子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。
もちろん子連れの方でも幸せな家庭を築き、再婚を成功させている方はたくさんいますが、子連れならではの悩みや問題に直面しているのは事実です。
一番考えたいのは、やはり子供のこと。
もう結婚のチャンスはないかもしれないと、子供の気持ちをないがしろにして焦ってしまうのだけは避けるべきです。
子連れ再婚を成功させるために考えたいこと、子連れ再婚を相手の親に反対されてしまった時の解決策についてもご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

クラッチバッグを結婚式に持って行く時、中身は何を入れるのか

クラッチバッグは、結婚式やパーティーなど、フォーマルな場面で活躍するおしゃれなバッグです。 素敵な...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。 式場やショップを覗くと、青でも...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。 高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよ...

年賀状は結婚式後に両親へ出すべき?年賀状の書き方

結婚式後に両親へ年賀状を出すときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? お正月に...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。 そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

結婚式の余興を盛り上げるムービーでメッセージを伝えるには

結婚式の余興として人気なのがメッセージムービーです。 短い時間の中で多くの人に出てもらえたり、どう...

年の差結婚を失敗したと後悔しないために知っておきたいこと

年の差結婚は失敗しやすいなんて話を聞いたことがありませんか?男性が年上で女性がかなり年下という年齢差...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取ることに不安を感じてるあなたへ

 バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取り合うことに、モヤっとする。   頭ではわかっていても、気持ちがつ...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。 もし、他の人よりもシンプル...

スポンサーリンク

子連れ再婚が難しいと感じてしまう理由。一番は子供と結婚相手との相性

シングルマザーにしかわからない悩みはいろいろとありますが、その中でも「再婚」は自分の人生の転機ともなる大きな問題ですよね。

「子連れ再婚は難しい。」というのが一般的なイメージです。

難しいと言われる理由は、相手の男性と自分の子供の相性の問題でしょう。

自分の子供が父親として懐いてくれるのか、相手の男性が自分の子供として受け入れてくれるのか、この2つは再婚するにあたりシングルマザーが最も頭を悩ませる問題です。

また、これは子供の年齢にもよるところが大きいでしょう。
子供が赤ちゃんの場合には、相手の男性を父親として懐いてくれる可能性が高いですし、相手の男性も受け入れやすいはずです。

しかし、子供に本当の父親の記憶がしっかりとある場合、二人の相性によっては家族として生活すること自体が難しくなる可能性があります。

子供はママが大好きですから、本当は辛いのに言い出せないという状況になってしまう可能性もあります。
男性の方も、なかなか自分に懐かない子供の父親となることに抵抗を感じるかもしれません。

こういった問題は、残念ながら時間は解決してくれないのが現実です。

しかし、自分の子供と相手の男性を家族に出来るのはあなただけです。
結婚を焦るあまりに子供や男性の気持ちをないがしろにして見切り発車すると、残念な結果になりかねません。
しっかりと下準備して、みんなの気持ちが同じ方向を向いた時に結婚するのがベストでしょう。

子供が結婚を反対したり再婚相手ともめてしまうと、子連れ再婚は難しいと諦めてしまうことも多い

子連れ再婚が難しいのは、自分の子供と相手の男性の気持ちを一つにまとめなくてはいけないからです。

子供が本当の父親を慕っている場合には、結婚を反対されてしまうケースも多いでしょう。
子供はママが一番大好きで、捨てられたら生きて行けないのですから、他の誰にも渡すわけにはいかないのです。
ママを取られないように必死に抵抗するのはごく自然なことです。

子供が相手の男性の事を新しい父親として認めてくれなくては、再婚しても新しい生活が上手く進むことは難しいのが現実です。

相手の男性がどんなに温和で寛大な人だったとしても、ずっと自分を拒否される生活というのは耐え難いものであるはずです。
子供に拒絶される不安や苛立ちから、子供を邪魔だと感じるようになる方も多いでしょう。
また、子供が欲しいと思っている男性の中には、子供の目を気にしなくてはいけない状況に苛立つ方もいます。
子供がいると、そこらへんの新婚夫婦のように常にイチャイチャするわけにはいきませんよね。

自分の子供と相手の男性との関係が上手くいかなくて、再婚を諦めてしまう方が多いのも現実です。

色々と難しい子連れ再婚を成功させるために考えたいこと

子連れ再婚は難しいと言われますが、この難題をクリアして幸せな再婚生活送っている方も、もちろんいらっしゃいます。

そういう方は、この問題にきちんと向き合った方たちです。
子供の気持ちを無視して結婚したり、相手の男性と子供について話し合わずに結婚しても、決して良い結果にはなりません。

また、シングルマザーの状態が苦痛で結婚して逃れたいと考えているような精神状態では、再婚しても幸せにはなれません。
弱っている時には、助けてくれるなら誰でも良いと思ってしまいがちですが、精神状態が安定したら、別な男性が良かったとなりかねませんよね。
子供と二人だけの生活でも十分幸せな状態で、更に愛しいと思える人と再婚するからこそ、より幸せになれるのです。
もしも再婚を焦っているなら、それはまだ再婚に適した時期ではありません。

子連れ再婚で幸せになるためには、再婚する前もしてからも、子供を最優先にすることが大切です。
子連れ再婚の成功は、子供がキーポイントです。

子供はママを取られるのではないかと不安になってしまいますから、子供の気持ちに十分寄り添って、相手の男性はママを取りに来るのではなく、子供の家族となり、子供が頼って良い存在であることを理解して貰う必要があります。

また、相手の男性とも子供についてしっかりと話し合うことが必要です。
子供をどのように感じているのか、どのように接して欲しいのか、お互いの結婚生活や子育ての考え方などについて包み隠さず話し合いましょう。
もしも意見が合わないのであれば、再婚はしないという決断も必要になります。

再婚では、夫婦感だけではなく、子供も本音で話し合えるような関係がとても重要になります。
みんなで幸せになるために、相手の男性はもちろん、子供も含めて話し合うことが大切になるのです。

子連れ再婚は結婚のタイミングが重要。あなたや子供のことを思ってくれる男性なら、焦らず子供の気持ちに合わせてくれるはず

子連れ再婚では、結婚のタイミングも重要です。
そのためには焦りは禁物。

相手の男性の覚悟が決まるまでゆっくりと待つのはもちろんですが、子供の気持ちが整うまで待つことはとても重要です。

繰り返しになりますが、子連れ再婚が成功するためのキーポイントは子供です。

子供が相手の男性を受け入れやすいように、一緒に出掛けたり、たくさん話し合う機会を設けましょう。
子供が相手の男性に心を許した頃に、父親として接することができそうかきちんと確認してみることも大切です。
そのことに触れずに再婚を進めても、決して上手くはいきません。

もしも、まだ子供の心の準備が整っていないのであれば、怒ったりせずに「あなたの気持ちの準備が出来るまで待つ。」と伝えましょう。
相手の男性にも、隠したりせず「子供には心の準備のために、まだ時間が必要です。」と素直に伝えましょう。

そうすることで子供も安心できますし、男性も再婚を先送りにすることを納得してくれるはずです。

子連れ再婚を相手の親に反対されてしまったら?地道な説得と誠意ある態度がカギ

子連れ再婚が難しいのは、子供や相手の男性との関係だけが問題ではありません。

相手の親に反対されてしまうこともあります。

相手の男性が初婚の場合や、若い場合には、親が反対するケースは多いです。

こればかりは、誠意を持って地道に説得するしかありません。
正直、こういう時には聞きたくない事をたくさん言われてしまいます。

「なぜ子持ちの歳上なのか?若くてかわいい子はたくさんいる。」と言うような事を、聞こえるように言われる事もあるかも知れません。
嫌なことを言われたからと、逆上してはいけませんよ。

相手の親が心配しているのは、「息子が他人の子を育てていけるのか?」、「息子や自分たちが連れ子とうまくやれるのか?」、「自分の孫はできるのか?」、「親族など周りの方になにか言われそう。」などということでしょう。

そのためには、相手の男性の親の不安を一つずつ解消していくしかありません。
もしも、連れ子との関係が心配の種なら、子供も連れて相手の親に会いに行ってみましょう。
自分の息子と連れ子との関係が上手く行っている姿を見れば、自分たちとも上手くやっていけると感じてもらえるはずです。

男性が結婚したいという強い決意をしっかりと親に伝えて説得し、相手の親が納得するまで繰り返し説得してもらいましょう。
親が根負けして了承するのを待つくらいの覚悟は、先にしておく必要がありますね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666