っている姿を見れば、自分たちとも上手くやっていけると感じてもらえるはずです。

男性が結婚したいという強い決意をしっかりと親に伝えて説得し、相手の親が納得するまで繰り返し説得してもらいましょう。
親が根負けして了承するのを待つくらいの覚悟は、先にしておく必要がありますね。